*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館

★現在「奇皇后」のあらすじを「古代・中世館」で、「王の顔」のあらすじを「新館」にて進行中です。
★「トンイ」のあらすじは、いつもの各話版のほか、5話ごとをまとめた簡易版や、1-60話分のざっくりイッキ読み版もあります。あらすじ以外の感想や雑談(相関図など)はこちら各キャラの最期はこちらです。

★「馬医(バイ)」の各話版あらすじはサイドバーからどうぞ。簡易版あらすじはこちらあらすじ以外の感想や雑談(相関図など)はこちら各キャラの最期はこちらペク・クァンヒョンの生涯についてはこちらスッキ王女の略歴はこちら(別サイト)です。
★ご訪問いただきありがとうございます。このブログは、李氏朝鮮時代を舞台にした韓国史劇ドラマのあらすじ(ネタばれ)や感想などを掲載しています。ただし、李氏朝鮮時代のドラマでも比較的最近放映されたドラマは「新館(別ブログ)に格納していきます。
★高麗時代よりも前のドラマは古代・中世館(別ブログ)に、特定の人物説明(王妃や側室など)や時代背景・書籍情報などは資料館(別ブログ)にまとめています。 ★過去記事へのコメントもお気軽にどうぞ!
★人物相関図(王室家系図)や雑談などは各ドラマの「Columns」というカテゴリーの中にあります。「太陽を抱く月」の「Columns」はこちら、「女人天下」はこちら、「イサン」はこちら、「トンイ」はこちらです。

【女人天下のカン・スヨンさん逝去】心よりお悔やみ申し上げます

私はこのようなブログを書いていますが、特に誰かの追っかけをしているわけではないので、韓国芸能界のニュースなどを細かくチェックしているわけではありません。
本日たまたま目にしたネットニュースの見出しにカン・スヨンさんの名前を見つけて驚愕しました。

5月5日に心停止状態で病院へ搬送され、本日お亡くなりになったそうです。享年55歳。

私がこのブログであらすじを書き始めたのは、カン・スヨンさん主演の「女人天下」がきっかけ。彼女が演じる憎たらしいナンジョンをいじくりつつも、150話の超大作を何度も何度も視聴して楽しませていただきました。

他の歴史ドラマを見ても、中宗の時代にかぶるたびに、カン・スヨンさん演じるナンジョンとチョン・インファさん演じる文定王后とト・ジウォンさん演じる敬嬪の3人がいつも浮かびます。他の時代のドラマでも彼女たちの名前が何かの象徴や代名詞のようにぽんと飛び出てくる場合もあり、そんなときにも思い浮かべます。それほどまでに、強い存在感のある超ヒット大作でした。

カン・スヨンさんは久々の復帰作が予定されていたそうですが、それもかなわぬ夢となってしまいました。私としては、時代劇のカン・スヨンさんをぜひもう一度見てみたかったです。最近は権利関係の事情からかわかりませんが「女人天下」の配信がないのがさびしいですね。彼女が主演した映画「シバジ」も見てみたいと思いつつも、なかなか手に入らないようです。機会があれば見たいです。

カン・スヨンさん、ありがとうございました。


※追記
久々の作品は撮影を終えているというニュースもあるようです。遺作として見られる日がくるかもしれません。

<視聴した現代ドラマの感想あれこれ その5>

THE K2~キミだけを守りたい~


ありえない話!なのですが、ドラマのシリアスなトーンと壮大すぎる設定、主役お二人の存在感のおかげでついつい引き込まれてしまうドラマでした。この場合の主役お二人とは、チ・チャンウクとユナちゃんのお若い二人ではなく、チョ・ソンハさんとソン・ユナさんの大人コンビを指しています。

見る人の年代によって入れこむ人が違うのかもしれませんが、私は断然ソン・ユナさん!あくどいことをしていてもなぜかかっこいい。断然たる権力と金銭があって迫力たっぷり、そして女性らしさと哀しさも備えた女性にぴったりでした。

ソン・ユナさんは実は「チャングム」にイ・ヨンエさんの前にキャスティングされていたという方で、大昔の時代劇「龍の涙」に出ています。それほど重要な役柄ではありませんでしたが、初登場の瞬間に、ただの脇役とは思えないオーラと美貌が一目で伝わる、すごい存在感でした。だからチャングムの監督が作品に出したいと思ったのはすごくわかります。あと、美人でちょっとだけキツくてごくわずかな影がある(雲一つないピーカンな晴天ではない感じ)が、韓国の方が好きそうな美人だなとも思います。

お歳を重ねてもソン・ユナさんはおきれいです。普通は目力が弱まりますが、彼女は元からキリッとハッキリした目だったから、あまり老けが出ていないのかな。もちろんお手入れもされていると思いますが。どちらかといえば老けが出ているのは口元で、年齢による痩せが少~しありました。でもそんなのを吹き飛ばすくらいカッコイイ女性でした。

あ、ソン・ユナさんのことばかり語ってドラマのストーリーに全然触れていませんが・・・

清廉なイメージで国民に大人気の大統領候補(実は女たらしで超野心家)とそれをしたたかにサポートする女性の物語です。公式には、めっぽう強い傭兵くずれの男と大統領候補の隠し子である美しい娘のラブストーリーなのかもしれませんが。

結末、私は好きでした。

<視聴した現代ドラマの感想あれこれ その4>

秘密と嘘


意地悪役のほうのヒロインの方がとっても美人なのですが、見るからに整形で仮面のよう。「もっと見ていたい」「画面にひきつけられる」という魅力を個人的には全然感じませんでした。ファンの方には申し訳ありません。オープニングで海辺をふらふらとさまよっている姿がとても古臭い演出なのには笑えました。

悪いことをしたほうの論理がめちゃくちゃという韓流ドラマにありがちなドラマで、どこがどうおもしろかったというわけでもないですが、Gyaoで最後まで見ちゃいました。

そして韓流ドラマにはありがちですが、このドラマにもドラマスタート時と中盤での顔が違う(=美しくなった)方がいます。お一人目は「チャングム」でお母さん役を演じたキム・ヘソンさん。序盤では、さすがに老けたな・・・と思いながら見ていたのですが、回数が進むにつれてお顔がすっきりハッキリされてきました。お痩せになったのと、クリニックでお手入れもしたのでしょうね。二人目は、ジェビンとドビンの妹役の方。この方は「ちょっとお手入れ」程度ではなく、「ああ、やったわね」と感じるめざましい変わりようでした。こういう発見も韓流ドラマの楽しみの一つです。

※「ああ、やったわね」は私の推測です。


野獣の美女コンシム


おもしろかった!!一挙配信で一気に見ちゃいました。

ヒロインの方の独特の魅力にも引き付けられましたが、お相手のナムグン・ミン さんのキャラと演技にくぎ付けでした。出生の秘密あり、ラブコメあり、身分差あり、でも見ていて胸が苦しくなるような可哀想ないじめなどはなく、私にとってはちょうどいい感じのおもしろさでした。

今は韓流ドラマのレベルがぐんとあがり、普通のおもしろさではなくなっているという情報を読んだりもしていますが、私にはこのくらいのドラマが一番安心して楽しめます。

キョン・ミリさんがいつまでもお若くお美しいのにびっくり!もちろん相応にお金はかけていると思いますが、スタイルも保たれていて、すごいと思いました。時代劇以外での演技も好きです。

ナムグン・ミンさんは、「結婚できない男」の主役にも向いている気がします。
スポンサード リンク





 
スポンサード リンク
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント