*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館

★現在あらすじを更新しているのは「宮廷女官チャングムの誓い」です。「奇皇后」のあらすじは「古代・中世館」で、「王の顔」のあらすじは「新館」にて進行中です。
★「トンイ」のあらすじは、いつもの各話版のほか、5話ごとをまとめた簡易版や、1-60話分のざっくりイッキ読み版もあります。あらすじ以外の感想や雑談(相関図など)はこちら各キャラの最期はこちらです。

★「馬医(バイ)」の各話版あらすじはサイドバーからどうぞ。簡易版あらすじはこちらあらすじ以外の感想や雑談(相関図など)はこちら各キャラの最期はこちらペク・クァンヒョンの生涯についてはこちらスッキ王女の略歴はこちら(別サイト)です。
★ご訪問いただきありがとうございます。このブログは、李氏朝鮮時代を舞台にした韓国史劇ドラマのあらすじ(ネタばれ)や感想などを掲載しています。ただし、李氏朝鮮時代のドラマでも比較的最近放映されたドラマは「新館(別ブログ)に格納していきます。
★高麗時代よりも前のドラマは古代・中世館(別ブログ)に、特定の人物説明(王妃や側室など)や時代背景・書籍情報などは資料館(別ブログ)にまとめています。 ★過去記事へのコメントもお気軽にどうぞ!
★人物相関図(王室家系図)や雑談などは各ドラマの「Columns」というカテゴリーの中にあります。「太陽を抱く月」の「Columns」はこちら、「女人天下」はこちら、「イサン」はこちら、「トンイ」はこちらです。

<視聴した現代ドラマの感想あれこれ その2>

ドラマの感想つづけます~

貴婦人


貴婦人という気高いタイトルですがかなりチープ。しかも誰が貴婦人なのか全然わかりませんでした・・・

ミナは金持ちの意地悪お嬢様というより、あの立場ではわりとまともで、ミナの夫もしかり。どちらかというとヒロインの行動に全く共感できず。ハン・ジョンミンが突然悪人になるのもよくわかりませんでした。ヒロインがそっちとくっつくのか~と意外なストーリーではあったかも・・・。ミナ母のファッションは見ていて楽しかったです。


オフィスの女王


日本の「ハケンの品格」のリメイク版。視聴を機になつかしくなって篠原涼子さんのドラマも見たけど、原作にかなり忠実につくってありました。金持ちお嬢ビンナちゃんの存在は韓国オリジナルですね。

キム・ヘスさんは「チャンヒビン」のみで知っていて、現代ドラマで見るのはお初。実は私は勝手にこの方のことを「韓国の藤原紀香」と思っています。どちらかのファンの方、気分を害されたらすみません。キム・ヘスさんが具体的にどういう言動をされているかは全く知りらず、多分ボディラインと年代のみでの印象です。

で、キム・ヘスさんのような方は「等身大の普通の女の子」を演じるよりは、チャンヒビンやミスキム(このドラマでの名前)のような、キャラ立ちした役のほうが似合うと思うのです。そういう意味で、ドラマにははまっていたと思いました。


危機一髪!プンニョンマンション


これまで見た韓国ドラマとひと味もふた味も違いました。怪しいマンションで起きるこわ~いエピソードはあるけれど、基本的にはお笑い満載の楽しいドラマ。新鮮でおもしろかったです!

イ・ボヨンさんはどんな役をしてもそれなりに魅力的。私の好みではないけれどなぜか惹きつけるお顔です。検索したら昔とかなり顔が違うようで、鼻はそうだろうなと予想していたけど、けっこうショック・・・

<視聴した現代ドラマの感想あれこれ その1>

最近、歴史ドラマはゆる~く見ており、あらすじ停滞中。その合間に気楽に見られる現代ドラマをGyaoで視聴しています。突然ですが、いくつか感想を書きます!

適当に好き勝手に書きますので、いい加減なこと、ファンの方がご覧になったらムッとするかもしれないことがあるかもしれません。またネタバレもあります。申し訳ありませんがご了承ください。

家族の秘密


緊張感漂う設定に最初のうちは「おもしろそう!」と期待していました。が、展開すればするほどグダグダに・・・。ってか、コ・テヒがそんなにメインの人物だったの?悪役が病気になって最後の1話で仲良しこよしになるという定番の終わり方でした。マ・ホンジュの方は「大王世宗」の世子妃だった方ですね。小者のくせに憎たらしいキャラでなかなかよかったです。

ちょっと疑問だったのが、ジンワングループの設定。一応、財閥設定だったはずなのですが、最初から最後までほとんどギャラリーしか出てこないような・・・。ギャラリー以外に何をしていたのか教えてほしい!他のドラマだと、ギャラリーって主要業種の脇にあって文化活動を隠れ蓑に不正蓄財をしているようなイメージ。

いや、最初の頃、チャ・サンミン(テヒ夫)がどっかの事業を任せてほしいと頼んでたときがあったから、一応何かやってるんですよね。鉄鋼とか自動車とか百貨店とか。もう少し財閥テイストを漂わせてほしかったです。会社でも自宅でもどの部屋も、ドアが開いているのに音がまったくしなくて、盗み聞きし放題なのもナゾ!


黄金の帝国


こちらは「家族の秘密」よりちゃんと財閥でした。セットもゴージャスでした。主役のコ・スさんきれいな顔だなあと思ったり、ヒロインのイ・ヨウォンさんはこういう口数少ない賢そうな役が似合ってるなと思ったり、ソン・ユリ役の方は存在感を示せる幸運なキャスティングだったなと思ったり・・・。あと私、この義母さん役のキム・ミスクさんのお顔、とても好きかも!

脇を固めるベテラン俳優陣さんも皆さん渋くていい味~。パク・クニョンさんはいつも金持ちセレブの会長の悪役がかった人を演じることが多いですが、コメディっぽいキャラよりこういうシリアスな役のほうが迫力あってお似合いです。認知症を隠して出席した役員会議で、大声を出して働いていた鉄鋼所時代を部下に思い出させて叱咤するところなんてとてもよかったです。

ストーリーも全体的にはとてもよかったですが、それも中盤まで。終盤は同じようなだまし合いが続いたのと、回想シーンがやたら多くなったのが、私としては減点ポイントでした。

春のワルツ


韓流ブームの初期に上陸したらしく、韓流にハマると最初のうちに見ることが多い有名ドラマのようですが、実は見たことがありませんでした。序盤のみ海外ロケで、以降は全員そろってソウルに移動!しかも事故やら入れ替わりやら、韓国ドラマの定番がそれなりに満載ですが、復讐は配合されていません。何よりちょっとやそっとの不自然設定は駆け出しのハン・ヒョジュさんが可愛さが帳消しにしてくれます。こんな子がいたら誰だって惹かれちゃいますよね~・・・。美しい映像と音楽に加え、純愛テーマということもあり、日本人好みのドラマに感じました。

ロケ地となった島は有名観光地になったようですが、私は劇中歌「愛しのクレメンタイン」が耳から離れず、何度も何度もYoutubeで聞きました。♪大きな浜辺の~小さな小屋に~♪漁師と娘が~仲良く暮らすという歌詞がとてもいい!

ストーリーもまああんなものだろうと思いますが(えらそうですみません)、幼い頃にあんなふうだったユン・ジェハは、多分ピアノなんて触ったことないはず。なのに金持ちの息子になりすまし、そこそこ大きくなってからピアノを習ったにもかかわらず、国際的に有名なプロのピアニストになれるのだろうか・・・よほどピアノの天才だったのだろうか・・・というのが最後まで腑に落ちませんでした。

瑠璃<ガラス>の仮面


ヒロインのソウさんの顔がとにかく気になるドラマでした!そして復讐を思い立つまでが長い!最後はソヨンの病気により、これまでのことをきれいさっぱり許し合ってみんな善人、仲良しこよしに・・・。頑張って視聴してきた自分を責めたくなるのですが、それでもやっぱり見てしまうのです。

スターの恋人


冬ソナは見たけどそれほど惹かれなかったチェ・ジウさん。泣き演技よりコメディエンヌ系のほうが私は好きです。このドラマも気持ちよく見られました。

カプトンイ


私がこれまでに見た韓国ドラマの中ではちょっと変わった路線のドラマ。息詰まるサイコサスペンス?でしょうか。それほど目を覆うようなサイコではありませんが。臨場感緊張感を高めている演出にややわざとらしさが漂っていた気はします。あと、オ・マリア先生の思わせぶりなド派手なファッションは最初だけ?リュ・テオは私にはわりとどうでもよいキャラ。こういうキャラも要るようね・・・みたいな。真犯人のチャ・ドヒョクの方がお見事で、こういう人が真犯人だったらこわい!でも案外こういう人がこわいのよね!と思わせるリアリティがよかったです。

火花


イ・ヨンエ出演作。婚期の迫ったシナリオ作家志望の普通の女性(チャングムとかに比べれば)を演じていています。韓国旧来の結婚観に反発する気の強さも持ち合わせているキャラで、イ・ヨンエさんが演じるとなかなか新鮮。財閥の強引な婚約者と、旅先で出会って刹那的に恋に落ちた男性(医師)との間で揺れ動きます。韓国ドラマに慣れていない方にとっては普通じゃないかもしれないけど、慣れている人が見ると拍子抜けするほど、復讐も記憶喪失も出てこない本当に普通のドラマ。ドラマの古さとともにそれなりに楽しめました。

強引すぎる婚約者に嫌気がさすのもわかるけど、ヒロインを好きで守ろうとしているのもわかる。それに比べて医師のほうがどうもそれほど魅力的に思えず・・・。でもそれくらいのほうが、どうしようもなく恋に落ちた感が出ていいのかもしれません。

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ簡易版 49~54話(最終回)>

↓各話ごとの詳細版あらすじはこちら↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 ★あらすじ以外の記事をまとめて読む

ミン尚宮は水刺間の最高尚宮に就任。ヨンセンは早産で翁主(王女)を生んだ。活人署で働くようになったチャングムを王妃(文定王后)が呼び、息子・慶源(キョンウォン)大君の即位をさまたげている世子(後の仁宗)の抹殺を指示。チャングムが断ると、至密尚宮になれと命ずる。事情を察した中宗は、チャングムを主治医にすると宣言。駆け落ちしようとしていたチャングムとミン・ジョンホはやむなく都に戻る。

みずからの危険をかえりみず天然痘の治療法を探すチャングムの姿に心打たれた王妃は、慶源大君の治療を依頼。残酷な命令を下したことを詫びる。民に予防を啓蒙し慶源大君を完治させたチャングムを中宗は称え、主治医への就任を再び指示。しかし身分の低い女性の抜擢を重臣たちは猛反対し、賛成するミン・ジョンホを激しく弾劾する。

そんな折、チャングムをそばにおきたいなら後宮にすべしと大妃(貞顕王后)が提言。チャングムへの想いに気づいた中宗も従おうとするが、ミン・ジョンホとチャングムの仲を知り、医術の道を進ませてやってほしいとミン・ジョンホから直訴されたため、チャングムへの愛ゆえに側室にするのをあきらめ、弾劾を受けるミン・ジョンホに流刑を命じた。

チャングムは中宗の主治医として治療にあたるかたわら、動物実験を繰り返していた。やがて死期が迫った中宗は、チャングムが提案する手術を断り、ミン・ジョンホと明へ行き医術の腕をふるえと指示。しかし、チャングムとミン・ジョンホは追われる身となりながら国内で人々を治療し、ソホンという娘をもうけていた。

8年後、早世した仁宗の後を継いで、明宗(慶源大君)が玉座にのぼり、ヨンセンは中宗の亡き後も大王大妃(文定王后)の庇護をうけ、宮殿で暮らしていた。チャングムが朝鮮国内にいるとカン・ドックがつきとめ、ヨンセンを通じてチャングムの消息を知った大王大妃は、ミン・ジョンホとチャングムを宮殿に呼ぶ。かつての上司たちがミン・ジョンホを温かく迎え、同副承旨として復職。チャングムは内医院への復帰を断り、民の治療のために精進を続けるのだった。


―― 完 ――

※気づきや雑談はこちらのカテゴリでアップしていきたいと思います。
スポンサード リンク





 
スポンサード リンク
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント