*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<王の女な雑談 まとめ>

韓国ドラマ「王の女」の人物相関図や登場人物エピソードなど
あらすじ以外の記事はこちらからアクセスできます。

なお「王の女」と同じ時代や人物を描いたドラマに以下があります。
あわせて視聴するのもおすすめです。
・「宮廷女官キム尚宮」(宣祖→光海君→仁祖即位)

また「王の女」の少し前の時代を描いたドラマは以下です。
・「女人天下」(燕山君廃位→中宗→仁宗→明宗)
※中宗の孫が英祖です。

そして「王の女」の少し後の時代のドラマは以下です。
・「張禧嬪」(粛宗→景宗)
・「妖婦 張禧嬪」(粛宗)
※「王と女」の最後に即位する仁祖の継妃が大王大妃となって登場します。

<王の女 相関図 その2>宣祖の王子とその縁者について
<王の女 相関図 その1>宣祖の妃や側室たちについて
<「王の女」あらすじ42話のその後に(ネタバレあり) その2>
<「王の女」あらすじ42話のその後に(ネタバレあり) その1>
<ファニーフェイスな光海君夫人>
<「王の女」で妓生エセンを演じるキム・ジョンミンさんについて>
<どっちの王子がお好み?>
<「王の女」の側室ヤンファダン(仁嬪)の意味>
<「王の女」あらすじ、はじめます>
スポンサード リンク

<王の女 相関図 その2>

「王の女」人物相関図、今回は王子編です!
ついでに王子の妻もまとめて記事にしちゃいます。



臨海君(イムヘグン)
宣祖の第一王子(庶子)。母親の側室・恭嬪金氏は早逝しています。
乱暴者で父・宣祖と折り合いが悪く、気性が荒いと評判。
第一王子でそのうえ嫡流大君(嫡子)も長い間いなかったのに
世子にはしてもらえませんでした。
「王の女」では弟思いで曲がったことが大嫌いな男気のあるカッコイイ王子。
倭乱のときは世子同様出陣し、加藤清正の捕虜となったこともあります。
ドラマでは覆面男イ・ハンミンが救出してくれましたが、実際はもちろん違います。
おもしろいことに、「王の女」でも、同じ時代を描いた「宮廷女官キム尚宮」でも、
街の酒場で飲酒しているシーンが出てきます。
途中からは光海君に協力するのも同じ。
でも光海君にとっては自分を脅かす存在であったため、
流刑された後、死罪となってしまいました。

臨海君夫人ホ氏
狩と遊女が大好きな夫を待つけなげな妻。
第一話で重要な名簿が盗まれたとき臨海君にすぐに知らせ
弟の光海君が怪しい!と話すなど夫の世子就任へは相応の期待をしていたもよう。
また臨海君の激しい気性をよく理解していました。

臨海君の愛妓エセン
臨海君を愛した妓生。歌がお上手!
女優さんではなく歌手の方が演じています。(関連記事はこちら
臨海君の前は儒城君という人の愛人だったという設定。
妓生房の打ち合わせでいつも横にすわり、
話の内容にあわせていちいちパンソリを歌いだしてくれました。
臨海君が好きなチョン・チョル大監の詩ももちろんレパートリー♪
最後は臨海君の巻き添えをくって投獄され、
愛する臨海君の迷惑にならないようにとみずから舌を噛み切りました。

光海君(クァンヘグン)=李氏朝鮮15代国王(のちに廃位)
臨海君と同じ母親から生まれた王子。賢くて学者肌との評判。
ドラマでは世子の座をめぐって争うも、そのベースには深い兄弟愛が。
「王の女」では世子の座に積極的だった光海君も、
「宮廷女官キム尚宮」では“世子の座をおりたい”兄上に王になってほしい“”と
しばしば漏らすくよくよ系気弱キャラでした。
世子有力候補だった幼い信城君(ヤンファダンの王子)が病死し、
倭乱対応の問題もあり世子の座を獲得。
義勇兵を率いて活躍し民からの信頼もあつかったとか。
宣祖はもともと信城君をひいきしておりまた光海君人気にも嫉妬したのか
嫌がらせのようにたびたび“譲位”を持ち出しては光海君を試していました。
長男がいるのにどうして次男の光海君が王になるの?ということで
明からの承認を得られないことでも苦労したようです。
そして宣祖が二番目の王妃を迎えて嫡流の王子・永昌大君が生まれると
宣祖は正室の王子に継位を考え、光海君の脅威となます。
しかし宣祖の急逝により、幼い永昌大君を抑えて光海君が即位しました。
善政を行ったものの西人派によるクーデター仁祖反正により廃位。
江華島から済州島へと送られ18年間生きたそうです。

光海君夫人ユ氏
成川府使ユ・ジャシンの娘。
よく知らないのですが成川府使というのはそんなに高い役職ではないそうです。
なので「宮廷女官キム尚宮」では、そんな嫁をセッティングされるということは、
宣祖はやはり光海君のことを重視してないのだという解釈が出てきました。
ユ氏には6人も兄がいたそうで、ドラマにはユ・ヒブンとユ・ヒバルが出てきます。
といってもユ・ヒバルは役職も与えられておらず、セリフも少なかったですね。
ケトンとは恋のライバルながらも、光海君を支える同志としては協力関係。
ドラマでは妻としての嫉妬や苦悩を演じてくれました。

信城君(シンソングン)
ヤンファダン(仁嬪金氏)の息子。
宣祖はお気に入りのこの子を世子にしたかったようです。
もともと病弱で、避難先の義州で早逝。幼いのにかわいそうでした。

定遠君(チョンウォングン)
信城君と同じくヤンファダン(仁嬪金氏)の息子。
ヤンファダンは宮殿を出てからこの息子の家で暮らしていました。
綾陽君(兄)と綾昌君(弟)という息子がおり、
気性荒めのやんちゃな綾昌君が謀反の疑いをこじつけられて自害した後、
父の定遠君も憤死しました。

綾陽君(ヌンヤングン)=李氏朝鮮16代国王・仁祖(インジョ)
定遠君の息子、ヤンファダンの孫。
光海君に不満をもつ西人派に擁立され、仁祖反正により即位。
彼が幼い頃描いた「繋馬図(ケマド)」が象徴的なブツとして登場します。
ちなみに仁祖の第二王妃が「チャンヒビン」に出るおばーちゃん大王大妃。
淑安公主は仁祖の孫にあたる人です。

永昌大君(ヤングチァングテグン)
宣祖が後添えに迎えた若い王妃が、かなり後から産んだ王子。
その頃にはもう臨海君も光海君も成人していました。
臨海君らが庶子(側室の子供)なのに比べ
この王子が嫡流大君(正室の王子)だったからさあ大変。
宣祖はこの王子を世子にしたいと望みます。
ところが宣祖が急逝してしまったため光海君が王に即位。
王をおびやかす存在として流刑された後に殺されてしまいます。
ドラマでは燃やされる小屋の中で苦しむ幼い姿が涙を誘いました。
スポンサード リンク

<王の女 相関図 その1>

韓国ドラマ「王の女」人物相関図をまとめていこうと思います。
このドラマはあまり登場人物が多くないので
「その1」としましたが何度続くかは不明です・・・。

まずは王と妃嬪、そして王子たちの関係図をまとめてみました。
ほんとは他にもっと側室もいたし王子もいましたが、
あくまでも「王と女」ドラマ中で登場してきた人物を取り上げています。




宣祖(ソンジョ)
李氏朝鮮第14代国王。
「女人天下」に出てきた中宗の側室・昌嬪安氏の息子・徳興君の三男。
父親の徳興君は王ではありません。
中宗の王妃から生まれた二人の王子が即位した後
世継ぎが途絶えてしまって傍系の宣祖が王になりました。
倭寇やら飢饉やらで大変な世の中を治めなければならなかったようです。
ドラマでは最初の頃は側室ヤンファダンとラブラブで、
そのうちケトンにイッヒッヒ♪となり、最後は32歳年下の若い王妃のトリコに。
あまりカッコよくは描かれていません。
また、“むら気”だったと伝えられているそうです。

懿仁(ウィイン)王后朴氏
宣祖の第一王妃。子供がないまま亡くなりました。
ドラマでは宣祖に愛されない寂しい王妃として登場し
宮殿の中の芙蓉池で心をなぐさめていました。
寵愛を受ける側室ヤンファダン(仁嬪)に対抗させようと
ケトンを宣祖のお手つきにしようと企んだ人でもあります。
自分の子はいませんが幼い頃に実母をなくした光海君を可愛がり
光海君を世子にと推していたそうです。

仁穆(インモク)王后金氏
宣祖の第二王妃(継妃)。父親のキム・ジェナムは「宮廷女官キム尚宮」では
領議政キム・ジョンのひ孫だという設定でした。
ということは「女人天下」希楽堂大監の家門なのでしょうか。
当時としては嫁き遅れでしたが宣祖にとっては32歳年下の若い王妃♪
嫡流の子(正室の子)がいない宣祖は子作りを頑張ったのでしょう、
結婚すぐに娘と王子を産みます。その王子が永昌大君です。
宣祖は次の王にしたかったようですが宣祖が急逝し世子だった光海君が王に。
そのため永昌大君は殺され、この王妃は廃位されて「西宮」と呼ばれました。
「王の女」と同じ時代を描いた「宮廷女官キム尚宮」の原題「西宮」は
実はこの王妃のことを指しています。
西宮で長い幽閉生活を送った後、仁祖反正により自由の身になり、復位。
謀反の疑いで処刑された父の名誉も取り戻し、官婢となっていた母も復位します。

恭嬪(コンビン)金氏
高潔な学者キム・ヒチョルの娘。第一側室で、臨海君と光海君の母親。
早くに亡くなっており、「王の女」「宮廷女官キム尚宮」にも出てきません。

仁嬪(インビン)金氏
このドラマでは住まう殿閣の名前ヤンファダン(養和堂)と呼ばれています。
(関連記事はこちら
宣祖の寵愛を長年ひとりじめしてきた側室。
どれくらい寵愛されたかというと、お子が9人もいたほど!最後の懐妊は40歳。
現代なら間違いなく密着取材で特番決定ですよ~
もちろん王子もバンバン産んでおり世子の座を虎視眈々と狙っていましたが
最初の王子はすぐに亡くなり、宣祖お気に入りだった信城君も病死。
世子の座を光海君に奪われたまま取り戻すことはできませんでした。
ドラマ序盤では一番目の王妃とガンガンに張り合った後、
第二王妃には保身のために追従します。
宣祖が亡くなると宮殿を出て息子・定遠君の家で晩年を過ごします。
ドラマではいいおばあちゃんになったように描かれていましたが、
本当は策略陰謀を企んでいたに違いないと睨んでます!
その甲斐あったのかどうかわかりませんが、
定遠君の長男・綾陽君が光海君を王の座から引きずりおろし
次の王・仁祖(インジョ)になりました。よかったねヤンファダン!

ケトン(キム尚宮)
このドラマのヒロイン。光海君に恋をしていたのに
その父・宣祖のお手つきとなってしまう悲しい運命を受け入れます。
身分が低くても側室の位になれないこともないと思うのですが
子供を生んでないですし色々と事情もあったのか(ドラマでは後宮軍団が大反対)
特別尚宮という地位を与えられていたようです。
光海君の兄・臨海君や第二王妃が産んだ永昌大君など
光海君の座を脅かす一派を蹴落とすために奔走。
無事光海君が王になってからは光海君のお相手として寵愛を受けます。
クーデター(仁祖反正)により光海君が廃位されると処刑されました。


王子たちのまとめは次回へ続きます!
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント