*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「ファン・ジニ」あらすじ 21話>

ファンジニ第21話「裁かれる愛」

キム・ジョンハンが作らせていたコムンゴを手にして泣くミョンウォル(チニ)。
彼に続いて出頭しようとするも、ムミョン(昔の妓夫候補だった人)が引き止め、
「領議政が側室用に用意した別邸」なる屋敷にミョンウォルをかくまいました。
あなたの父上って領議政?と聞かれたムミョンが、領議政の下男だ・・・と答えます。

厳しい取調べを受けてもキム・ジョンハンはミョンウォルの居場所を吐きません。
命乞いもせず素直に罪を認める彼は中宗にとって「可愛さ余って憎さ百倍」状態。
ボロボロなキム・ジョンハンを見た腹黒プヨンは涙を流して助けたがります。

ひそかにピョクケスを呼び出したミョンウォルが、コンプレックスをつつきます。
「キム・ジョンハン様は殿下の心をつかみ、民やつまらぬ妓生にも真心をくれた方。
そしてあなたに劣等感を抱かせた方。救わないと永遠に勝つことはできませんよ?」。
続いてプヨンの寝室にも現れ、自分の隠れ家を彼に伝えてほしいと頼みました。
ピョクケスは、本当は優秀な彼のことを助けたいんですよね?と中宗に確認。
彼が愛した妓生の命を彼の手で奪えば忠臣を失わずにすみます・・・と進言します。

ってことで中宗が「朝廷を騒がせた女がどこにいるか白状すれば助けてやる」。
叩かれても焼きゴテじゅーしゅーされてもピョクケスに耳元でそそのかれても
沈黙を守り通すキム・ジョンハンに怒りまくった中宗が車裂きをご命令です!
メヒャン行首はプヨンを問いつめ、ミョンウォルの居場所を突きとめて再会。
キム・ジョンハンに下された刑を知って後を追う覚悟のミョンウォルに、
なんて残酷な・・・ペンムの死を無駄にするのか?後進を育てろ!と説得します。

ムミョンったら、やはり領議政様の大切な一人息子でしたよー。
キム・ジョンハンの救命を父に願いますが、それだけはできないと言われました。

キム・ジョンハンが処分される日、中宗は重臣全員参加の宴を開くと宣言します。
踊り手として死にたいからその宴に参加したいとミョンウォルがメヒャン行首に頼み、
さっそく二人一緒に舞の練習をスタート。プヨンが複雑な表情で見つめます。
そして当日、宴会場へ向かうミョンウォルが入った桃の形(!?)の輿と
刑場へ向かうキム・ジョンハンを乗せた檻車が静かにすれ違いました・・・。
スポンサード リンク

<「ファン・ジニ」あらすじ 20話>

ファンジニ第20話「隠れ里」

3年後、松都教坊ではチュソンが行首に、エンムが教育係になっています。
キム・ジョンハンは生ける屍となっていたミョンウォル(チニ)を連れて逃げ
各地を転々としながらフツーの民ライフを穏やかに満喫していました。
時折もたげてくる芸への情熱を隠せないミョンウォルでしたが、
妊娠したことに気づき、これで生きる道ができた・・・と一人で微笑みます。

ピョクケスは月に一度松都を訪れて執念深くミョンウォルを探し続けています。
寵愛していたキム・ジョンハンに逃げられた中宗も彼を許せず、捜索を命令。
そして女楽の行首メヒャンもひそかにミョンウォルを探させていました。
いまだ行首になれないプヨンは「鶴の舞」をひそかに練習し、メヒャンが満足げ。
プヨンが乗り越える“最後の山”であるミョンウォルがどうしても必要なのです。

「優秀な人材を推薦せよ」という王様からの人材募集が町に貼りだされます。
キム・ジョンハンに学問を教えてもらっていた村の若者が役人に推薦。
家に来た役人にキム・ジョンハンが「自分は両班だが庶子なので」と断るも、
その役人が後で「手配されてる夫婦じゃん!」と気づいてしまいました。
(どうやら人材募集はチョ・グァンジョの提案した推薦制だったようです。
推薦じゃロクなやつがこないと殿下もわかったはず!と大臣たちが笑ってます。)

役人たちが踏み込んだとき、二人は不在で、松都へ向かっていました。
「母ヒョングムが危篤」というピョクケスが流した噂に引っかかっちゃったのです。
ところが山寺へ行く道で偶然ヒョングムと出会い、つかの間の再会を果たしました。
ピョクケスたちの追っ手が山寺に着いたのは、二人が山寺を発った後でした。
しかし忠清道へ帰ったキム・ジョンハンは役人たちに見張られているのに気づき、
ミョンウォルを守るために声をあげて役人の注意を惹き、自分だけが捕まります。
スポンサード リンク

<「ファン・ジニ」あらすじ 19話>

ファンジニ第19話「途切れた心」

ペンム行首の遺志を継いで、悲しみの中で宮中に向かうミョンウォル(チニ)。
腹黒プヨンが「鳴鼓舞(ミョンゴム)」を、ミョンウォルが「鶴の舞」を披露し、
中宗に認めてもらったほうが女楽の行首になるバトルが決行されるのです。
ペンム行首を思い出して涙ぐんでしまい宮殿の敷居をまたげないミョンウォルを、
殿下の涙をもらえ・・・とメヒャン行首がかっこよく説得して宮中へ促しました。

まずはプヨンの「鳴鼓舞」。舞譜と違う踊りをメヒャンがなぜか悠然と見つめます。
次はミョンウォルの「鶴の舞」ですが、中宗にペンム行首のことを聞かれて動揺。
(「鶴の舞」は中宗の幼い頃の有名妓生チャドンソンの舞を引き継いだものとか)
さらにペンム行首のことで罵るピョクケスらの野次馬トークが聞こえてきて、
ぴたりと動きが止まったミョンウォルは踊りを再開できずに気を失いました。
礼曹判書キム・ジョンハンが彼女を抱きかかえて堂々とその場を去ります。

大臣たちはさっそく「田舎妓生」ミョンウォルとキム・ジョンハンを弾劾。
キム・ジョンハンは雪の舞う中を世にも美しい席藁待罪(ソッコデジェ)で詫び、
辞表を読んでやってきた中宗に、あの妓生をどうか助けてくださいと頼みました。
すると中宗は「妓生を殺すといえば余もそなたを捨てただろう」と許してくれます。

舞譜が違うと殿下が気づかないのはなぜ?と焦ったプヨンが礼曹へ向かっていると、
お前の企みなどお見通し!私が手を回せぬ部署はない!とメヒャンに怒鳴られます。
実はプヨンは提出した舞譜と違った踊りを披露してその理由を尋ねられたら
「師匠の踊りが劣悪なので訂正した」とメヒャンを貶めるつもりだったのです。
教え方が間違っていた・・・正々堂々と勝って行首になれとメヒャンが言います。

松都に戻ったミョンウォルはすっかり心を失ってしまいました。
ペンム行首が生きているようにふるまい、宴に出ても演奏できず、酒びたりに。
その噂は都にも届き、キム・ジョンハンとピョクケスの心を乱します。
見かねた楽士オムスが都へ向かおうとしていると、自分が行きます・・・とムミョン。
説得されて松都へ着いたキム・ジョンハンは、教坊の部屋で置手紙を発見しました。
ペンム行首・・・私も向こうに行きます・・・と崖の上でつぶやくミョンウォル。
身を投げようとしたところにキム・ジョンハンが駆けつけ、ぎゅっと抱きしめます。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント