*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王道(ワンド)」あらすじ 31話>

命召牌を持たない者は宮殿に入れるな!とホン・グギョン(洪國榮)が命じ、
息子ホン・ナギンの逮捕で駆けつけてきたボンハンをシャットアウトします。
官吏の登庁頻度が減るほど重要政務をグギョンがすべて独り占めし、
でっちあげで嫌いな人物を追放していると皆は噂しますが、そんな噂はなんのその。
謀反計画を知りながら黙認していました!とグギョンがナギンの罪を言い立てます。
しかし正祖はナギンへの実刑は下さず厳重注意にとどめました。
そして尋問の中で名前の挙がった恩全君(ウンジョングン)が自殺しました。

左議政ソ・ミョンソンは、世孫時代の正祖の摂政を認める意見を表明し、
今は同徳会(トンドクフェ)という会合で毎年一回王を囲んで会食している人物。
グギョンの横暴に憤る大臣たちは、左議政に諫言を頼んでいます。
左議政はグギョンの過激さはマズイと思いつつ改革精神は認めているようで、
参上イ・ミョンソプを呼び、友人グギョンに助言しては?と話しました。
ただ一人の同門の親友としてグギョンに思いを打ち明けるミョンソプに、
自分が横暴とも独断とも思っていないグギョンは心外らしくきょとんとしてます。
一方イ参議(グギョン義父)は、権力に驕る婿に嫌気がさし、辞職を口にしました。

妓生スンジに説得され、ウォルレが乳母としてホン家で暮らすことになりました。
グギョン妻は“ウォルレは捨てられたクドゥルに乳を与えた恩人”と説明されます。

元嬪(ウォンビン=ナミ)から手紙を受け取ったグギョンは、さっそく深夜の宮殿へ。
法度を無視した行為です・・・と非難する尚宮に、目をつぶろうと正祖が話します。
長生きできそうにない、ムミョン大師にお会いしたいとさめざめと泣くナミでしたが、
大師は山を下りてくれず、ナミを殺したのは兄のお前だ!とグギョンに伝言します。
その後も元嬪は快復せず、ある日見舞いから戻ったグギョンは、
席をあけていたことでチェ参判(もと正郎)に責められ、殴ってしまいました。
ところで前話でナミがウォンビンではなくスクチャンと呼ばれていたようで
気になっていましたが、淑昌宮(スクチャングン)に住んでいるからなのですね。

いまだ竹簡に固執するキム・グィジュを、従兄弟キム・グァンジュが笑います。
竹簡なんかでグギョンの勢いを止められるわけがない・・・と。

キム・ヨン持平がゴキゲンうかがいのためかホン家に行くと、グギョン水浴び中。
グギョンの肩の刺青を目撃しちゃったキム持平が驚愕しています。
スポンサード リンク

<「王道(ワンド)」あらすじ 30話>

わが子クドゥルに会いにホン家にやってきたウォルレはすぐに追い出されますが、
ホン・グギョン(洪國榮)はスンジの妓生房に行ってウォルレにやさしく接し、
兄グァンムンへの仕打ちを責める彼女に、乳母としてホン家で暮らせとすすめます。

謀反にホン一族が関わった証拠はないし竹簡なんて当時は存在しなかったはず、
権力ははかないもの・・・と、ムミョン大師はグギョンへの手紙で竹簡を偽物扱い。
よくわからない屁理屈ですね。流刑地のキム・グィジュはいまだ竹簡を狙ってます。

正祖は王妃よりも元嬪(ウォンビン=ナミ)のもとへおわたりしているよう♪
けれども元嬪に懐妊の兆しはなく、ある日ふらふらと倒れてしまいました。
大妃(貞純王后)も恵慶宮ホン氏(正祖母)も心配して薬を手配させます。

会議室では、重臣が挨拶に来ない!とグギョンが怒っているという話題で持ちきり。
宿衛所(スグィソ)に抗議に来た重臣の前で弓をばっちーんと撥ねて脅しつけ、
王命だ!謀反の噂があるから出入りする臣下と会うのだ!と強い語調のグギョン。
その言葉どおり、米びつ事件の首謀者ホン・ゲヒの孫ホン・サンガンの書斎で
怪しい会合が開かれているようで、イ・ミョンソプが調査結果を報告してくれます。
左遷を拒み名誉職が下賜されたホン・ナギンもその一味にしたいらしいグギョンに、
やりすぎじゃ?柔軟になったら?とミョンソプが思わず助言しています。

そしていよいよ謀反計画の詳細が明らかになり、
その報告を聞いた正祖のおおげさな驚き方がちょっと笑えます。
逆賊の中に伯父ホン・ナギンがいると知ると、正祖はさらに衝撃を受けるのでした。
スポンサード リンク

<「王道(ワンド)」あらすじ 29話>

ホン・グギョン(洪國榮)が子供を引き取ったと知った義父(グギョン妻の父)は、
秘密を墓場まで持っていくと言ったのに数年で破ったことを責め、
侍講院(シガンウォン)時代と今の姿が全く違うと指摘して帰って行きます。
グァンムン妻の“伯母発言”を、気が触れたゆえのことと思っているグギョン妻は、
クドゥルに悪影響が及ぶから寺で引き取ってほしいとグギョンに頼みました。

パク・チェガにすすめられた『山林経済』(ホン・マンソン著)を熱心に読む正祖。
儒教の本ばかりでなく実学的な書物も民に広めねば・・・とグギョンに話します。

水軍万戸に任じられたホン・ナギンは、赴任をいやがり登庁にも応じないまま。
父のボンハンは娘の恵慶宮ホン氏(正祖母)に人事の変更を頼みますが、
恵慶宮にできることはなく、冷麺を一緒に食べましょう・・・と答えるだけでした。
さらに恵慶宮は、孤島で暮らす兄グィジュの様子を知った大妃(貞純王后)からも、
陸地に移してくれるって正祖が言ったのに!と文句を言われています。

例の名簿にグギョン父の名前があると友人イ・ミョンソプに教えられたグギョン。
竹簡を入手しようとムミョン大師に手紙を出すも、大師は竹簡を燃やしました。
ミョンソプはついでに朝廷の動きもおかしいとしらせてくれ、
それはキム・ヨン持平がちくってくれた情報と一致していました。
反グギョン派の重臣らは3日後の朝参(チョチャム)で王に諫言する予定なのです。
グギョンは名簿で知った弱みで戸曹判書を脅しまくり、諫言を中止させます。

少しでもクドゥルの近くにいたいウォルレは山を降りてスンジの妓生房へ。
と思ったら、ホン家に行ってクドゥルと会ってます。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント