*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王女の男」あらすじ簡易版 21~24話(最終回)>

※24話までの一話ずつの詳細版あらすじはサイドバーからご覧いただけます

公主の身分を剥奪されたイ・セリョンは、奴婢としてシン・ミョンの屋敷で暮らしていたところを、キム・スンユに救出され、光州の敬恵公主宅にスンユとともに身を寄せた。二人を追って来たミョンとスンユたちが揉み合いになり、かろうじて逃げたものの、その騒ぎでチョン・ジョンが手紙を落とし、錦城大君やスンユと進めていた謀反の計画が露呈。囚われの身となったジョンは敬恵公主のお腹に宿っている子供の名をしたため、刑の執行日をスンユに知らせないままこの世を去る。続いて錦城大君と魯山君(端宗)に賜薬が下された。

スンユとパク・フンスらは協力者イ・シエのいる咸吉道へ行くことにするが、セリョンが世祖(首陽大君)の娘だと知った仲間はセリョンを拒む。一人で待つと決意したセリョンにスンユが結婚を申し込み、夫婦の契りを交わした。その後セリョンは弟の世子スン(桃源君)を見舞い、スンユのことを「夫」だとシン・ミョンに宣言する。セリョンの来訪で快復したかに思えた世子だったが、やがて逝去すると、怒った世祖はセリョンが公主だった記録を消させた。

咸吉道でイ・シエとスンユが反乱を起こした。スンユを逃がしてばかりのシン・ミョンに憤っている世祖が、最後の機会として咸吉道へ派遣。同行したセリョンは、自分を餌にスンユたちをおびき出そうとする計画を知ると、危険をかえりみずに反乱軍のアジトを訪ね、スンユと再会する。そして官軍と反乱軍が激しく戦う中、シン・ミョンが命を落とした。

官婢になった敬恵公主は男児を出産。王妃(貞熹王后)は敬恵公主にこれまでのことを謝り、便宜をはかると申し出る。セリョンと敬恵公主は僧法寺で暮らすようになる。そんな折、端宗の夢にうなされる世祖が王妃とともに僧法寺を訪問。思いがけず遭遇したセリョンが妊娠していると知ってさらに驚く。世祖が僧法寺に滞在していると知ったスンユは、潜入して世祖に刀を振り上げた。すると世祖はセリョンの懐妊を告げ、その隙にスンユが捕えられる。厳しい取調べを受けてもスンユは決して世祖を王と認めず、義禁府の牢で目を閉じ、夫の亡骸にセリョンがそっと身体を寄せた。

時が流れ、療養のため温陽へと向かう世祖が、死んだはずのスンユの姿を偶然に見かける。スンユは視力を失ってはいたが、セリョンとの間に娘をもうけ、幸せに暮らしていた。実は王妃は二人を義禁府から逃がした後、セリョンが命を絶ったと世祖には伝えていたのだ。世祖は娘一家のようすを眺めてうれし涙を流し、王妃に感謝するのだった。
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ簡易版 17~20話>

※24話までの一話ずつの詳細版あらすじはサイドバーからご覧いただけます

傷が快復したイ・セリョンが、キム・スンユを兄嫁リュ氏と姪アガンに会わせた。スンユはセリョンに感謝しつつも、もう会わないと決め、父の復讐を続ける。まずはハン・ミョンフェの手下を斬って「大虎」と書いた紙を貼り、師匠イ・ゲをはじめとする集賢殿の学者やチョン・ジョンたちが計画している世祖討伐への参加を決意した。

誰とも結婚しないと世祖(首陽大君)と王妃(貞熹王后)とシン・ミョンに断言したセリョンは、スンユが何かを企んでいることに気づきつつも誰にも明かさず、駆け落ちを望むが、スンユの復讐心は変わらない。ところが世祖討伐計画はハン・ミョンフェに気づかれて実行できず、チョン・ジョンらが捕えられてしまう。自分の前で覆面を取ったスンユをシン・ミョンは追わず、捕えられた仲間を逃がすために漢城府に忍び込んでくるのを待っていたが、チョン・ジョンやイ・ゲたちに逃走の意思はなく、スンユを帰らせた。

イ・ゲやソン・サンムンらが次々に処分されて命を落とすが、世祖は白装束を着て席藁待罪した敬恵公主に免じてチョン・ジョンを流刑にとどめた。この事件を受け、クォン・ラムらが上王・端宗の廃位を求めて連座。みずからの髪を切って親子の縁を切ると世祖に宣言したセリョンは、宮殿を出て寺へ行く。拒絶されてばかりのシン・ミョンはセリョンへの苛立ちを隠せず、自分への想いの深さを知ったスンユはセリョンと氷玉館で暮らし始める。

宮女姿のセリョンを目撃したことのあるコン・チルグが、氷玉館の前で再び見かけて不審に思い、漢城府に通報。シン・ミョンがセリョンを宮殿に連れ帰るが、スンユは出かけていたため無事だった。相変わらず反抗的なセリョンに憤った世祖は、ミョンの奴婢になれと命じる。
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ簡易版 13~16話>

※24話までの一話ずつの詳細版あらすじはサイドバーからご覧いただけます

シン・ミョンとの結婚が迫ってもキム・スンユを思い続けるイ・セリョンに、スンユが直講時代にセリョンに宛てて贈った指輪を敬恵公主が渡す。セリョンは山寺の石塔にその指輪を置いて祈りを捧げ、その場を離れるが、思い直して石塔に戻ると指輪が消えていた。怪しい男を目撃したセリョンが、指輪を返してくれと必死に頼むと、指輪の一つは割られ、一つは無事なまま残っていた。その男はセリョンを尾行していたスンユだった。

錦城大君の計画に協力するため、チョン・ジョンが新郎シン・ミョンの付き添いを承諾する。ところがセリョンが現れず、婚礼は中止され、首陽大君は錦城大君に罪を着せて捕えた。スンユに連れ去られていたセリョンは、彼が生きていると知って喜ぶが、スンユの恨みは簡単には消えない。スンユは兄嫁リュ氏と姪アガンが生きていると知り、セリョンは父が護送船を沈めたと知って驚く。セリョンを人質に首陽大君を呼び出したスンユが、どこかに隠れている首陽大君に見せつけるようにセリョンに矢を向けた。すると首陽大君が現れて止め、スンユが首陽大君に矢を放つと、セリョンが飛び出て矢を受けた。

錦城大君に続き夫チョン・ジョンも捕えられると、敬恵公主は首陽大君に土下座して二人の命乞いをする。セリョンは、自分をさらったのは父に個人的に恨みをもつ人物だと訴え、シン・ミョンと結婚するなら舌を噛むと脅す。親族を守りたい端宗は首陽大君に譲位を切り出し、解放されて帰宅したチョン・ジョンは死んだと思っていたスンユと再会する。

スンユが温寧君を斬りつけ、「大虎(父キム・ジョンソの別名)」という血文字を残した。次にシン・スクチュを狙うも、父の危険を察知したシン・ミョンと刀を交えた。スンユは一連の事件で覆面をしていたが、シン・ミョンはその正体がスンユではないかと疑いを抱く。

イ・ゲをはじめとする学者たちが譲位に大反対する中、端宗は錦城大君や敬恵公主夫妻の安全を条件に、叔父で領議政の首陽大君に譲位した。これにより首陽大君が即位し(世祖)、端宗は上王として退くことになったが、セリョンは公主になるのを拒む。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント