*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 21話 あらすじ>

第21話 内部分裂

密命を受けて宮殿を出る前、世宗とソイとカン・チェユンは話し合いをしました。
「文字は公布も流布も必要で、流布はソイに遂行してほしいが、危険な仕事。
ソイに任すのを許可してくれるか?ソイが任務を終えたら二人で発ってよい」。
「もし私が途中で死んでも、探さないでください。任務をつづけてください」。

チーム宮女は、文字を歌で広めたり、巫女に扮してお札で配ろうと大ハッスル。
広平大君の死にも動揺しない世宗の決意の固さを悟り、急いで宮女を探す密本。
その密本の中心人物である集賢殿シム・ジョンスと右議政イ・シンジョクは、
本元の座と宰相の座を条件に反・本元を約束し「解例(ヘレ)」探しを急ぎます。
すべての密本員が広平大君のことに賛同してはいないはず・・・と睨んだ世宗は、
臣下を大集合させて「謝罪・宣言・提案」をすることで敵の分裂を狙いました。

まずは謝罪。隠れて文字を作ってきたことを謝りたい・・・と頭を下げます。
次に宣言。広平大君は密本が殺したのではない、だから処罰もしない、
異なる政治観をもつ朋党として認めると発表しました(チョ・マルセン大反対)。
最後に提案。「密本員は名乗り出よ」(チョ・マルセンまたまた大反対)
「ユン・ピョンとチョン・ギジュンを文字に反対したことではなく殺人罪に問う、
投書により幾人かの密本員を知っているが考えが違うからといって罰しない、
7日後に光化門で文字を公布する、反対なら名乗り出よ、妨害したら罪に問う」。

そして世宗とチョ・マルセンは右議政とシム・ジョンスをちょちょいっといじり、
右議政に裏切られたと思い込んだシム・ジョンスは、密約を放棄することに。
シム・ジョンスの翻意を知った右議政は、太平館(明)の力を借ります。

紙屋で槐黄紙(クェファンジ)を受け取ったチョタクが尾行されて居場所が露呈。
ここでパクポ(豚)が初めて兼司僕らしい働きをして視聴者を驚かせました。
逃げた宮女クンジとモギャを、本元派とシム・ジョンスと右議政派(明)の3派が
追って奪ってまた奪い返しての繰り返しで入り乱れて狙います(詳細省略)。
捕まった宮女クンジは怪しい薬・魅塊剤(メホンジェ)をかがされて自白。
「解例(ヘレ)最初からない」「ソイはチャンアム村にいる」と言った後で、
最後に「解例(ヘレ)はチャンアム村にある・・・」ともう一度答えました。
密本が必死に探している解例(ヘレ)は、本などでなく、ソイそのものなのです。
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 20話 あらすじ>

第20話 王の豹変

「広平大君は王様を信じていたから喜んで死ねるとおっしゃっていたのに!
王様が民とタムに絶望と憤りを感じたのは、民やタムを人として見たからです。
それは「愛」なんですよ。だって動物には絶望しないし憤らないっしょ?
タムのやりたいことを守らず、カリオンに何か言われたくらいで揺らぐんですか?
タムと宮殿を出て子供をつくり文字を教えて仲良く暮らしたいと思っていたのに、
お願いがあると言ったのが悔しいっス!」とカン・チェユンに責められた世宗は
「強い意志を持っているソイと民は違う・・・!余は責任を負わせようとした」。
「民は昔から責任をとってきました。自分は飢えても年貢を納めてきたんです!
責任が少し増えたっていい!チョナーは偽善者で臆病者で意気地なしです!」。

こうして覚醒した世宗は新しい文字に「訓民正音(フンミンジョンウム)」と命名。
暗渡陳倉(あんとちんそう=正面攻撃と奇襲を同時に行う作戦)を決意します。
私が捜査します!と会議で断言したチョ・マルセンを認め、兵も与えました。
先王・太宗に反抗していた世宗が太宗の腹心に大役を与えたことに皆は驚愕します。
チョ・マルセンは早速ソイや宮女仲間を尋問し、カン・チェユンが激しく抗議。
尋問を承諾したという世宗に直接文句を言いに行くと、「こやつを投獄せよ!」。
仏氏一代記を刷るのは許さない!と抗議したチェ・マルリもぶちこまれました。
(キム・ムン、シン・スクチュ、チョン・チャンソン、ハ・ウィジらも義禁府へ)

20人以上が罷免され、ソイと仲間は忠清の監営に官奴として送られることになり、
広平大君の死を境に“まるで先王のように”変貌した世宗に皆は動揺しまくり。
でもそれは作戦で、カン・チェユンもチョ・マルセンも「演技成功♪」とニタリ。
密本たちに監視されていないソイたちに密命を下し、宮殿から出したのです。
チョ・マルセンが教えた「拷問が痛くない秘策」というのを知りたいですね!
続いてカン・チェユンも世宗の密命を受けて黒装束姿で宮殿を出発しました。
そんな彼をチョ・マルセンが屋敷に誘い、イ・バンジ師匠の最期を看取らせます。

集賢殿シム・ジョンスは広平大君を始末したことには賛同できないもよう。
右議政イ・シンジョクも密本の未来を危ぶみ、シム・ジョンスを何やら誘ってます。
で、この二人のことを世宗&チョ・マルセンは「怪しい!」と思っています。
そして密本のユン・ピョンはソイにひそかに恋心を抱いているようですね♪
忠清の監営に宮女が到着していないと知り「彼女らが密命を受けているんだ!」。
その頃ソイは芸人や子供に歌を教え、文字を“疫病のように”広めていました。
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 19話 あらすじ>

第19話 深夜の論戦

今回は冒頭30分近くが世宗イ・ドとカリオン(=チョン・ギジュン)の議論。
後半に衝撃のエピソードがありますよ(心の準備がゼロだったので驚きです!)。

世宗「私の文字を見たか?」 カリオン「素晴らしい文字だった。絶対阻止する」
世宗「『昔は庶民も意見できたのに諫官を置いたことで言路がふさがれた』と
チョン・ドジョン(三峯)先生も言っている。文字で字路(チャロ)を開くのだ。
お前たちが文字の公布に反対するのは士大夫の既得権を守りたいからだろう?」
カリオン「違う!秩序であり均衡だ!高麗では父が貴族なら息子も貴族だったが
士大夫は修養を磨いて科挙を受けて能力を認められることで士大夫になるのだ」
世宗「どうせ欲望で腐敗し、世襲するために陰敘(ウムソ)制度を復活させる。
私は民と権力を分け合いうことで、その欲望をけん制する役割を与えたいのだ」
カリオン「民の欲望は?秦の始皇帝がそれで失敗して孔子や孟子が必要になった。
民が知恵をつけたら政治が乱れる。私は民を信頼しない。民として生きたからだ」

「政治は責任だ。お前は責任を民と分けたいんだろ?民が煩わしいんだろう?
為政者としてすべきことをせずに文字を民に与えて面倒を逃れたいんだろ?
お前の文字は疫病のように恐ろしい・・・文字を知る者を皆殺しにしてやる!
解例(ヘレ)も見つけて燃やしてやる!」と世宗を睨みつけるカリオン。
実は世宗の文字作りの動機は“民への愛”ではないので、世宗がビクつきます。
そこへユン・ピョン、カン・チェユンも到着し、皆が刃を向け合いました。
イ・ドを斬れ!とカリオンが命じるも、カリオンを守りたいユン・ピョンは拒否。
するとソイがその場を仕切りまくって全員の剣を下ろさせ解散させちゃいました。

泮村に大捜索が入り、モリン食堂の女将や幼いヨンドゥも捕まり義禁府に。
ソイはヨンドゥを懐柔して、仲良しだったケパイ(カルペイ)の情報を聞きます。
ケパイは突厥(とっけつ)人で、ペギン山の寺が密本の基地らしいとわかりました。
でも彼らは山に「鈴」をしかけていたのでカン・チェユンらに気づいて逃げます。
あ、傷を負ったイ・バンジ師匠はチョ・マルセン宅の屏風の裏に隠れてましたよ!

広平大君が開城(ケソン)の摠持寺(チョンジサ)行くとの情報を掴んだ密本は、
摠持寺は仏教典の印刷で有名!文字の印刷を防げ!と広平大君を捕らえます。
正倫岩での論戦以降、互いの言葉を反芻して考え込む世宗とカリオンでしたが、
印刷されようとしていた諺文(オンムン)訳の内容を知ると顔色を変えました。
仏氏(プルシ)の一代記『釈譜詳節(ソクポサンジョル)』だったからです。
なぜ儒書でなく仏教典なのだ!?と怒り狂ったカリオンが世宗とテレパシー会話。
世宗は「民にはお釈迦様のお話のほうが親しみやすい」と思っていたようです。

カリオンは広平大君を殺して宮殿に届けました。(史実では若くして病死です)
呆けたように笑いつづける世宗のことを、カン・チェユンがこう罵ります。
「あのクソ野郎が王様か?広平大君もお前(ソイ)もオレも王に騙された・・・」
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント