*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<女人天下見始めました>

まるで韓流ファンのブログみたいになってますけど
以前にも書いたように「冬ソナ」にはピンとこなかった私。

「女人天下」は無料の5話を見ましたが、まんまとハマりそう。
今はまだヒロインの子供時代ですが
悪だくみマンマンの側室・敬嬪を見てるだけでもワクワクします!
100話以上の壮大な物語みたいなので
ぼちぼち購入しつつ見ていこうと思ってます。
(女人天下のDVDは発売されてないようなので配信を買うしかありません)

歴史モノ大河モノで
しかもちょっと女々しい系のストーリー(戦や兵法には興味ない)が
性に合ってるみたいです。つまり大奥系ってことですね。
実はフランス映画もハリウッドもちょくちょく見ているのですが
なぜかブログに書きたくなるのは韓国ドラマなんですよねえ。
おそるべし魅力です。

今年のNHK大河は篤姫なので期待してたのに
なんだかお子ちゃまドラマみたいでつまんないし
よけい華流や韓流に走ってしまうのかもしれません。

女人天下のテーマソングは
「あ~あ~あああ~」という
妙に深刻ぶった女性の重い歌声
なんですが
「さあ、これから大河が始まるわよっ」って
神妙に重々しく号令をかけてるかのよう

ほのかにおかしみを誘ってもくれてグー!(どこがグーなのかわからないけど)

「チャングムの誓い」と同じ中宗の時代なのも興味をひかれます。
スポンサード リンク

<ドラマのその後>

旅行前のバタバタもあり
「チャングムの誓い」と「紫禁城~華の嵐」を少しサボッてたワタシ。


「チャングム~」は、ハン尚宮が亡くなる前の回まで見ていたのですが
チャングムがちょうど宮に戻った回から再開しました。

忙しいと言えども見ようと思えば見れなくはなかったのですが
気分的に進まなかったので見なかったというのが本当のところ。
だって、ハン尚宮が亡くなるところは絶対泣くから見たくないし、
チャングムが流されたチェジュで奮闘するあたりは
なんか胸がときめかないので見たくなかったのです。

今回、宮に戻ってチェ最高尚宮と顔を合わせるところなどを見るにつけ
そうよ、やっぱりこうでなくっちゃ!!と膝ポン!どうやら私は、
いつも何か企んでいる美人で悪役のチェ女官長や
宮の華やかな女人達が出てこないと面白んだとわかりました。

宮での勢力争いや美人やチェ一族が出てこないチャングムなんて
締めにビビンパを食べない
焼肉のようではありませんか!


チャングムが抜群の記憶力と書物読み、そしてど根性で
ときには誰かにはめられそうになりながらも
医学の知識を身につけていったことは想像に難くないので
チェジュでの修行話はヒマなときにDVDでも借りて見ることにしよっと。

それにしてもヨンセン、あんたはいい子だねえ。
チャングムのために必死に祈るヨンセンの姿が一番泣けました。
「私に女らしさが足りないから、皇帝が来ない」
「遊女にでも習って皇帝をよろこばせればよかった」と
チャングムに謝るところなんかも可愛すぎます。


「紫禁城」のほうは相変わらず華やかでワクワクするので
見逃した配信分をすぐにでもweb購入して見るつもりです。

安茜と玉瑩と爾淳の3貴人が並ぶとそれはもうあでやかですねえ。
衣装もきらびやかで見てて楽しいです。


チャングムでも紫禁城でも
王様のお呼びがかからない側室は使用人から冷たくされていますね。
このあたりはどこの国でも共通でおもしろい。
寵愛を取り戻すときのことを考えて
ずっと誠意を尽くしていたほうが賢いと思うのだけど
そうはいかないのが人間というものなのか。
何か考えされられますね。
スポンサード リンク

<ソウル旅行 飛行機編>

ソウルでの出費はエコノミーに済みましたが
この旅行には結構お金かけてるんですよ、実は。

ツアーを使わず飛行機とホテルを別々に手配したからです。
ホテルは友達の希望がありロッテホテルにしたので
安いツアーで行くのと比較すれば結構な値段を出しています。

現地で使ったお金より確実に旅費が高いです。
ソウル旅行の場合、普通は逆だと思うんですけどね。。。

でもいいこともありました。
私の日頃の行いを
神様と運輸大臣が
見ていてくださったらしく

事前に席をおさえていったにもかかわらず
ビジネスクラスへアップグレードしてくれたのです。ほほほ。

チェックインカウンターの男性に
「席は窓際がいいですか通路側がいいですか」と聞かれ
事前座席指定がチャラになってるのかしら?と思いつつも
不機嫌を出さないように「席はもうリザーブしてます」と答えたのですが
「アップグレードです」と言われて
「ありがとう!!」と満面の笑みでこたえたゲンキンな私です。

乗り心地はといえばですね、
美人スッチーにかしずかれて
それはもう至福のフライトでございました(オヤジかっ)

近場の旅行ではツアー・個人手配に関わらず
5割に近い確率で片道アップグレードが多いです。
正直いえば2-3時間はエコノミーでも全然平気なので
アップグレードの運はヨーロッパ行きで使いたいのですが
そんなことを言うと罰があたりそうなので
心の中でつぶやくだけにしておきます。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント