*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<女人天下 相関図 その5 恵化門の革靴屋>

「女人天下」の人物相関図(というか人物紹介)、第五弾です。
恵化門に住む革靴屋おじさんと愉快な仲間達をクローズアップします。


革靴屋おじさん

あらすじ中では私が勝手に「革靴屋おじさん」と書いていますが
ドラマでは「カッパチ(履物を作る人)アジョシ」と呼ばれていますね。
ということで、何という名前なのかはわかりません。
「牛皮を縫う革靴屋に名前などありません」とチョ・グァンジョに答えてました。
第12話では「庶子の生まれ」と自分で話しているシーンもありました。

賎民ながら“当代一の経論”と評されるほど高い学識があり、書物もいっぱい。
チョ・グァンジョをはじめとする朝廷の要人が学びに来ていました。
陰謀うずまく朝廷のことも達観しています。
ナンジョンもこの人の知識と知見を頼りにしていました。
ナンジョンのことを心配し、時には叱咤しながら見守り続けます。

タンチュ僧侶と占い師パンおじさんとは共にプッカク禅師のもとで学んだ仲。
兄弟弟子同士ということで、「にいさん」と呼び合っていましたね。


占い師(人相見)のパンおじさん(パン・ベギンorパン・ベギ?)

人に会うとすぐに顔を見つめて人生を見抜いてしまうスゴ技の持ち主。
人から「占い師」と言われると「ちがう!術師だ」と訂正してました。
革靴屋おじさんの家に居候しています。
ナンジョンに頼まれて吉日を占ってあげることも。
敬嬪からおなかの子の性別を変える秘術を依頼されたこともあります。

ドラマの途中で後に紹介するタンゴルおばさんと結婚(?)しますが
始終おばさんをどなりつけて、「メシ!」やら「水!」やら言ってます。


タンゴルおばさん

タンゴルって、巫女や占いのような職業の人のことなのでしょうか。
チョン・ユンギョム正妻の指示でナンジョン母を山道から突き落としまし、
それを白状してからというものナンジョンたちの味方になります。
(とはいえたいしたことはしませんが)
人相見のパンおじさんの妻で、愛嬌があって結構いい人です。
趣味は、革靴屋の部屋での密談を盗み聞きすること♪

人の容姿をなにかと評するおばさんでもあります。
山寺の若僧侶、革靴屋、イム・ペクリョンなど、「イケメン」には鋭く反応。
「美女」にも反応し、ナンジョンのことは「昔の私にそっくり」とか・・・。


イム・ベクリョン

優秀な学者。
革靴屋おじさんの家に居候して勉強し、見事科挙を首席(壮元)で合格。
ドラマでは政治面での活動はあまり描かれていませんが、
朝廷でも活躍した実在の人物のようです。小ユン派です。

ナンジョンの友達である妓生オク・メヒャンと相思相愛でした。
ドラマの途中からメヒャンが姿を消すと
今度はタイプが全く違う別の妓生ウォルヒャンと恋仲に。(キーセン専?)
最後は馬から落ちて亡くなります。


タンチュ僧侶

産み落とされたばかりのナンジョンを引き取った人物で、
革靴屋おじさんとともに、ナンジョンのことを常に気にかけてくれる存在。
普段は山寺にいますが、しばしば町に下りて革靴屋を訪ねてきます。
ちなみにタンチュ僧侶の山寺(正しくはムボン山のクムニョン寺)には、
よくナンジョンがお祈りしに行くほか、
中宗の最初の王妃シン氏も滞在していました。

話はそれますが、山寺にイケメン系の若い僧侶がいて、
この人が何か物語に関わってくるのかと思っていたら、
全くそんなことはありませんでしたね。
その後も一休さんみたいな若坊主やナゾの怪僧などが
思わせぶりに現れましたがまったく気にしなくていい存在でした。
スポンサード リンク

<女人天下 相関図 その4 ナンジョンの実家>

今回の人物相関図は、ナンジョンの実家に焦点を当て、
チョン家の人々についてまとめてみたいと思います。


チョン・ユンギョム

ナンジョン実家であるチョン家の長。ナンジョン母はこの人の側妻でした。
ドラマではナンジョンの実の父親ではなくしかもそれを知らないままですが、
実際にはナンジョンの実父だと思います。
役職は、軍士を束ねる都摠管(トチョングァン)。
「私は武官だから政治のことはわからない」と何度も言ってましたね。

いじめられる幼いナンジョンにあからさまにやさしくはしないものの
本を与えてやるなどしてそれなりに愛情を示していたように思います。
側妻のナンジョン母のことも愛していたようですし。
ただ、やはり真面目一筋の人らしく、ナンジョンがグレはじめてからは
厳しい態度で接するようになりました。

実直な人柄が中宗からも信頼されていましたが、功臣派によって役職を失い、
田舎に引っ込んだということでドラマからはフェードアウトします。


パク氏

チョン・ユンギョムの正妻です。
「冬のソナタ」のチェ・ジウの母親役の女優(キム・ヘスク)さんでしたね。
夫が愛情を注ぐ側妻とその娘のナンジョンを憎み、辛く当たっていました。
巫女タンゴルに依頼して妊娠中のナンジョン母を山道から突き落としたことが
夫にバレたため家から追い出されてしまい、その後全く出てこなくなります。


チャンフン宅

本名はホ・チョヒというのかもしれません。
ドラマ中で「チョヒ」と呼ばれるシーンがありました。

ドラマではナンジョンの実の母ではないという設定ですが、
実の母のように愛情を注ぎナンジョンを育てます。
側妻なので下人扱い、賎民ではありますが、
成宗時代(中宗の父王の時代)に左賛成を務めたホ・チャンス大監の娘。
つまりはもともとは両班家庭のお嬢さんだったのに
燕山君のときに父が捕らえられ、身分が落ちて官婢になったという設定です。

チョン・ユンギョムが地方の使道(サド)だったときに恋に落ちて側妻に。
妊娠中に正妻パク氏の策略で山道から突き落とされて
残念ながら子供を生むことはできませんでした。
タンチュ僧侶の山寺に滞在しているときに乳を与えた赤子に愛情が芽生え、
自分の子として育てることにします。これがナンジョンです。

チョン・ユンギョムはこの人のことを大切に思っていたようで、
口うるさい正妻に「それなら別宅を構えて住まわせる」と言い、
しぶしぶ同居を続けることに同意させたりしていました。
その後いろいろあってチョン・ユンギョムとチャンフン宅は別居。
山にお祈りに行ったか何かの設定で、途中からまったく出てこなくなります。


チョンニョム

チョン・ユンギョム長男で嫡子。母は正妻パク氏。ナンジョンの異母兄。
その立場をカサに着て、幼い頃はナンジョン母とナンジョンを苛め抜きました。
科挙のお勉強をしていましたが受からなかったという設定だと思います。
あまりアタマがよくないのか、成長したナンジョンからは見下されてましたね。

頬に大きなホクロ(斑)のようなものがあるのが目印。
悪事を企んでも「あのホクロがある人に頼まれた」と証言されてしまい、
すぐにバレてしまう気の毒な役回りでした。
チョン・ユンギョムが官職を失い、その後登場しなくなっても、
このチョンニョムはナンジョンの子分としてちょこまかと登場します。
序盤にチョン・ユンギョムが「そんなに軽率で殿下を守る武官になれるか!」と
ビシバシ罰を与えていましたが、その教育もむなしく、最後はゴロツキに・・・。
スケジュールが空いてたのでしょうか?


オンニョン

チョン・ユンギョムの正妻パク氏の娘。ナンジョンの異母姉(妹かも?)。
ナンジョンとは同時期に生まれた女の子です。
この人も幼少期はナンジョンを苛め抜きます。
つつましやかな両班のお嬢さんのはずなのに、所作がお嬢様っぽさとは程遠く、
ペ執事やナンジョンの呼びつけ方などにまったく品がありませんえした。
これも母親のしつけのたまものなのでしょうか・・・

兄チョンニョムの友達であるパク・ヒリャンと婚約していましたが
皮肉なことにパク・ヒリャンはナンジョンに惚れてしまいます。
いろいろあってもこのオンニョンはパク・ヒリャンを愛してたみたいですが
ザ・ズルイ男な風見鶏パク・ヒリャンはオンニョンとは結婚しませんでした。
家を追い出された母親のところに行ったという設定だったかと思いますが
途中からまったく出てこなくなります。


チョン・ナンジョン

一応このドラマのヒロイン。
一応絶世の美女という設定。

そしてキム・アンロいわく「毒きのこのような女」。
これはけっこう言い得ているような気がしますね!

チョン・ユンギョムの側妻の娘として育てられますが
王族・巴陵君(パルングン)大監と妓生ケヒャンの間の子という設定。
パルングンが陰謀で追われた際、妊娠中のケヒャンは間一髪で逃れるも、
倭寇襲撃に巻き込まれナンジョンを産み落とした後、息を引き取ります。
通りかかったタンチュ僧侶がケヒャンから事情を聞き、
寺に連れて帰ったのがナンジョンでした。
側妻の娘(賎しい身分)として幼少時に辛い体験をしたため
(あの時代にしては致し方ないという面もありそうでしたし
それなりに大切にされていたようには思えましたが)
世間を見返してやる!と大きな野望を抱えます。

最初は妓生になるつもりだったところを
王妃の兄であるユン・ウォンヒョンに出会い側妻になることを決意。
ドラマ中では妓籍に載った正式な妓生の設定ではないと思いますが、
始終妓生房に出入りして朝廷の動きを探るなどに役立てます。
妓生房女将のメヒャン母が行方不明となりメヒャンが尼になった後は
ナンジョンが妓生房を任せられることになりました。
妓生房に住んだり宴席に出たりするわけではないのですが、
妓生ウォルヒャンを使って朝廷の臣下を陥れたりと暗躍します。
そして王妃にまとわりついていろんな策略を実行することで
(変装したり、証拠を捏造したり、毒を盛ったり)
後ろ盾のない王妃を支え続け、ついには王妃が政権を掌握。
免賎(低い身分を脱すること)を叶え、好き放題できる身分になりました。
ドラマの最後に自分の出生を知ります。

ドラマ的脚色を抜きにしたナンジョンについてはこの記事もどうぞ。




ヨン様のことではありません。
チョン家の下人の頭、執事とか番頭さんのような人です。
一緒に下人として働いてきたナンジョン親子とは長年の知り合い。
正妻の命令に従い、しぶしぶながら嫌がらせの手伝いをすることもあります。


ヤンピョン宅

ペ執事と同じく、チョン家の下人の一人。
もちろんナンジョン親子とは長年の知り合いです。
スポンサード リンク

<女人天下なオトコになるポイント その5>

女人天下なオトコになるポイント その5

ひとり上手になる。


なにせ、時は乱世。陥れたり陥れられたりは日常茶飯事です。
ただの両班はもとより、権力を掌握するほどの男なら、
一度や二度は地方に流刑されるのが当然の運命なのです。

大きな政争に巻き込まれるほど、辺境地での生活が待っています。
そんなとき鬱々とするのではなく、コムンゴを奏でるなり詩を創作するなり、
自分なりの時間の過ごし方を楽しみましょう。

地方へ単身赴任になったと嘆いているそこのあなた、
未知なる土地での暮らしを存分に満喫して、
一回り大きな男になって本社へ戻るのです!

ただし外地で作った愛人なぞを連れて帰ると、
トチョングァン家のように揉めてしまいますから、お気をつけあそばせ。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント