*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<女人天下 相関図 その11 尚宮たち>

「女人天下」の人物紹介の最終回は、
王妃や後宮に欠かせないお付の女官たちをクローズアップします。
ただし出生の秘密とか個人背景をうかがわせるエピソードは皆無なので
お名前紹介に終わってしまうかもしれませんがお許しくださいませ。


オム尚宮(王妃付き)

「女人天下」の名物尚宮といえばこのお方!!
ふくよかな体型の頼れる肝っ玉尚宮でございます。
お妃教育を受けていた王妃(文定王后)が「宮殿のほんとのところを教えて」と頼み
宮殿のドロドロを微に入り細に入り教えてあげたのもこの方(とオ尚宮)。

出すぎたことは決して言わずひたすら王妃を案じて従う名尚宮なので
王妃のにっくきライバル敬嬪とはもちろん天敵。
すぐにお取次ぎしなかったりビンタされようとした手を掴んだり
王妃の部屋の外では敬嬪と小さなバトルを繰り広げていました。
「自分が権力を握ったらまずはお前から追放してやる!」と言ったのもむなしく
敬嬪はそれを実行することなく賜死されてしまいましたが・・・

そして王妃が亡くなるそのときまで
髪量の少なくなった総白髪といういでたちで登場しつづけます。
オム尚宮も相当なお年になっているはずなんですけどね。

演じた女優さんは残念ながら亡くなられているそうです。


オ尚宮(王妃付き)

オム尚宮とともに王妃を支え続けたお方。
この方も控えめながらもしっかりと王妃に忠誠を尽くし続けました。
王妃の実家に誰かを呼びに行ったり
呼びつけてもなかなかこない敬嬪を催促に行ったりしてましたね。
最初の頃にメイク法が変わって(特に眉)お綺麗になってます。


チャン尚宮(敬嬪付き)

尚宮になる前はクムと呼ばれていました。
愛嬌のあるキャラでしたが尚宮になってからは宮女にいばりちらしていたらしく
チョン尚宮いわく「下の者に厳しすぎるから虎尚宮なんて呼ばれるのよ」。

深い思考力はもっていなかったらしく敬嬪の作戦を先読みしたことは皆無。
敬嬪の前でナンジョンのことを「妾のくせに!」と言ってビンタされてました。
発言内容を問わず、敬嬪の機嫌によってもビンタされてましたが。

格下のナンジョンからは馬鹿にされまくり
敬嬪の息子福城君からもビンタされたりととにかく下っ端キャラ全開。
そのせいか、ヌングムとは通じ合うものがあったようです♪

あんなにビンタされまくっていたのに敬嬪への忠誠心はあつく、
敬嬪がうれしそうに高笑いしていると
事情がよくわからなくてもうれしそうにエヘヘっと笑っていました。
灼鼠之変で嘘の自白をしたことで敬嬪が賜死されると
それを苦に首を吊ってしてしまいます。
いつか殿下の承恩をうけることを夢見ていたのに、本当に可哀想でした。
天国で中宗に手をつけられていることを願います・・・


チョン尚宮(ヒ嬪付き)

尚宮になる前はヒャンと呼ばれていました。
後宮の家来というおなじ立場だったクムとはそれなりに仲がよかったようで
夜の見回りのときに「パク内官ったら気があるんじゃな~い?」なんて
女の子らしい話をしていたシーンがありましたね。

ところがやっぱりお付きの主人の出世・安泰が第一のようで
灼鼠之変のときは血だらけで息も絶え絶えのクムから打ち明けられた秘密を
いとも簡単にヒ嬪にばらしてましたよ・・・

中宗亡き後もヒ嬪に仕えていたようですが
ヒ嬪が宮殿を追い出されてからはどうしちゃったのでしょうね。


キム尚宮(中宗付き)

別名スピーカー(と勝手に命名)。宮殿のバラし屋といえばこのお方。
中宗がひそかに話したはずの政治の話もみーーーーんな筒抜け。
王妃はそのことに怒ってお仕置きもしましたが(下着姿で冷水がけの刑)
まったく懲りずにずっとスピーカー活動してましたね。
中宗の部屋の外であまりに不自然に聞き耳たてまくりだったので
キム内官からとがめられてたこともありました。
なんでこの人をクビにしないんだろう?と不思議でした。

中宗付きですが実は敬嬪の忠実な手下であり
側室になる前の敬嬪が中宗のもとへお酒を運ぶ手はずを整えたのもこの人。
初めて中宗と敬嬪が結ばれた夜、
部屋の灯りが消えるのを見て満足げに頷くやり手ばーさんぶりが印象的でした。

中宗が亡くなってからは次の仁宗のお付きとなっていたみたいですが
(仁宗には幼い頃からのお付きのパク尚宮もいるのでダブルで付いてましたね)
明宗時代はなにをしていたか不明です。


パク尚宮(世子付き)

おそらく、2番目の王妃についていた尚宮?ですよね?
世子(仁宗)を生んですぐ亡くなったのでそのまま世子付きになったのかと。
敬嬪の「あら、その真珠落ちてたの?拾ったあなたのものじゃな~い?」という
わざとらしい賄賂攻勢をきっぱりと断り、世子に忠誠を尽くし続けた人です。
立場が危うく、身体も弱かった世子なので、ご苦労は多かったでしょうね。


チャン尚宮(明宗付き)

3番目の王妃である文定王后の生んだ慶源大君付きの尚宮です。
幼い大君が転んだのを見たナンジョンがエラそうにこの人を叱りつけてました。
大君の後ろ盾はこわーい王妃とヒステリック・ナンジョンなので
緊張感あふれる業務をこなしていたと思われます。


チョ尚宮(世子嬪付き)

世子と長い間合宮しなかった(最後には合宮してたのでしょうか?)
可哀想な嬪宮付きの尚宮です。



残念ながら、大妃殿の尚宮を見過ごしていました。
終盤に大妃付きの尚宮が変わってますよね?
前のお方も変わってからのお方も名前を覚えていません・・・
どなたかおわかりになる方、教えてくださいませ。


追記
にきちさんからのコメントにより
大妃殿の尚宮はポン尚宮→ホン尚宮だったのではないかという
情報を得ることができました。
私も「ポン尚宮」というのをかすかに記憶していたので
おそらく正しい情報ではないかと思われます!
でも尚宮変更の理由などは不明です。
スポンサード リンク

<女人天下 相関図 その10-4 文定王后派(小ユン派)>

ほそぼそと続けてきた韓国ドラマ「女人天下」の登場人物紹介ですが
今回は朝廷の臣下編の最後として
王妃派(小ユン派)についてまとめてみたいと思います。

と言ったものの、小ユン派って、ほとんどウォンヒョンくらいしか
ちゃんと描かれてないんですよねえ・・・
あとはちゃんと出てくるのは女好きイム・ペクリョンくらいかな。
ほかの取り巻きは登場も終盤からだし、“その他大勢”扱いなんです。

ということで、ちょっぴり内容が薄くなりそうですが、お付き合いくださいませ。


<小ユン派な人々>

同じ坡平尹氏(坡平ユン氏)の中でも
中宗2番目の王妃の息子(後の仁宗)をおす大ユン派と
3番目の王妃とその息子(後の明宗)をおす小ユン派にわかれて
熾烈な争いが繰り広げられたらしく
大ユン派に関しては「世子派」の中でご紹介しています。(記事はこちら
小ユン派はナンジョン夫のウォンヒョンを頭とする派閥です。


ユン・ウォンヒョン

王妃(ユン妃)の兄。(史実では弟)
中宗と結婚してもずーっと男の子が生めなかった王妃は
自分の立場を守るためにそりゃーもう苦労したみたいです。
(ドラマではふんぞり返っており汚れ役はナンジョンの役目ですが
あの陰謀うずまきっぷりを見ているとみんな大変だったんだろうなあと思います)
その間は官位もねだらずじーっと腰を低くしてなりをひそめ、
王妃がようやく大君を生んだときからやっと日の目のあたる場所へ。
その慶源大君が王位につくと、この世の春とばかりに権勢を誇ります。
王をうわまわる財産を蓄え(もちろんぜーーんぶ賄賂)
王がいただく食事のようにスラと呼んだり、とにかく王のように暮らしたそう。

でも政治のことはそっちのけで自分の懐のみをあたためたため、
大衆は飢え、乱世となっていたようです。
ということで、後ろ盾の王妃が亡くなると、とたんに追放される側に。
明宗でさえも叔父を守りきれなかったみたいですね。
ドラマでは側妻(のちに正妻)のナンジョンが死んだと思い
後追い自殺したとなっていますが実際はどうだったのでしょうね・・・。


ユン・ウォンロ

ここに入れていいのかちょっぴり悩みましたが
たぶんこの方も最後は小ユン派の一人だったはず。
王妃の長兄です(史実では弟)。
ウォンヒョンと折り合いが悪かったのでしょうか?
王妃の命により賜死させられちゃいました・・・


イム・ベクリョン

科挙を壮元(首席)及第したアタマのよい学者さん。
それに加えて、風貌もよい男という設定でした。
「槐馬」という別名も知られているみたいですね。
ドラマではメヒャンやらウォルヒャンやら
妓生との恋バナシーンばっかり出てきますが、
エコーおじさまのナレーションを聞いていると
実は朝廷でそこそこ目立つ立場だった人なんだろうなと思わせます。

最初は外戚を遠のけて清く正しく進む学者像が描かれていましたが
最後は小ユン派の中心人物となったようです。
明に向かう途中で馬から落ちて死んじゃいます。


取り巻き3人衆

朝廷が灼鼠之変で揺れるさなかに、
それを遠巻きからじっと眺めて自分たちの出番を伺う3人がいました。
まだ立場が危うく出世する前のウォンヒョンに近づき徒党を組みます。
王妃が大君をうみ、無事明宗となってからは、
ウォンヒョンと一緒にウヒョウヒョ状態を楽しんだものと思われます。

チョン・スンプン・・・士林迫害で官職を剥奪されてくすぶっていましたが
途中で知中枢府事になってます。その後はもっと出世しているでしょう。

イ・ギ・・・義父のせいでよい地位につけずくすぶっていましたが
兵曹判書→左議政へと昇進するところまでが描かれていました。

ホ・ジャ・・・閑職にいてくすぶっていましたが、
途中で礼曹判書になっています。その後はもっと出世しているでしょう。
スポンサード リンク

<祝!Yahoo!動画最終回配信完了>

なぜ「祝」なのかどうか、書いてる自分も定かではないのですが、
(しかも私のPCったら「しゅく」って入れると「粛清」の「粛」に変換するし・・・)
本日最終回の150話が配信されましたね。

みんなの死までをくるくるくるっと済ませちゃったという感もありますが
とにもかくにも長い道のりを歩き終えた皆さま、お疲れ様でした。

ヤフーが配信し始めた頃は、
「最後まで無料で配信してくれるの?」というレビューを見かけましたが
ヤフーさんったらなんて太っ腹なんでしょう。
一日一話ずつ、きっちり無料で配信してくれましたねー。
これぞまさに一日一善でございますよ!
今後もおもしろい歴史ドラマの配信に期待しています!

そして女人天下がご縁でこのブログをご覧いただいたり
楽しいコメントをお寄せくださった皆さま、ありがとうございました。

相関図の残りは近日中にアップする予定ですのでお待ち下さいませ。
(他のドラマのあらすじも追々充実させます)

これからの人生を卑しい輩にならないように生きようと
決意あらたに深夜を過ごすうめ子でした。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント