*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王と私」あらすじ 4話>

内侍府長チョ・チギョムを斬ろうとした睿宗(イェジョン)をチョンヒ大妃が制止。
チギョムは投獄され、内侍たちは王命を受けた護衛たちに叩き打たれ、
アレの塩漬けが入った六根壷が次々と割れていきます。掃除は誰がするんでしょう?
血なまぐさい朝廷の争いを目の当たりにした者乙山君(チャウルサングン)は
自分が世継ぎでないのに安堵しつつ、内侍府長が王に逆らうとは!と憤慨気味。
一方、チョンドンの目には内侍府長の姿が立派に映ったようです。

内侍府長を処刑したら元老は去ると睿宗に告げるハン・ミョンフェ(上党君)。
内侍府長は先王の命を救った忠臣だとチョンヒ大妃も主張しました。
こうして睿宗は垂簾政治の終了と引き換えに内侍の禁婚令を撤回します。
財産を没収され宮殿を去るチギョムを、部下たちが頭を下げて見送るのでした。

「改革に燃える若き睿宗とそれを支える亀城君やイ・チャンら新進勢力」VS
「先王からの功臣ハン・ミョンフェやシン・スクチュと内侍府」の対立が深まる中、
チギョムは秦の時代から宦官に伝わる秘伝書を養父のノ内侍にもらいます。
それには、王を廃して新しい王を擁立する方法が書かれていました。
チギョムはハン・ミョンフェと密談して互いの利益が一致することを確認。
コトが成功すればチギョムが内侍府長として返り咲くという念書を書かせます。

チギョムはノ内侍の古い知り合いであるパク侍医に恐ろしい薬を調合してもらい、
自分に心酔する部下ユン・ソックァンに仕込ませました。で、睿宗があっさり崩御。
ソックァンは口封じのため始末され、彼の上司である尚薬ヤン・ソンユン薬丸裕英が
長年の親友チギョムの仕業だと見抜いて怒鳴り込むのでした。

泥棒騒動の怪我で大道芸ができなくなったムン・ソウンが内侍院に売られます。
自分は生まれつき不完全な男だとチョンドンに打ち明け、友情を誓い合います。

次の王を誰にするかについてのハン・ミョンフェの考えはこうでした。
「睿宗の子供(斉安大君)はまだ幼いうえ、将来父の死因に疑いを持つとやっかい。
だから亡くなった世子(睿宗の兄)の子供がよいが、長男の月山君(病弱だし)よりも
まだ妃のいない者乙山君に自分の娘を嫁がせれば思いのままにできる・・・」。
こうしてミョンフェと元世子嬪のハン氏が結託。続いて大妃にも働きかけました。
王になることが決まった者乙山君はソファへの恋心をチョンドンに伝言させます。
宮殿へ向かう新王を見送る人々の中には、ハン家を追い出された乳母オ氏の姿も。
そして、者乙山君から恋の証である玉牌の片割れを受け取ったソファもいました。
見つめ合う新王とソファ・・・。チョンドンが失恋した瞬間でもありました。
スポンサード リンク

<「王と私」ウォラ役のユン・ユソンさん>

現在あらすじをアップしている韓国ドラマ「王と私」で
主人公チョンドンの養母ウォラ役で出演されている
ユン・ユソンという女優さんがいます。

私は「宮」の王后役で初めてお見かけした後
「火の鳥」に医師役でちらっと出たのを見ました。

「王と私」にも出ているのを見ながら
姿晴香さん系のお方だな~っと思っていたのです。
お顔のつくりが小作りな印象で、たおやかで、
トシをとっても若く見えて色っぽい感じとでもいうのでしょうか、
そんなタイプです。お声の質も似ていると思う。

姿晴香さんより正統派美人度は落ちるかな?と思うし
私の好みのお顔ではないのですが、
それでもなんだか見つめてしまう、気になる女優さんでした。

しかしですねえ、ユン・ユソンさんのプロフィールを見てびっくり。
1969年生まれなんです。

へ?

もっと上の年齢かと思っていましたよ。
ごめんなさいです。
「上だけど、若く見える」と思っていたのです。

ということは老け顔ではないのに老けて見える、
不思議なお方ですね。
なんかますます目が離せなくなってきました!

ちなみに姿晴香さんは1952年生まれです。
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 3話>

激流にのまれたソファを助けて洞穴へ運び、肌を寄せて温めるキム・チョンドン。
目覚めたソファは驚きますが、チョンドンのケガに気づき布をまいてやります。
チョンドンがソファをユン家に連れて行くと、処置が適切だったと医官は評価。
正言ユン・ギギョン(ソファ父)はチョンドンに礼を言いながらも
(娘に男の噂が立ったら大変なので)節度をわきまえろと釘を刺します。
ソファ兄のギヒョンは低い身分のチョンドンが気に入らずビンタしました。

内帑庫(ネタンコ)の調査のために、不足分を埋める必要が出てきました。
過去に使った不足分を埋めさせようとするチョ・チギョム(内侍府長)に、
内侍OBの尚膳(「女人天下」の敬嬪実父を発見)たちが大反発(金持ちなのに)。
するとチギョムが、尚膳たちの不正を暴くと脅して不足分を返納させます。
それでも睿宗(イェジョン)は内侍府への追撃をゆるめません。
ユン正言(ソファ父)の意見を認め、内侍の家族を減らすため禁婚令を出しました。
睿宗は内侍や元老を追い出して新進勢力(亀城君ら)と改革したいんですね。

鼓子(コジャ)と馬鹿にされ実子も残せないうえに家門も存続できないとは!と
チギョムをはじめ内侍全員が六根壷(アレの塩漬け入り)を手に座り込んで抗議。
宮殿の業務が滞り、埃が舞うので斉安君(チェアングン)の目の病も悪化します。
それでも強硬な姿勢を崩さない睿宗に、自分が政治を行うと大妃が宣言しました。

内子院入学で大金を手にした没落両班の息子チョン・ハンス。
実家が抱える借金をノ内侍に投げ返すと、ノ内侍は怒らずその度胸を気に入ります。
しかしチョンドンが養子にしたいと思っているのはチギョムでした。
ウォラはチギョムの申し出を断り、刀子匠(アレを切る人)にさせることに。
ところがチョン・ハンスが切除する儀式に衝撃を受けて早速ダウンです。
あるとき乳母のオ氏はチョンドンの家で血文字が書かれた布を見かけますが、
記憶を失っているのでかつて自分が書いたものだとは気づきませんでした。

山で助けてくれたお礼としてソファがチョンドンに書物をプレゼント♪
文字のレッスンも始めて二人がどんどん仲良くなっているある日のこと、
俺の結婚相手を見せてやる!と者乙山君がチョンドンを連れてユン家へ行くと、
ユン正言に文句をたれに押しかけた内侍妻軍団を追い払うソファを目撃しました。
者乙山君が婚約した相手がソファと知ったチョンドンは驚きます。
その後、宮殿に行った男子二人は、内侍府長を斬ろうする睿宗の姿を見ました。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント