*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王の女」あらすじ 41話>

第41話「卑屈な心」

最後に西宮(仁穆王后)を守ろうとして亡くなったチ尚宮(チョンボク)。
長年の親友の死はケトン(キム尚宮)に大きなショックを与えました。
西宮はチョンボクの忠臣ぶりに涙を流しながらも、自分が死んだことにしておきます。
事件がイ・イチョムの仕業だと確信するパク・スンジョン(領議政)が告発を決意。
イ・イチョムをひがんでいたユ・ヒブン(王妃ユ氏兄)は、しめしめ♪状態です。
ほかの臣下からの風当たりも強く、イ・イチョムの立場は悪化しました。

実は西宮は死んでおらず生きているとイ・イチョムに教え、
反対にパク・スンジョンとユ・ヒブンを蹴落とせとけしかけるケトン。
大妃が生きている!?と聞いた光海君は、女官長ヤン尚宮を西宮に派遣します。
ケトンは女官長と西宮へ行き、死んだのはチョンボクですよね?と迫りました。
こうしてパク・スンジョンとユ・ヒブンは光海君の信用を失ってしまいます。

ケトンがある夜、実家で飼っていた牛のことを光海君に話しました。
畑を耕し続け、老いると精肉店に売られ、自分たちは服を買って肉を食べた、
そこまで主人に尽くせるなら幸せだ(つまり自分もそこまで尽くしたい)・・・と。
年をとって宮殿を出て行くなら一緒に出て行く・・・と抱きしめる光海君でした。
後日ケトンが、チョンボクは人ではなく牛だったのだ・・・と祈りを捧げています。
友達が牛だったというのもどうかと思いますが、まあ理屈はわかりますね。

保守派の要人だったイ・ウォニクが謀反を認めてくれた!と喜ぶイ・グィたち。
そこへ、イ・ハンミンに鍛えられたイ・ギチュク(ソンイの夫)が登場します。
ばっさばっさと護衛をやっつけ、なんと文字も習得してますよ!
自分の妻が有名な人相見のトンジョンウォルであるとイ・ギチュクは告げ、
今度の戦いで活躍して功臣になりたいから先陣を切らせてくれと頼みました。

ユ・ヒブンとユ・ヒバル兄弟は、ある日キム・リュと綾陽君(ヌンヤングン)を目撃。
謀反の動きを察知しても、王妃のすすめを断り、ケトンには相談しません。
虎退治の兵が多くない?と疑うイ・イチョムに、何でも疑うのか?とパク・スンジョン。
しかし隠居したチョン・イノンはすぐさまピン!ときてイ・イチョムにしらせます。
やがてパク・スンジョンとユ・ヒブンが光海君に必死に謀反の恐れを訴えますが、
二人は西宮の死亡事件で信用を失っているため信じてもらえませんでした。
しかもユ・ヒブンはこれらの情報をイ・イチョムには隠していたのです。
ケトンは親友の死で朝廷に関心を失い、光海君から去ろうと思い始めていました。

そんな中、キム・リュを大将、イ・グィを参謀として起こったのが仁祖反正です。
彼らはクーデターが成功しても光海君を生かすと決めていました(破倫なので)。
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 40話>

第40話「反乱勢力」

キム・リュの夫人は、夢に出てきた男が家の前で雨宿りをしているのにびっくり。
これも何かの縁だと思い、綾陽君(ヌンヤングン)を家に招き入れます。
幼い頃に自分が描いた馬の絵(繋馬図)がその家に飾られているのを見た綾陽君は、
キム・リュが帰宅すると自分の身分を明かして結託しました。

大妃(=西宮/仁穆王后)の廃位を果たし、いよいよ漢陽を去るチョン・イノン。
もう汚れた仕事をするな・・・とケトン(キム尚宮)とイ・イチョムに言い残します。

光海君は清廉なパク・スンジョン(世子妃の祖父)を領議政に抜擢。
イ・イチョムとユ・ヒブン(王妃ユ氏兄)とともに朝廷を束ねさせます。
さらに西人のイ・ジョングを再登用することで「不偏不党」の意を示しました。
また、傾きかけた明から後金討伐のための出兵を要請された件については、
後金とは戦わずにどちらの肩ももたないという中立の姿勢を貫こうとします。
(本当はこのあたりの意見対立が後のクーデターの大きな要因らしいのですが
このドラマはケトン中心のせいかそんなに触れられていませんね)

西宮は、都に訪れる明からの使節に接触しようとしていました。
謀反を企むイ・グィは、虎の出没を理由に都の近くに兵をおく許可をもらいます。
謀反の噂を聞きつけたユ・ヒブンですが、妙なプライドが邪魔するらしく、
イ・イチョムやケトンと協力せず、この頃から光海君ブレーンが決裂していきます。

ケトンとイ・イチョムが、大晦日の仮面舞踏を利用して、西宮に刺客を放ちました。
ところが夢に出てきた宣祖のおかげで危機を察した西宮は寝殿から逃れており、
大妃の服を着て扮装したチ尚宮(チョンボク)が身代わりとなって亡くなりました。
かわいそうなチョンボク!きれいな服を着て死ねたことが救いと思いましょう・・・
西宮が死んだ!と噂が流れる中、スルどいケトンは真実に疑問を抱きました。
チョンボクが不在なうえ、廃位された西宮が大妃の華やかな衣装を着ていたからです。
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 39話>

第39話「大妃の廃位」

チョン・イノンらが必死に請願しても大妃(仁穆王后)の廃位に同意しない光海君。
イ・イチョムに相談されたケトンは「名分をつくれ」と指馬為鹿の故事を挙げ、
1200人の役人全員を呼んで「可」か「否」かを書かせることにしました。
勢力を誇るイ・イチョムに睨まれては大変!とほぼ全員が「可」と記し、
50人だけが無記入を貫くことで破倫への反意を示したそうです。
人望のあついイ・ハンボクは、「可」とは書かずに反対の上書を送りました。
するともちろんイ・イチョムらに弾劾され、北青(プクチョン)への流刑が決定。
綾陽君が幼い頃に描いた繋馬図(ケマド)をキム・リュに渡した後で旅立ちました。

光海10年、廃母されて“西宮”となり、後宮と同じ処遇で暮らすことになった大妃。
私の位を奪えるのは先王だけ!先王を連れてこい!と王命を告げる承旨に言い返し、
あの世に行くときはチョン・イノンやケトンが道連れだ!と鼻息荒く抵抗します。
弱気を捨て、これからは復讐に燃えたぎった心で生き延びると決めたのです。

宣祖やヤンファダンが出てくるちょっぴり安っぽい夢にうなされ、寝込んだケトン。
王妃と世子夫妻との食事の誘いをことわって見舞いにおとずれた光海君に、
光海君のそばから退き宮殿のすみでひっそり暮らしたい・・・と話しました。
父とケトンの関係を理解できない世子チルは、ケトンを捨てろと光海君に抗議。
これまでの苦労も知らずにケトンをけなす世子を、怒った光海君が追い払います。

イ・ハンボクは大妃に下された悲しい処分を聞いた後、63歳で亡くなりました。
彼を慕っていた学者は嘆き、光海君も重鎮の死を深く悲しみます。
ちなみに、ハンボクが流刑される途中で詠んだ次の詩が有名だそうです。
 ♪鉄嶺の高峰でひと休みする雲よ♪
 ♪孤独な臣下の無念の涙を雨に変えて運んでくれ♪
 ♪そしてあの方が住む宮殿の上に降り注いでくれ♪

都の片隅では、イ・グィやキム・リュによる反乱計画がひそかに進んでいました。
ある日、キム・リュの夫人の夢に見知らぬ男(綾陽君)が王として登場します。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント