*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 95話>

チャンヒビン第95話「対立する老論(ノロン)派と少論(ソロン)派」

男の大事な部分を禧嬪から掴まれて失神した王世子は、高熱で寝込みます。
王世子まで害そうとするのか!とますます怒り心頭の粛宗。
やがて目を覚ました王世子は、看病していた淑嬪チェ氏に母の救命を頼み、
チェ氏は禧嬪が王妃を呪ったことを教えました。

長らく病欠していた大司憲キム・チャンジプが朝廷に復帰しました。
彼の主張は、禧嬪の処刑と王世子の廃位。ナム・グマンと意見が食い違います。
キム・チャンジプはかつてのパク・セチェのように率直に意見を述べる性格で
後に老論派の四大重臣として敬われるそうです。
粛宗から知義禁府事(チイグムブサ)に任じられたキム・チャンジプは、
まずは東平君から処分すべきだと直言しました。

すると東平君の母(崇善君夫人)が、息子の死刑を見たくないと自害!
王室のためと言いながら禧嬪にすがって権力に媚びているように見えると
息子を評する生前の崇善君夫人を、東平君の妻パク氏は思い出すのでした。

クォン尚宮、ソリャン、マンネ、スクチョンの4人は仲良く(?)収監中♪
マンネ一人だけがじたばたと悪あがきをして、うるさく叫びまくっています。
牢獄で“道具のいらないマンネの3分間呪いんぐ♪”とかできないのかな?

禧嬪の罪を論じるキム・チャンジプをナム・グマンは遮り、
供述書に禧嬪の差し金だとは書いてないとあくまでもかばい続けます。
二人と粛宗の話し合いの末、マンネが軍器寺で処刑されました。
巫女を消したいわけじゃない!と、キム・チュンテクはキム・チャンジプに抗議。
不満なら科挙に合格してお前が官吏になれと、もっともなことを言い返されます。
しかし同じ不満をミン・ジヌ(亡き王妃兄)ら全員が抱えていたようです。

チェ氏付きのパク尚宮が王世子の使いで軟禁中の禧嬪に食事を届けると、
東平君の処刑やマンネの打ち首を知って気弱になった禧嬪は
パク尚宮に話し相手になってくれとまで言い出しました。
そしてクォン尚宮らの無事を知り涙を流し、ナム・グマンを呼んでくれと頼みます。

これまで事件を内々に論じてきた粛宗が、臣下たちと公に議論することにしました。
チャン・ヒジェの余罪を追及して極刑に!そして禧嬪も死刑に!と望む臣下たち。
そんな中、王世子を思うナム・グマンだけはいつもの通り反対します。
禧嬪らの処刑に持ち込めないミン・ジヌとチョ・テチェを、チュンテクはまた責めます。

ヒジェと中軍パク(済州島役人)が、都へ到着しました。
遠い地で浦島太郎状態だった二人は、禧嬪の窮状を知ってびっくり。
牧使との事前打合せ通り、ヒジェを逃亡者として告発しようかと迷う中軍でした。
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 94話>

チャンヒビン第94話「王世子は渡さぬ」

拷問にかけられた途端に、禧嬪ママ~!と叫び始めた巫女マンネを、
この根性なしのアホ巫女め!という表情でスクチョン(ヒジェ妻)が見つめます。
痛みには弱いらしいマンネは、ペ~ラペラペラペラと事細かに自白を開始。
門番の手引きは禧嬪がしたのか?と粛宗から問われたスクチョンは、
禧嬪でなく東平君が手引きしたのだと答えました。

ミン・オンリャン(南人派)がキム・チュンテク(西人老論派)を呼び、
お前を弾劾する上奏文を出すぞと警告すると、全く動じず嘲笑するチュンテク。
チュンテクは禧嬪らの悪事がすべて暴かれたことを教えて去ります。 
この場面で、私はやっぱりチュンテクを好きになれない!と思いました。なぜ?

禧嬪一人を処分するなら粛宗も悩まない、尚宮も内禁衛も関わっているから
裁くのを躊躇しているのだと主張し、大臣らに王世子救命を願うパク氏(嬪宮母)。
ナム・グマンも、“王世子のために”といつものごとく直訴します。
すると粛宗は、今はグム王子(淑嬪チェ氏の息子)がいるのに
それでも王世子を守る必要があるだろうかと問いかけるのでした。

ヒジェ(禧嬪兄)は牧使の黙認のもと、済州島を出て都へ向かうようです。

王世子を殯殿(びんでん=王妃を祀る部屋)に連れ戻そうと就善堂を訪ねた嬪宮は
怒った禧嬪から叩き出されてしまいました。
粛宗は殯殿を守らない王世子を怒り、連れ戻せ!とチェ宦官に命じます。
けれども禧嬪は、王世子が具合の悪い自分を看病中だと伝言しろと言い、
王世子は渡さない!と怒鳴り返すのでした。
頭に来た粛宗は、就善堂に内禁衛(ネグミ)の兵士を出動させます。

押し入る兵士に、目を充血させて烈火のように泣き叫んで抵抗する禧嬪!
しかしここでさらなる事件が勃発します。
王世子を引き離すまいと禧嬪ががむしゃらに伸ばした手が、
なんと王世子の局部をムギュッ!と掴んでしまい、王世子が気絶するのです。
このせいで景宗(王世子)は世継ぎに恵まれなかったといわれているそうです。
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 93話>

チャンヒビン第93話「新たな証拠」

禧嬪チャン氏からこれまでの悲運と悔しさを切々と語られたパク氏(嬪宮母)は、
王世子を助けてくれと領府事ナム・グマン(西人少論派)に懇願します。

禧嬪はとうとう淑嬪チェ氏に頭を下げ、クォン尚宮とソリャンの救命を頼みます。
けれどもチェ氏は、自白すれば?と冷たく突き放しました。

息子フィは母チャグンアギにスクチョンらの罠を知らせ、
キム・チュンテクとチャグンアギは罠にかかったふりをしてチャン家を訪問。
二人を拘束して始末するつもりのスクチョンでしたが、逆に罠にかけられ、
居合わせた巫女マンネと一緒に兵士に捕らえられてしまいます。
マンネの往生際の悪さがいい感じ♪でした。呪いパワーで撃退できないようです。

臣下の関与を禁じたまま、粛宗による尋問は続いていました。
パク尚宮(淑嬪付き)は悩みぬいた末、禧嬪を訪問。
殿下はもう祭壇も巫女のこともご存じで禧嬪様の自白を待っています!
宮殿で30年間を共に過ごしたクォン尚宮の命を救ってください!と訴えます。
あやつらの罪をなすりつけるのか!と禧嬪は尚宮を追い返しました。

マンネとスクチョンの逮捕を知り悩む粛宗に、チェ氏がある似顔絵を渡します。
それは、クォン尚宮らを助けたいと思った就善堂の侍女が掘り出したもので、
呪いに使われたあの似顔絵。さすがに粛宗は大きな衝撃を受けます。

あの優しい王妃様を呪ったのですか?と素朴な疑問を投げてくる王世子を、
禧嬪はぎゅっと抱きしめ、就善堂から出ずにここにいろと言うのでした。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント