*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王と私」あらすじ 28話>

地位を利用して官位の売買を行った元老こそ弾劾されるべき!とキム・チョソン。
元老派と正面衝突しかけるも、護衛部(ト・グムピョ部下)がチョン・ハンスに従わず
チョソン率いる若い内官たちはとりあえずの勝利をおさめました。
ハンス側は上党君(ハン・ミョンフェ)が朝廷に働きかけることで挽回を狙い、
チョソンは上司たちが不正を明らかにすることや内侍府長の潔白を認めること、
そしてト内官の解放を求め、一時休戦状態となります。

内侍府長は没落するから他の男と結婚したら?とチギョム妻に毒薬を渡すソリョン。
オ尚宮とウォラはお互いの夢を照合して、カギは過去の謀反にあると判断します。
オ尚宮に追及されたチギョムは、夫(チギョム親友)が死んだことを明かしました。
夫とオ尚宮が二人でいる現場をチギョム妻が目撃し、また誤解しちゃってまーす。

女官が若い内侍の改革に賛同しないようベテラン尚宮たちが律しようとする中、
不正は正すべきと考えるオ尚宮は孤立。ソファ(王妃ユン氏)は尚宮たちを叱り、
オム淑儀は王妃に反感をもつ尚宮に賄賂を渡して自分側へと取り込みます。

困窮する内子院のために、内侍たちはカンパして米や絹を届けています。
ソグィのかわりに一日講師サービスまで!チェ参奉の教えより役立ちそうです♪

ハン・ミョンフェは王妃兄を手なずけ、内侍府の下克上を非難させます。
内侍府のことは静観しろと言ったのに!と怒る成宗でしたが、
内侍府長とチョソンの処分を迫る朝廷の声は大きくなる一方でした。

ある日、ソファに呼ばれたチョソンは、仲間と約束していた集会に遅刻します。
そこへ監察部が踏み込み、内侍らが襲われます。駆けつけたチョソンも襲われ、
チョソンをかばおうとしたイ・ギルトン(小宦)が死んでしまいました(涙)
そして成宗とチギョムが約束した一ヵ月後の期限の日、
喪輿(サンヨ・棺を納める小室)を担いだ内侍軍団が正門前に集合します。
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 27話>

チョン・ハンスと内侍府各部の長たちはキム・チョソンらを殴りつけますが、
下級内侍に加勢する人数は増える一方でした(小宦をかばうゲナムかっこいい♪)。
これは下克上ではなく不正を正す改革だ!と信義に燃えるチョソンたち。
女官にもチラシを配って改革キャンペーンへの協力を呼びかけました。
インス大妃は『内訓』をソファ(王妃ユン氏)に渡して内命婦の同調を牽制します。

捕らわれたト・グムピョ内官に会いに行き、命をかけて闘うと誓うチョ・チギョム。
自分と組めば命を助ける・・・と怪しくささやくソリョン(ノ内侍幼女)。
ところでト・グムピョ内官は、髪をおろすと要潤くんに似てますね!
ト内官不在なので監察部が支配する!と宣言するハンスに護衛部の皆は不満げです。

内子院をめちゃくちゃにされたことに憤るケドチが内侍府の前で抗議し、
ハンスの命令でボコボコにされます。みんなケドチに“切って”もらったのにね~!
ウォラが心配して世話してくれるので「死にかけた甲斐があった」とケドチは喜び、
食べるものもない内子院にウォラは大王大妃からもらった指輪を提供します。

チョソンに食料を差し入れた女官ホンビを、信用ならない!と嫉妬するムン・ソウン。
そのホンビ(オム淑儀付き)はユン淑儀の女官と、夜伽を奪った・奪わないで喧嘩し、
夜伽をゲットするための賄賂が横行していることがソファの知るところとなります。
100日間のおつかえ禁止と禁足令が下されてもまったく反省していないオム淑儀を、
町娘のように振る舞うな!とスクキョン(ユン淑儀)が厳しく律するのでした。
ところがソリョンの助言で、オム淑儀が席藁待罪(ソッコデジェ)をスタート。
穏便に収めようとするインス大妃、反抗するソファ、とりなすチョンヒ大王大妃。
内命婦の問題はソファにまかせ、オム淑儀の件は不問に付すことになりました。

元老会議の日に騒動が起きても見ないふりをしてくれとチギョムが成宗に依頼。
内侍府改革を歓迎している成宗は、その後は朝廷を改革するとチョソンに話します。
どうでもいいですが、チギョムと童顔杏里(夫人チョン氏)が仲直りムードです。
16で嫁いで22年連れ添ったその年月のことをしみじみと話していますよ。

チョソンから元老会議の解散を迫られても、ノ内侍は相手にしません。
そんな折、先走ったハンスの手下がチョソンを拘束し、生き埋めにしちゃいました!
目撃した女官ホンビ(チョソンに惚れた?)が内侍仲間に知らせて事なきを得ます。
そして天下分け目の元老会議では、内侍府長チョ・チギョムの罷職があっさり決定。
そこへ若き内侍たちの大群が押し寄せ、元老会議に反対を唱えはじめました。
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 26話>

内侍府長チョ・チギョムが改革を宣言し、賛同者を集めるキム・チョソンらに、
イ・ギルトンという小宦(ソファン=見習い内侍)らも協力を申し出ます。
チョン・ハンスは睿宗毒殺事件のことをヤン尚薬に追及して引っぱたかれました。
もともとチギョムが気に食わなかったインス大妃はチギョムに退職を迫り、
辞めたら使用人長に雇ってやろう♪とハン・ミョンフェ(上党君)がせせら笑い、
さらに義禁府長パクと組んでユン・ギヒョン(王妃兄)を陥れようとたくらみます。

チギョムが内子院生を不正に入学させていたとして、ハンスが内子院を調査。
内子院から財物を没収したハンスに、もう友とは思わないとチョソンが宣言します。

国政の話を成宗にするなと側室たちに言い渡すソファ(王妃ユン氏)。
オム淑儀がしらじらしく否定し、それをユン淑儀(スクキョン)が責めました。

内侍府おエライ方の不正な蓄財を詳細に記した帳簿をチギョムがチョソンに託し、
ト・グムピョ内官には暗殺者名簿を預けました。ところがト・グムピョ内官が
ソリョンの罠にはまってノ内侍の家へ行き、しびれ薬を飲んで捕らわれました。
内侍府長チェアーにエラそうに座り、ト内官を捕らえたとチギョムに話すハンス。
自分の進退が決まる一ヵ月後までには内侍府長の権限を捨てるから、
そのかわりにト内官の命を保証しろというチギョムの条件をハンスが承諾します。
チギョムへの忠誠心にあふれるかわいいト内官は、厳しい拷問に耐え抜きます。
(チギョムは貧しかったト内官を救い、口で膿を吸って去勢してくれたとか)

ヤン尚薬が突然ノ内侍を訪ね、病気だと聞きました~と薬を渡します。
わしゃ病気ではないぞ!と答えるノ内侍に、もうろくしたはず♪とヤン尚薬。
もうろくしてなければなぜ家門のために内侍府を混乱させるのだと非難し、
いつものあの歌を口ずさみながら悠然と去って行くヤン尚薬でした。

若手内侍と小宦が「内侍の各部長が賄賂を受けた」という告発文を宮中に貼ります。
結束した下級内侍たちが、各部長たちの退職を要求しはじめました。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント