*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「女人天下」と「チャングムの誓い」の功臣たち>

この記事でもちらりと書いていますが
「女人天下」と「チャングムの誓い」はともに中宗の時代を舞台にしたドラマです。
功臣たちについて気づいたことがあるのでざっくりと検証してみることにしました。

まず「チャングム」初回で若きチェ尚宮が大妃の食事によからぬものを仕込みます。
このときの時代背景は成宗時代(か燕山君時代?)だと思いますので
どちらにしても大妃=仁粹(インス)大妃のことを指しているであろうと思います。
チェ・パンスル商団は仁粹大妃に冷遇されていた一派と通じていたのでしょうね。
続いて第2話でチェ・パンスル商団が司憲府に踏み込まれたとき、
「イム・サホンの配下だ」とはっきり答えて威嚇しています。
ということはイム・サホンとつるんでいたと思ってよさそうです。

いかしイム・サホンをチェ・パンスルが見限ったのかどうかはわかりませんが、
「チャングム」第4話によると料亭に通うオ・ギョモを見て「大成する」と見込んで結託。
(おそらく商団の資金を流すことで)中宗反正に協力しました。
そしてこのオ・ギョモは敬嬪派で間違いないと思います。
なぜならチェ尚宮と兄パンスルがオ・ギョモの出世を喜んだり、
オ・ギョモが朴元宗(パク・ウォンジョン=平城君)派だという会話があるからです。
パク・ウォンジョンは中宗反正で活躍した人で「女人天下」敬嬪の養父。
なのでチェ・パンスル商団がヘーコラ付き従っているオ・ギョモは、
「女人天下」の止亭大監(ナム・ゴン)や華川君(シム・ジョン)的な人かなと。

ところが「チャングム」の背景はもっと複雑に設定されているのでしょうか。
第5話でチェ尚宮のおばで水刺間(スラッカン)最高尚宮が退くことが決まり
次の最高尚宮に誰をすえるか話し合っているときに
「あの人はナム・ゴン派だから(ダメ)」「あの人はシム・ジョンの親戚だから」と
候補に挙がった尚宮を次々に却下していくシーンがあります。
ということは、同じ敬嬪派とはいえども大監どうしでは牽制し合っていて、
オ・ギョモはナム・ゴンでもシム・ジョンでもない別の勢力者なのね~と思いました。
(しかもオ・ギョモったら科挙も受けずに遊びほうけていたとか!?)

第10話では「王妃様のおなかの子を女に変えるお札」を仕込むのを
チェ一族が手伝いますので(敬嬪の名前は出てきませんが)、
「女人天下」のエピソードを思い出すにつけ(フィクションとは承知していますが)
オ・ギョモやチェ一族はこの時点ではやっぱり敬嬪派かな~と思います。

そして「チャングム」後半にいくと(たぶん敬嬪は粛清されているので)
チェ一族は大妃(貞顕王后)派=元子派となったようです。
文定王后とその大君は王にしないぞ!ってな派閥のはずなので、
チェ一族は反ナンジョン&反ウォンヒョンってことになりますね~♪

今後DVD化によって「女人天下」がメジャーになれば
「チャングム」との関連を詳しく解説される方も現れるかもしれません。
私の気づき程度のことで申し訳ありませんが、メモがわりにアップしておきます。

※アクセスしてくださっている方、ご訪問ありがとうございます。
そしてたいへんお久しぶりです。
帰宅が遅い日が続き、書きかけの記事はあるのですがアップできていません。
BGMがわりにGyaoのチャングムを流していて気づいたので更新してみました。
近日中にあらすじ類を更新しようと考えております。その際はよろしくお願いします。
スポンサード リンク

<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 22話>

如妃(ユーフェイ)と皇后は相変わらず嫌味合戦。しかし落ちぶれた如妃が劣勢で、
娘の髪の毛を筆にする行事のことを知らされておらず、皇后の爪で娘を傷つけられ、
寒い欽安殿(キムオンティン)で太平経と道徳経の写経をしろと命じられました。
欽安殿で護衛にあたる孔武は、如妃の涙を目撃します。

祖母の死の真相を知った安茜はちょっぴり人が変わり、
後輩宮女たちに刺繍を教えながら、本当に急ぎの仕事などないから急がなくてよい、
完成してもぎりぎりに持っていけ、愚かと思われるようにしろと説きます。
その後、孔武の部屋で髪の毛を寝具に入れて縫い、ほころびを繕い、泣くのでした。

翌日、皇后を殺しに行くと決意した安茜の姿がありました。
止めようとする常(ソン)公公(小禄子)を傷つけ、仏に怒りをぶつける安茜。
そこには写経をする如妃がいました。安茜が皇后を憎んでいると知った如妃は
皇后を殺せるのは皇帝だけ、皇帝を動かせる人間になればいいとささやきます。

早速安茜は、小禄子(シウロッジ)に髪を結ってもらってイメージトレーニング。
昔の如妃より綺麗?勝てるかしら?と尋ねると、
協力するけど玉瑩と敵対することになるぞと心配する小禄子。
事情を説明すればわかってくれると思うと安茜は答えます。

皇帝は華貴人(玉瑩)を “小瑩子(シウインジ)”と呼んで、宦官プレイ♪
養心殿(ヨンサムディン)の通行証を見せびらかす玉瑩(ヨッイン)を
子をみごもらないと意味がないと淳貴人(爾淳)がせせら笑います。
ある夜、咳が止まらない玉瑩が、一緒に寝ようと安茜を誘い、二人は寝台に。
玉瑩は幼い頃の思い出を語り、安茜だけは信じられると打ち明けるのでした。
しかし安茜の決心は揺るがず、争ってでもやると覚悟を固めています。

写経をつづける如妃のそばに、以前の家来である小霊子(シウリンジ)が近寄り、
今は何もできませんが以前の恩は忘れていませんと話します。
そして、如妃の娘の体調が悪いのに皇后が隠していると教えてくれました。

安茜は先日のお詫びにと火鉢カバーを作って如妃にプレゼント。
それは、如妃の香り袋の臭いをかぐためでした。 
一番長く寵愛を受けた如妃ほど皇帝の好みに詳しい人はいないからです。

ある日、爾淳と玉瑩に囲まれてゲームを楽しんでいた皇帝が、
お茶を注いでくれた宮女が放つ自分好みの香りに気づきます。
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 32話>

成宗とすれ違ったその女性は赤い手ぬぐいを落とし、怪しく笑って去ります。

オ尚宮がノセ岩で生き別れた子供の行方の捜査をチョ・チギョムに依頼され、
育ててきたキム・チョソンがオ尚宮の子供と知ったウォラは衝撃を受けます。
本当の母に会いたい?とウォラから聞かれたチョソンは
自分にはすでに二人の母(ウォラとチギョム夫人)がいると答えました。

明への出兵について悩み続ける成宗がチョ・チギョムに助言を求めると
兵を出しつつも交戦を避けるための交渉をして両得しろと言われます。
頼もしいチギョムの復帰を望む成宗でしたが、今は時期尚早ですとチギョム。
成宗は出兵を決心し、出兵反対派のオ・ユソ(右賛成)を将軍に配します。
出兵賛成派の上党君(ハン・ミョンフェ)は高笑い。
けれども成宗は、“民を守れ”と将軍オ・ユソに言い含めるのでした。

チョン淑容付きのソン女官(タルレ)を妊娠させた男の調査は続きます。
ソファ(王妃ユン氏)はチョン淑容の酒の相手をしたムン・ソウンを呼び、
宮妓にブツの調査をさせて早々に犯人リストからはずしました。

チョン・ハンスとチョソンの監察部への配属が決まり、二人が3年ぶりに再会。
女官の相手を突き止めたほうが部長となるという取り決めが交わされます。
過去は水に流そうと話すチョソン、自分は水に流せないと正直なハンス・・・。
ハンスは内命婦の調査をソファに許可してもらい女官に拷問を始めました。
それを見守るハンス手下のシム・ギスが女官の相手っぽいんですけどねえ~。
一方ホンビの言葉にヒラめいたチョソンが恋愛の証拠を求めて女官の部屋に行くと
すでにシム・ギスが調べていまいしたが、枕の中から結び紐(細い帯)を見つけます。
ソファのやり方を見守ろうというチョンヒ大王大妃に、インス大妃はちょっと不満気。
チョン淑容は禁酒の札を下げて立つという罰を続行中です。
今度は慎重に行動しろと幼い燕山君から言われて悔しがっています。

可哀想なソン女官が、相手の男を明かさないまま、舌をかみきって自害しました。
ムシロにくるまれて運ばれる女官に、成仏してねとポドゥルたちが手を合わせます。
弱り果てた内侍府のエライさんに、、脱がせて検査すれば簡単よ♪とチギョム妻。
内侍全員の“ブツ”チェックなんてお断りだ!と嫌がるヤン尚薬でしたが、
禁酒令を出すぞ!とイタイところを突かれてしぶしぶ同意。
まずは自分のブツをチョソンとハンスに見せて合格をもらった後、
お偉方の“しなびれた枯れ木”を見て笑ってます・・・。完全にお笑いシーンです。

疲れた成宗は中宮殿で夜を過ごそうとしますが、ソファから体調不良だと断られ、
道ですれ違った怪しい女に会いたくなったらしくまたお忍びで外出します。
街角に立って女性を捜し続ける成宗を、思いっきり不審がるチョソン・・・。
夜まで粘った甲斐があってついに女性(オウドン)の家を突き止めた成宗は、
オウドンのカヤグムの音に涙を流し、そのまま眠ってしまいました。
オウドンは、妓生好きの遊び人だろうと成宗のことを推測しています。
そして、もうこんなことはしないとチョソンに誓った成宗が、あっさりと再び訪問。
そこへオウドンの相手(姦夫)を捕えたい泰康(テガン)守が乱入し、プチ逃走劇に。
宮殿に戻った成宗とチョソンを迎えたのは、にらみをきかせた怖い顔のソファでした。
飲んで帰る亭主を待つ妻のようです♪
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント