*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 68話>

世宗12 年(1430年)春、明の国境である鴨緑江(アムノクカン)では・・・。
国境政策が原因で、世子(後の文宗)ご一行が、明の皇帝との朝見を断られます。
閭延と慶源の陣営を撤退して国境を下げてほしいと東廠の長ワン・ジンは要求し、
女真族のイ・マンジュたちには明の官爵があるから明の領土だと説明されます。
もともと国境政策に反対だったユン・フェが撤退を申し入れても、世宗は拒否。
お前らだけは反対しないでくれよなっ(涙)とチョン・インジたちに頼ります。
チェ・マルリに閭延の築城現場に連れて行かれ熱弁をふるって説得された世子は
軍権もないのに築城を勝手に中止。三道都巡問使チェ・ユンドクも従いました。

知中枢院事イ・チョン、軍器判事チェ・ヘサン、護軍チャン・ヨンシルたちは、
強力な新兵器を開発するよう世宗に命じられて「今までの政策と違いません?」。
女真族が連合しつつあるから朝鮮が狙われるのに備えるのだと世宗が明かします。
そんなとき、チェ・ユンドクが世子の築城中止令に従い都へ戻ったのでムカーッ!
世子様をそそのかしたのか!?と工曹左参判シン・ジャンがチェ・マルリを責め、
王が意見を聞かないから世子様に止めてもらうしかないとユン・フェが話します。
この一連の出来事を、チョ・マルセンは流刑地にいながらしっかり把握してます。
昭憲(ソホン)王后も安平&晋陽(後の首陽)大君も、父に逆らう世子を非難。
余談ですが、新世子妃ポン氏は世子から全く相手にされていないようですね。

閭延(現在の平安北道の中江鎮)は女真族との境界地域で朝鮮の軍事的な要地。
明の朱元璋(洪武帝)が中原を統一した後も、遼東は争いの地だったそうです。
西では永楽帝の征伐で領土拡大した明が鴨緑江の北から遼河への国境線を確保。
遼東に散開していた女真族らは連合を模索しており、彼らの連合は朝鮮に脅威で、
その緊張の中心の閭延は死守すべき要地だった・・・とナレーションが入ります。

“自立した朝鮮”を望むと表明した世宗が、イ・スを兵曹判書に任命しました。
チェ・ユンドクをはじめとする将軍はイ・スを兵判とは認めず従おうとしません
チョン・インジは明の圧力を退けるための大義名分を必死で探してやっと発見!
高麗時代ユン・グァンが建てた北方9城の1つ「公嶮鎮(コンホムジン)」でした。
300年以上前に、高麗の歴代の王が領地として認めてほしいと明に申し出ており、
古地図にある定界碑が実在すれば朝鮮の領土として認めるとされていたそうです。
これを集賢殿チョン・チャンソン(スパイでした)が明のヘ・スにバラしました。

定界碑探しをイ・スに頼んだ世宗は「戻ったら酒を酌み交わそう」と約束します。
イ・スを軟禁しようとチェ・マルリが捕えると、なりすましたチョン・インジ!
当のイ・スはキム・ジョンソたちと国境付近まで進み、定界碑を探しています。
東廠ワン・ジンは遼東の支配権をエサに女真族トン・メンガに朝鮮の妨害を指示。
それをシガロ(女真族から帰化した民)がイ・スに知らせたので敵の撹乱に成功。
そして民家もない荒地の中を散々探し回った末、やっと定界碑を見つけました。
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 33話>

イサン第33話「初めての異国」

イ・サン(後の正祖)が動揺してソン・ソンヨンを追うも、使節団は発った後。
息子のイ・サンに早く世継ぎをつくってほしい恵嬪(ヘビン)ホン氏は
イ・サンと嬪宮キム氏を連れて温陽(オニャン)へ行幸する計画を立てます。
行幸の話を持ち出されたイ・サンがソンヨンの清国行きのことを母に尋ねると、
「茶母がお前を助けてきたと聞いて推薦しました。彼女も喜んでいましたよ」。
でもイ・サンは納得できず、宮殿を離れたくないので行幸にも気が進みません。

六曹の判書や承政院の役人も行幸に随行させましょう!とホン・グギョンが提案。
イ・サンは行幸先の温陽でも政務報告会議を開いて不正追及の手をゆるめません。
この行幸は休暇じゃないんですか?と老論派の重臣がイ・サンに聞きますが、
お前らいつも休んでるよね~と痛烈な皮肉を浴びせられて煙に巻かれちゃいます。

ある日、英祖(ヨンジョ)がこれまでのことを忘れたかのように中宮殿を訪問。
貞純(チョンスン)王妃と菊花茶でゴキゲンにティータイムを楽しみながら
「この頃キム・ギジュ(王妃兄)が姿を見せないから呼べ」などと話します。
次に王妃が英祖を訪ねると激怒して追い返されました。あ~、痴呆症ですね。

清へ向かう途中のソンヨンは、イ・サンを思い出して涙ぐんでいました。
チョン・フギョムはソンヨンを呼んで世孫イ・サンとの関係をそれとなく質問し
「困ったことがあればいつでも相談に乗ってあげる♪」とやさしい笑顔全開。
やがて一行は清国に到着。芸府司(イェーブサ)は女性を受け入れないようです。

ソンヨンに旅立たれた寂しさを行幸地の酒場で紛らわせていたパク・テスは、
「酒を飲んでさぼる護衛官は税金泥棒」と二人組に罵られてケンカして負けます。
つづいて酒場に乗り込んだソ・ジャンボとカン・ソッキもあえなくノックダウン。
護衛官より腕が立つツワモノの正体をイ・サンとホン・グギョンは知りたがり、
「負けたほうが土下座」を賭けた勝負をナゾの二人組とすることになりました。
スポンサード リンク

<世宗の息子・文宗の世子時代の廃妃事件>

「大王世宗」あらすじ67話で、世子再婚というエピソードがいきなり登場します。

廃妃といっても世子時代のことなので
それほどの大事件じゃなかったのでしょうか?
ドラマにもまったく出てきませんでしたし、
資料で割かれている行数もそんなに多くありません。

「朝鮮王朝実録」によると、
幼くして世子に冊封され早くに結婚した世子は、
嬪宮となった金氏、二人目の奉氏を、過失のため廃位したそうです。
(67話にでてきたのは二人目の奉氏ですね)

続いて嬪宮になったのは、側室だった権氏。
彼女が後の端宗を生み、彼は文宗の後に王位を継ぎますが、
叔父の世祖(67話に出てくる首陽大君)に王位を奪われ殺されます。
(世祖からつながる血が「王と私」の成宗ですね)

「朝鮮王朝史」にはもう少し詳しく書かれていて、
最初の嬪宮である金氏は文宗より4歳年上で、
文宗は彼女を好きになれず近づかなかったところ
あの手この手で振り向かせようとしたそうです。
(ヘビが交尾の際に流した精気を手ぬぐいに浸したり・・・)
彼女はそれを知った世宗によって実家に帰され、
それを屈辱に感じた彼女の父は娘を絞め殺して自分も命を絶ったとか・・・。

次の奉氏も文宗の愛を得られず、おまけに側室権氏が寵愛されているのを知ると、
お酒を飲んだり宮女との間で醜聞を起こしたそうです(宮女との醜聞って??)。
それで世宗によって里に返されたとか。

文宗は、権氏が息子端宗を生んですぐに亡くなると、
その後は妻をめとらなかったそうです。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント