*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 9話>

第9話「心の痛み」

城内で簫育とすれ違った王政君は、あなたのおかげで妃になれたと礼を言います。
簫育は憎まれ口を叩いて突っかかっています。
皇太子に時間をおくれ、じきに心を開くから・・・と皇后はやさしく声をかけ、
ここで涙を流さず皇太子の前で泣きなさいと王政君にアドバイスしました。

長楽宮で働く傅瑤は、皇太后が大切にする鏡を出して斬首を命じられるも、
この鏡は先の皇帝の愛の証では?と言い当て、病が重いことを皇太后に告げ、
気の病を治してください!と涙ながらに訴えました。
皇太后はその夜、6歳で皇后になった話をして傅瑤の胸で泣きます。

少府から勝手に色々と持ち出しているのを王政君に指摘された尹(いん)夫人は、
亡き司馬良娣が作らせていた料理の献立を差し出しました。
蜜汁蓮子など好物をずらりと並べられた皇太子ですが、箸がすすみません。
なぜならその日は亡くなった母(皇后許氏)の命日だったからです。
父・宣帝も側室・張婕にたらしこまれてから命日をおそろかにし始めたそうで、
亡き母への思いを語る皇太子に王政君も母の思い出を話します。
二人は初めて心を通わせ、王政君の名を問う(今さら!)皇太子でした。

しかし!長楽宮へ行った皇太子は、琴を奏でる傅瑤(才人に昇進)と出会います。
琴を習いに来る傅瑤に、皇太子の心を奪っても新たな欲が芽生えるはずと簫育。
いつの日か万人をひざまずかせてやる!と、ナンジョンみたいな傅瑤です。
その熱意と努力が叶い、皇太子は不自然なペースで長楽宮をおとずれるように。
傅瑤は、私の琴でおなぐさめできればと思って練習しました♪と
練習しすぎで血まみれになった指を見せてたらしこんじゃいました。
(絶対に指先を自分で切っていると思います♪)

皇太子と簫育が話しているのによると、簫育は父に反発して生きているそうです。
原因は、父・簫太傅が太守だったとき前妻(簫育母)が気鬱で亡くなったから。
簫育の父は期待に反して官職につかなかった息子を西域へ行かせるつもりでした。

ある日、皇太后のところへ行こうとする皇太子に王政君がついていきます。
すかさず庭で傅瑤と皇太子が初キスしてるところを、王政君が目撃。
3人の食事風景をおもしろそ~に見つめていた皇太后でしたが、
傅瑤の狙いをとっくに見抜いていたと告げ、願いを叶えてやると言います。
太子宮では、物分りのよい王政君を、皇太子がほっとしたように抱き寄せました。
スポンサード リンク

<張禧嬪(チャンヒビン)な雑談 まとめ>

韓国ドラマ「張禧嬪」の人物相関図や登場人物エピソードなど
あらすじ以外の記事はこちらからアクセスできます。

同じ時代と登場人物を扱った「妖婦 張禧嬪」は
「仁顕王后伝」をもとにしており、けっこう史実に忠実なようです。
詳しく知りたい方はそちらの視聴もおすすめします。
ただし机をバンバン叩いて怒鳴る張禧嬪ではなく
オヨヨ演技で粛宗をだます昼メロちっくな張禧嬪が登場します。

普通の時代劇とは少し趣が違いますが
「同伊(トンイ)」にも張禧嬪が登場します。
こちらも「張禧嬪」とはかなりキャラが違います。

なお「張禧嬪」の少し前の時代を描いたドラマは以下になります。
・「王の女」(宣祖→光海君→仁祖即位)
・「宮廷女官キム尚宮」(宣祖→光海君→仁祖即位)
※仁祖の2番目の王妃が「張禧嬪」の大王大妃にあたります。

<「妖婦 張禧嬪」とキム・ヘス版「張禧嬪」の比較>
<チャン・ヒビン(張禧嬪) 相関図 その2>粛宗の妃や子孫など
<チャン・ヒビン(張禧嬪) 相関図 その1>粛宗に至るまでの系譜
<前言ちょっぴり撤回、最近王妃に感服中>ぶりっこなんて言ってごめんなさい!
<今のところ、オクチョン派>実はちょっとオクチョンを応援してました
<「チャン・ヒビン」あらすじ、始めます>

「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」の雑談はこちらです。
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 21話>

粛宗10年、西人少論派のナム・グマンが右議政になりました。
西人老論派ソン・シヨルの弟子チェ・シヨンは、
師を裏切った罪人だとして少論派のユン・ジュンを弾劾。
それに対して少論派パク・セチェが上奏を起こしたそうです。
外戚は退け!隠居したソン・シヨルは政に関わるな!と非難を受けている
老論派(キム・ソクジュら)は、ユン・ジュンの仕業だ!と少論派を批判しています。
同時に南人派も警戒せねばならず、彼らにとってはオクチョン再入宮も脅威。
18歳になった王妃(仁顕王后)に子供ができることを強く願っていました。

入宮を待ち続けるオクチョンは28歳。自分を“しおれた花”と評しています。
チョ・サソク参判(大王大妃従弟)が大王大妃(荘烈王后)に入宮をせかしても
聞き入れてもらえません。もはや政争や実家の興隆に興味を失ったかのようです。
オクチョンは今度は東平君親子を大王大妃殿へ行かせるも、無駄足に終わります。
その動きを知った清城府院君キム・ソクジュ(故明聖王后従兄)は、
チャン氏を東平君宅から出せ!と明聖王后の遺言をカタにサソクを叱り飛ばすも、
そのあとでめまいがしてふらふら~~っとしてます。

王妃は喪中だからと肉や魚を食べず、顔色が悪いようで・・・。
ここは王室、万民と世継ぎのために食べ(て交わり)なさいと諭す大王大妃。
それを聞いていたサソクと東平君は、大王大妃がすっかり欲を捨て
王室の最長老として正しく生きていると悟るのでした。
そんな折、キム・ソクジュが逝去し、オクチョンに再び希望の光が差します。

キム・ソクジュは、領議政キム・ユクの孫で兵判キム・ジャミョンの息子、
清風府院君キム・ウミョンの甥。孝宗時代に進士試に、顕宗3年には文科に合格。
都承旨、吏曹参判、副提学、吏曹判書、兵曹判書を経て右議政までのぼりつめ、
庚申大黜陟でホ・ギョンの謀反を収めて保社功臣と称されて清城府院君となり、
従妹の明聖王后キム氏が逝去した翌年、51歳で亡くなったそうです。

身内の不孝続きに落ち込む粛宗を励ましたい王妃は、懐妊に向かって努力。
なのに粛宗は、淑媛(=オクチョン)に会いたいよ~♪と大王大妃にこぼし、
普通の家でも喪中は側室を迎えぬものですよ・・・と諭されました。
そんなとき、王妃が懐妊したというしらせがもたらされ、粛宗大喜び!
世子宮の手入れをさせ、名前を考え、そのときにまたオクチョンを思い出します。
オクチョンは悔し涙を流し、大王大妃は祭壇の王妃に吉報を報告していました。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント