*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 42話>

イサン第42話「衝撃の処分」

目覚めた英祖(ヨンジョ)は勝手な挙兵に激怒して関係者全員を大逆罪で捕まえ、
貞純(チョンスン)王妃はもちろん娘のファワン(和緩)翁主も軟禁させます。
イ・サン(後の正祖)が元大将イ・サンピルに頼んでいた援軍は不要になるも、
不慮の事態に備えて都城の周囲に禁軍(クムグン)を待機させることにしました。

処分は私に任せてほしいと英祖に頼んだものの、イ・サンは実は迷っていました。
自分の大叔父ホン・イナンを含め多くの重臣が謀反に関わっていたからです。
投獄されたチョン・フギョム(ファワン養子)はチェ・ソクチュに協力を願い、
チェ・ソクチュは「老論派を一掃しないでほしい」とイ・サンに直談判しました。
世孫イ・サンの地位を廃するという宣旨が一度出されたのは事実であるし、
全員を追及するならその過程で英祖が認知症であることが明るみになってしまう、
そもそも老論派を守りたかったから自分はイ・サンに協力したのだと訴えます。
考えた末、イ・サンはキム・ギジュ(王妃兄)たち数名だけを流刑にしました。

その甘い処罰にホン・グギョンも恵嬪も猛反対。パク・テスも納得できません。
出仕拒否して釣り糸を垂らすグギョンを護衛部隊長チェ・ジェゴンが訪ね、
世孫様が謀反者を不問に付したのは英祖を思う心からだ・・・と説明します。

ところが英祖のほうは、イ・サンと同じようには考えてはいませんでした。
「認知症のことがバレてもいいからワシの命あるうちにあいつらを断罪しろ!」。
世孫が許しても私は許さないっ!と恵嬪も叔父ホン・イナンを叱責した後、
このたびの甘い処分はいかがなものでしょう?と英祖に直々に抗議しました。
寝込んでいた間にイ・サンが下した甘い処分を知らなかった英祖はびっくり。
さっそく貞純王妃と都承旨を呼ぶと「廃妃&平民降格」を言い渡しました!
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 61話>

“7年ぶりに拝見した瞬間、恋しさで言葉が出なかった”オクチョン(禧嬪)なのに、
粛宗にあまりのつれなさに悔し泣き。ますます王妃(仁顕王后)に憎しみを募らせ、
巫女がおこなう呪術の儀式にみずから立ち会いありがたそうに手を合わせると、
“恨”をこめた矢をへたくそな似顔絵に向かって放つのでした。

食欲がなくとも粛宗を安心させるために重湯を食べる王妃。
けなげな妻のために粛宗はミン家の人々を招いて盛大な誕生祝を開催します。
しかし王妃は短い命を予感しており、その宴は涙の海と化したそうです。

いくら治療をしても王妃が快復しないのは霊の仕業だと噂されていました。
淑嬪チェ氏とコ尚宮はその真偽を確かめるべく、就善堂の神堂を覗き見します。
儀式を目撃しちゃったチェ氏は、呪っているのだろうか?お祓いかも?と逡巡。
似顔絵がヘタすぎて、すぐに呪いとはわからなかったのでしょうかね。
真実がどうであれ呪っていると仕立てられます!とコ尚宮が訴え、
チェ氏に相談された貴人キム氏も、コ尚宮とまったく同じことを主張します。

病が日に日に悪化する王妃は、ある日、関係者(禧嬪除く)を集めて別れの挨拶。
次に粛宗に挨拶すると、抱擁をされたまま息を引き取りました。
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 60話>

前話あらすじの最後に“6年ぶり”と書きましたが、
オクチョンは王妃(仁顕王后)が復位して6年間挨拶に行っていなかったようで、
実際には王妃が廃妃されたときから会っていないので12年ぶりの再会でした。
気力を出した王妃が着飾って迎えるも、オクチョンは深刻な病を見抜きます。
王妃の病は原因不明の痰腫(タムジョン)で、悪寒と発熱で寝込むこともあり、
6年間の廃妃生活が原因かも?と典医は診断。粛宗は議薬庁を開設すると、
領議政を都提調に、左・右議政を提調に任じて、全力で治癒にあたらせます。

粛宗は王妃にみずから薬を飲ませ、患部を洗い、薬を塗ってやるまめまめしさ。
ここまでするなら廃妃しても面倒見てやればよかったのにと思いますけどね~
愛情深い時間をすごす二人ですが、王妃は快方に向かわず、よく寝込んでいます。
淑嬪チェ氏の王子(後の英祖)は声の大きなやんちゃ息子に成長していますよ。

さあ、オクチョンが呪い街道を一直線に進み始めます。
チョン尚宮らを使って内殿の踏み石の下に呪いのブツを埋めさせ、
スクチョン(ヒジェ後妻)や尚宮を巫女のところへやり王妃の死を祈願させます。
王妃とは似ても似つかないへたくそ(よく言えばヘタうま)な似顔絵にご注目です♪
さらに王妃の誕生日には、呪いをかけた衣類を無理やり差し入れに行きます。
このとき内殿の前に居並ぶ側室たちに、お前は生果房にいた女官か?
僕伊処(ポギチョ)で燭台を洗っていた女官?久しぶりだな(キム貴人宛)!
お前は内殿で水を汲んでた下女?手は治ったか?と喧嘩を売るのも忘れません♪

病床の王妃は声を振り絞り、粛宗が甲斐甲斐しく看病してくれることをプチ自慢。
必ず病床から起き上がってみせる・・・!と断言します。そこへ粛宗のおな~り~。
6-7年ぶりに会うオクチョンに粛宗は冷た~い目を向けてガン無視。
用のない人は追い出せ!と命じました。オ尚宮がほくそ笑んでいまーーす。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント