*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 23話>

第23話「譲位と仙薬」

これまで何度も譲位を口にしてきた王ソンジョ(宣祖)でしたが、今回は本気。
兵曹判書パクは宮殿の警備を強化させ、ソンジョは退任した大臣を呼びます。
譲位を認められたくない領議政ユ・ヨンギョンは勝手に大臣たちを追い返し、
譲位に大反対しまくってソンジョを本気でうざがらせています。

自分が亡き後に皇太子がヨンチャン大君(永昌大君)を殺したりしないよう、
今のうちにスムーズに譲位して、皇太子に王妃と大君を守ってほしい・・・。
そんなソンジョの願いに王妃インモク(仁穆王后)もしぶしぶ同意します。

一方、ユ・ヒブン(皇太子妃ユ氏兄)は、今こそ即位ですよ!と短絡的。
ケシはそんなヒブンの意見を否定し、辞退するふりをしてくださいと助言します。
ソンジョは譲位を拒む皇太子に、ヨンチャン大君のことを頼むのでした。

ソンジョ付きのピョン尚宮は、病でも68歳まで生きた世宗を例に出して譲位に反対。
ヨンチャン大君を王にしたいと考える者もいます・・・と直訴しました。
インビン(仁嬪)に譲位反対を説かれた王妃は父キム・ジェナムへ使いをやり、
その情報をつかんだケシは中宮殿の女官ヨオクとともにこっそりお出かけ。
イ・イチョム宅へ行き、兵曹パクと引退したチョン・イノンと組めと言います。

宮殿に戻り自分の部屋に入ったケシは、ぬうっと座っているオム尚宮にびっくり。
“木像かと思いました”と失礼発言をぶちかましています。
どこへ行ってた?監察尚宮を呼ぶぞ!と怒られても、
お好きにどうぞ!私は聖恩を受けた身ですよ!と言い返しているところに王妃登場。
王のために仙薬をもらいに行ったとケシは言い、立派な箱を出して黙らせました。

ケシが自分のために持ってきた貴重な薬・童子人参をソンジョは大喜び。
薬をケシの女官に煎じさせ、薬を飲む間は王妃でさえも近寄らせず、
王妃の意を受けて譲位反対を訴えに来たキム・ジェナムも会えませんでした。
そこで王妃は、譲位を受けろとという手紙を皇太子に送る作戦に出ます。
同じ手紙を承政院にも出しますが、途中でそれを横取りしたヨンギョンは、
譲位阻止すると言ってたのに何考えてるの?とジェナムに文句を垂れてます。
結局二人は譲位取り下げをソンジョにしつこく迫り、
譲位するなら自害を命じてください!ここで死んでやる~!と毒薬を取り出して
別れ話の最中の女のような脅迫をしています。これにはソンジョもうんざり~

ときを見計らったケシは、今こそ席藁待罪(ソッコデジェ)しろ!と指示。
皇太子が落ち武者(なすび@電波少年ともいう)のようないでたちで座り込みます。
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 44話>

イサン第44話「形見の指輪」

龍袍を脱いだ英祖(ヨンジョ)は少ない護衛だけを連れて町へ出ていました。
暮らし向きがよいのは王様のおかげ♪とヤラセのように話す商人にチップをやり、
夜になると王子時代に過ごした私邸(←たぶん)にソン・ソンヨンを呼び、
亡き息子・思悼世子(サドセジャ)の顔立ちを説明して肖像画を描かせます。
ソンヨンが完成させた息子の肖像画を英祖はいとおしむように撫でるのでした。

英祖に口止めされていた護衛隊長から行き先を聞き出したイ・サン(後の正祖)。
部屋の中で一人倒れていた英祖をすぐに宮殿に運ぶもすでに息絶えていました。
実父と権力を失うファワン(和緩)翁主が嘆き悲しむのはもちろんわかりますが、
恵嬪ホン氏や嬪宮キム氏に「本当に悲しい?」と思った私はひねくれ者ですね。

英祖にもらった淑嬪チェ氏(張禧嬪ライバル)の形見の指輪を握り締めるソンヨン。
英祖はイ・サンの“友以上の存在”のソンヨンに今後のことを頼んでいたのです。
イ・サンは英祖が遺した父の肖像画と書状を読み、ただただ涙をこぼすのでした。

図画署(トファソ)では、即位式担当の総責任者に任じられたタク・チスが歓喜。
イ・チョンとソンヨンの二人はタク・チスの補佐役にあたることになりました。
イ・サンが王になれば四階級出世するとホン・グギョンはパク・テスたちに教え、
最後の瞬間まで警護に気を抜くなと命じます(崩御後即位前が一番危険なので)。

今後の身の振り方を考えろとチェ・ソクチュに忠告されたチョン・フギョムは
清国を巻き込む計画を立てて老論派ホン・イナン(恵嬪叔父)たちを誘っており
まずは民を扇動するために「世孫が英祖を追放した」という貼紙を掲出しました。
でもイ・サンは事を荒立てず、ホン・グギョンは敵の真の目的を気にかけます。
当のフギョムは国中から探した剣術の達人に、イ・サン暗殺を依頼していました。
朝廷予算の半分にあたる純銀一万両を要求されたフギョムは、資金の工面に奔走。
その動きはやがてグギョンの知るところとなり「怪しい!」と気づかれます。

まもなく王妃になる嬪宮付きのキム尚宮がソンヨンを探しに図画署に来ました。
初めて会ったはずなのに見覚えがある・・・とチョビがお遊び発言してます♪
その頃、図画署の塗装工になりすました刺客が、宮殿に潜入していました・・・
スポンサード リンク

<妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)な雑談 まとめ>

韓国ドラマ「妖婦 張禧嬪」の人物相関図や登場人物エピソードなど
あらすじ以外の記事はこちらからアクセスできます。

同じ時代と登場人物を扱ったドラマに「張禧嬪」があります。
「妖婦 張禧嬪」のオクチョンはオヨヨ演技が得意でしたが
「張禧嬪」では声を枯らしながらバンバンと机をたたきまくります。
違ったオクチョンをご覧になりたい方は視聴をおすすめします。

普通の時代劇とは少し趣が違いますが
「同伊(トンイ)」にも張禧嬪が登場します。
こちらも「妖婦 張禧嬪」とはかなりキャラが違います。

なお「張禧嬪」の少し前の時代を描いたドラマは以下になります。
・「王の女」(宣祖→光海君→仁祖即位)
・「宮廷女官キム尚宮」(宣祖→光海君→仁祖即位)
※仁祖の2番目の王妃が「張禧嬪」の大王大妃にあたります。

<「妖婦 張禧嬪」とキム・ヘス版「張禧嬪」の比較>
<チャン・ヒビン(張禧嬪) 相関図 その2>妖婦版の相関図ではありませんが・・・
<チャン・ヒビン(張禧嬪) 相関図 その1>同上
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじの合間に>
<「妖婦 張禧嬪(チャン・ヒビン)」あらすじ、はじめます>

ちなみに、別のドラマですが「張禧嬪(チャンヒビン)」の雑談はこちらです。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント