*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王と妃」あらすじ 18話>

首陽(スヤン)大君の息子・桃源君(トウォングン)の妻ハン氏は、
執事イム・ウンが使用人チョ・ドゥンニムを生かしたまま追い出したのが不満げ。
使用人は家族同然!と姑ユン氏に諌められ、甘すぎます!と反発しています。
生意気な嫁に説教されたユン氏が、さすがにムッとしてましたね~。
当のチョ・ドゥンニムは、なんと安平大君の屋敷に逃げ込んでいましたよ。

寺に行くついでに実家に寄ったハン氏は、父ハン・ファクや姉ハン氏と会います
あーたは王族の会合でいつも末席じゃないの!と夫の桂陽(ケヤン)君を責め、
このままじゃ謀反人の家族にされかねないわね・・・と妹に話す姉からは、
「堅物の姑が夫と一緒に寝るのを許してくれない」という衝撃的な発言も!
桃源君とハン氏に営みがないってこと?それとも添い寝がNGなのでしょうか?

さて、安平大君が新しく建てた別邸である武渓精舎(ムゲジョンサ)に
王族兄弟たちや領議政ファンボ・インらが勢ぞろいして宴を催しています。
兵曹判書ミン・シンは親分だった右議政キム・ジョンソのことを批判し、
ファンボ・イン&ミン・シン&大多数の大君が安平大君と結託しつつあります。
安平大君が大勢の私兵の鍛錬もおこなっているこの武渓精舎があるのは、
太祖が無学大師から「長男が栄える」として宮殿建立をすすめられた場所だとか。
一方、謀反が心配なハン・ファクは右議政キム・ジョンソの屋敷を訪問。
最初に牽制し始めた首陽大君にも責任はある・・・とキム・ジョンソが語ります。

首陽大君を見損なった!と嘆くハン・ミョンフェを安平陣営に誘うイ・ヒョルロ。
ハン・ミョンフェだけは信じていたのに・・・とユン氏に謝るクォン・ラムに、
安平大君は首陽大君が戻る前に謀反を起こすだろうとハン・ミョンフェが話します。

宮殿では、端宗が発疹を出して寝込んだことを恵嬪ヤン氏(世宗側室)が大騒ぎ。
水刺間(スラッカン)の者を捕えて死者が出るまで拷問しちゃいました。
こうして恵嬪は自分の存在感を示しつつ、キム・ヨン内官を水刺間担当に変更し、
大殿にはオム・ジャチ内官とチェ尚宮を配属してスパイ体制を万全に固めます。
チョン・ギュン内官が戻るまで食事をとらない!と端宗がプチ反抗するのでした。
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 17話>

胃がもたれるという端宗の背中を無理矢理さすりまくる恵嬪ヤン氏(世宗側室)。
そこへ入室した淑嬪ホン氏(文宗側室)はライバル心むき出しで
文宗からもらった高価な薬・清心元(チョンシンモン)で歓心を買おうとします。
ムカつく淑嬪に、首陽(スヤン)大君側につけとすすめるオム・ジャチ内官。
皆は大君を沈みゆく太陽だと噂しているがいつか陽は昇ります・・・と説得します。

端宗は、首陽大君のいる平壌(松都)にチョン・ギュン内官を送ることに。
兄上が松都(ソンド)に長居しているのは殿下の使いを待っているからか~という
安平大君の妬みっぽい推測を端宗がソッコーで否定しています。
ちょっとキモいキム・ヨン内官はすっかり安平大君の手先スパイとなっていますね。
安平大君は永豊君(ヨンプングン=恵嬪息子)にも気軽に声をかけ、
領議政や右参賛らにも気安く接して気難しい首陽大君との違いをアピール中です。

ここで、工事を管理して私腹をこやすイ・ミョンミンという男が登場します。
彼は兵を工事に駆り出しており、そのおかげで重臣らの懐も潤っていました。
それを兵曹判書となったチョン・インジが問題視して厳しく抗議しはじめたため、
安平大君はチョン・インジを兵曹判書からはずそうと領議政に働きかけます。
チョン・インジの直訴でこの問題を初めて知った右議政キム・ジョンソは驚くも、
横領した資材で別宅を建ててもらったという噂を指摘されてムカーッ。
ミン・シンを呼びイ・ミョンミンの逮捕を命じますが、ミン・シンが拒否します。

端宗は、首陽大君のもとにチョン内官を送った二日後にはパク・ユンも送りました。
右議政が登庁しなくなり安平大君が政治に口出しし始めたと聞いた首陽大君は、
「私のことは話題に出さず、安平を信頼するそぶりをみせろ」と託しました。
首陽大君が「安平を信頼しろ」という伝言を端宗へ送ったと知った安平大君は、
その言葉に込められた兄の真意を汲み取り、謀反を早める決意をしました。
有能なのに兄の陰だった安平大君は、おだてる者は誰でも配下においたとか。
そんな中、都承旨カン・メギョンは首陽大君夫人ハン氏を訪問すると、
「恵嬪に会うときは淑嬪にも顔を出して力になれ」という大君の言葉を伝えます。

安平大君の勢いが増す中、ハン・ミョンフェはくさっていました。
天機がこない!主を読み違えた!と嘆いてクォン・ラムを怒らせます。これは演技?
そんな折、主が不在の首陽大君の屋敷で、ある事件が起こりました。
盗みを働いた使用人チョ・ドゥンニムに執事イム・ウンが厳しい罰を与えたのです。
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 16話>

「首陽(スヤン)大君の明行きは君主の命令でやめさせればいいじゃないか?
なぜ泣く?だから臆病者と噂されキム・ジョンソにも軽んじられるのだ!」と
甥とはいえ王である端宗にハッキリ言い過ぎの譲寧(ヤンニョン)大君(世宗兄)。
そこへ恵嬪ヤン氏(世宗側室)が入ってきて譲寧大君をつまみ出させました。
実をいえば譲位をすすめるために宮殿に行ったのだ!12歳の王に何ができる?と
帰宅した譲寧大君が永膺(ヨンウ)大君(世宗八男)に堂々と吐露します。
この譲寧大君、世宗時代は宮殿への出入りを禁じられた問題児だったそうで、
今回も出入り禁止にしてほしいと安平大君が重臣たちに働きかけています。

明へ同行する副使として兵曹判書ミン・シンを推薦した首陽大君でしたが、
領議政ファンボ・インや右議政キム・ジョンソの息子も随行させたいと申し入れ、
ミン・シンの後を任せられるのは工曹判書チョン・インジだけと言い出しました。
チョン・インジに兵を任せておけば謀反が起きないだろうとの考えからです。
そして首陽大君の予想どおり、ミン・シンが仮病で副使就任を拒否すると、
深夜にキム・ジョンソ宅を訪ね、吏曹判書イ・サチョルを副使に推薦。
ファンボ・インを辞任させてキム・ジョンソが領議政になってくれと頼みます。
キム・ジョンソはそれを断りますが、息子スンギュを明に同行させると答えました。
最後に首陽大君は不在中の家族の命を握るキム・ジョンソに拝礼して去ります。
ここで、世宗の忠臣だったキム・ジョンソは顧命(コミョン)を残されたものの、
次の王・文宗はそれを認めなかったというエピソードが紹介されます。

家のことはクォン・ラムに、公的なことはハン・ミョンフェに相談しなさい、
嫁のハン氏をしっかり監督しなさい(爆)・・・と夫人ユン氏に命じる首陽大君。
また、集賢殿シン・スクチュに謝恩使の書状官を依頼し、快諾を得ました。

その年の人事異動では首陽大君の希望が通り、兵曹判書ミン・シンが吏曹判書に、
吏曹判書イ・サチョルが工曹判書に、工曹判書チョン・インジが兵曹判書になります。
遠い燕京(北京)に向かう叔父を見送りたいという端宗の希望は残念ながら通らず、
1452年10月、都承旨カン・メギョンに見送られた首陽大君が明へと旅立ちました。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント