*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「王と妃」あらすじ 110話>

夢の中で怒りに満ちた父・世宗に会った世祖は、目覚めると赦免を命じました。
日の浅い謀反については釈放に反対する領議政イ・ジュン(亀城君)でしたが、
王妃(貞熹王后)と世子(海陽大君)は世祖の望みどおりの無条件の実施を希望。
「殿下が赦免を命じましたよ(功臣はおちおちしてられませんよね~?)」と
大殿の外で待っていたハン・ミョンフェに亀城君が意地わるーーーく伝えるも、
ハン・ミョンフェは赦免など意に介さずただただ世祖の身を案じるばかりです。
功臣たちなんてただの老いぼれじゃん!と兵曹判書ナム・イはジジイ軍団を嘲笑。
その老臣5人組はさっそく顧命(コミョン)を気にし始めててんやわんやですよ。

世祖14年9月6日、謀反で捕らえられていた者や親族らが赦免されました。
彼らとの和解を示すこの出来事は、王の死が近いことを匂せたそうです。
その死にそうな王は、内臓まで綺麗にして死ぬ・・・!と薬も重湯も拒否。
一日も早く腐りたいから私が死んでも石室はつくるなと世子に話します。
者山君と粋嬪を呼びましょうか?とすっかり気弱になった世祖に声をかける王妃。
しかし世祖は何も答えず、礼曹判書イム・ウォンジュンを呼んで譲位を告げます。

功臣が静観する中、ホン・ユンソンだけはすっとんでって譲位反対の座り込み。
あの叫び声はホン・ユンソンじゃないか(声デカイな)・・・と力なく笑うと
世祖は大殿に世子を呼び入れ、礼服に着替えさせ、即位式を執り行わせました。
お祝い申し上げます!とキム・スオンが喜び、王妃が感慨深そうに頷きます。
着替えた世子が登場するとそれまで譲位に反対していたホン・ユンソンが
まっさきに「千歳~千歳~千々歳!」と手を上げて祝い始めたのには笑えます。
こうして世子(海陽大君)が寿康宮で即位して第8代王睿宗が誕生すると同時に、
世祖は太上王、貞熹王后は王太妃となり、太上王は昭訓ハン氏を王妃に冊立。
臨月の昭訓ハン氏は父ハン・ベンニュンの家で王命を受けて安順王后となります。

「大妃になる!」という粋嬪ハン氏の夢はこうして砕け散ったのですが、
いつ殿下に呼ばれてもよいようにと二人の息子たちは朝服を着たまま待機。
粋嬪はどうしているのか?と床から尋ねた世祖は粋嬪の近況を聞かされると、
現世での縁はここまでだったのだろう・・・欲が深すぎた・・・とつぶやきます。
粋嬪ハン氏はハン・ミョンフェの家に押しかけて、まだ夢を捨てていないと伝言。
すごい人だとハン・ミョンフェが笑う頃、世祖は夢の中で端宗に導かれていました。
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 109話>

老臣たちが墓作りに反対を唱える中、ハン・ミョンフェをチラチラ気にする世祖。
本当に死を予感しているなら私たちに墓の相談をしている場合じゃないでしょう?
あの粛清のとき命を捨てたから冥土の連れにしたいなら喜んで応じますけど
あんな若造(亀城君たち)じゃなく私たちに世子の補佐を任せるべきでは?
私たちは顧命(コミョン)には逆いませんよ・・・とハン・ミョンフェが言うと、
世祖は怒って追い出しますが、そのすぐ後でオイオイ泣き出して後悔します。
あいつの言うことはもっともだ、苦楽を共にした功臣を疑っていたなんて・・・と。

すぐさま世祖は王妃(貞熹王后)を伴ってハン家をじきじきに訪ねました。
昔はみすぼらしい藁ぶきの家に住んでいたのにな~と世祖がうれしそうに嫌味。
ここはファンボ・インが住んでいたのを殿下がくれたのをお忘れですか?
袖の下も少々もらってますが殿下の王位さん奪に比べればかわいいものです♪と
ハン・ミョンフェが笑いながら大胆発言を切り返すと世祖は大喜び。(王妃ムッ)
ハン・ミョンフェがコソ泥なら私は大泥棒だ~と夜の宴でも笑ってますよ。

ナム・イを兵曹判書にしては?と右議政キム・ジルが世子(海陽大君)に提案。
兵権がハン・ミョンフェ一派に握られているのを警戒してのことでしたが、
その人事案の許可をもらいにハン家の世祖を訪ねた領議政イ・ジュン(亀城君)は
焼けぼっくいに火がついた世祖とハン・ミョンフェの熱愛ぷりに危機感を覚えます。

したたかに酔った世祖は粛清で処分した逆臣たちの家系を断ったのを悔やみ、
彼らの家族を赦免してもよいか?そうすれば贖罪になるよな?とオヨヨ泣き。
気が済むならそうなさってください・・・とやさしく答えたハン・ミョンフェは
「死んだ者とは和解をするのにどうして生きている者には辛く当たるのですか?
粋嬪様をお呼びください・・・者山君を世孫にしてください」と切り出しました。
世祖がどっか~んと大噴火して絶叫してもハン・ミョンフェは全くひるみません。
やがて世祖は「粋嬪が不憫で胸が痛む!者山君に王位を譲ってもいいくらいだ!」。

今か今かと自宅で呼び出しを待っている粋嬪ハン氏にとってはあともう一歩!
ですが急に世祖が苦しみだし、息も絶え絶えに輿を急がせて宮殿へ戻ります・・・
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ24話>

ヤン・ジョンとユ・スがキム・ジョンソ宅へ踏み込むと、亡骸は息子スンギュだけ。
別の息子の妻の実家に潜んでいたキム・ジョンソを見つけてヤン・ジョンが斬ります。
左議政キム・ジョンソの字は節斎(チョルチェ)。16歳で官職に登用され、
高麗史の再編と北方開拓に至るまで、常人では到底不可能な偉業を残し、
白頭山(ペクトゥサン)のトラとも称された当代一の名将だったそうです。

チョン・インジとクォン・ナムは教書を公布するため集賢殿へ向かいました。
全貌も知らないのに書けない!とこの日の宿直ユ・ソンウォンは拒否しますが、
じゃあオレが草案書くし!とクォン・ナムにつつかれて不本意ながらも教書を作成。
後日これを悔やんだ彼は、死六臣のひとりとして帰らぬ人になるそうです。

首陽家では・・・寝込んだ桃源君スンが、教書を気にしながらうなされています。
私が領議政になるしかないようですな~と首陽大君は自分の職をさっさと決めると、
チョンインジに左議政を、ハン・ファク(嫁の父)には右議政の座を提案します。
姻戚の私まで政丞になっては後ろ指をさされます!とハン・ファクが怒って退室。
右議政は空席にしてハン大監を右議政と思いましょうとフォローしたチョン・インジは、
首陽大君を領議政にしてくださいとさっそく端宗に申し出ました。
王族は官職につけませんよ!と恵嬪ヤン氏が反対するもピシャリとやられ、
こうして首陽大君は領議政府使(ヨンウィジョンブサ)に就任します。
領経筵書雲観事(ヨンギョンヨンソウングァンサ)兼判吏兵曹事(パンイビョンジョサ)の
肩書きを得た首陽大君は兵権だけでなく政権全体を掌握したのでした。
そして新しい閣僚には、チョン・インジ、チョン・チャンソン、イ・ゲジョン、
チェ・ハン、シン・スクチュ、ホン・ダルソンなどが名を連ねます。

義兄・寧陽尉の屋敷で血なまぐさい夜をすごした端宗が宮殿へ戻り、
首陽大君は時の王を上回るかのような140名の兵の大行列で自宅に帰還しました。
よくやった!と朝から待ち構えていた伯父・譲寧大君が大ボメしつつ、
13歳の王に何がわかる?お前が国を治めろ!安平は始末しろ!と主張すると、
何もしなくても朝廷の公論がそうします・・・とハン・ミョンフェが支持します。

ハン・ミョンフェと弟ミョンジンの功績を称賛する義父ミン・デセン。
義母ホ氏はこれまでのミョンフェへの態度を後悔して謝ってます。
そして前話で首陽大君宅を出た妓生ナンはハン家に寄っていました。
島流しにされた婚約者を放免できるよ?というミョンフェがやさしく言うと、
汚れた身では会えません・・・と拒否(やっぱり安平大君に汚されてますか???)。
するとミョンフェ、これからは私の許可なくここを離れてはいけない!
そなたがいなくては私は務めを果たせない!とナンにコクっちゃいました~。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント