*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<王女の男 あらすじ 雑談 まとめ>

世祖時代の野史に残る悲恋の物語をドラマ化した「王女の男」。
朝鮮版ロミオとジュリエットとも言われていますね。
ラブストーリー部分のフィクション度は高いのですが
実際の歴史背景を下敷きにしているので
他のドラマに出てきたあんな人やこんな人との照合も楽しいですよ。

なお、主役二人を演じるのはパク・シフさんとムン・チェウォンさん。
歴史ドラマにしてはちょっと珍しい?かもしれませんが、
子役時代のストーリーがないので最初からこのお二人が登場します。


「王女の男」と同じ時代とほぼ同じ登場人物を扱ったドラマとして
「王と妃」「ハンミョンフェ」(ともにけっこう長編)などがあります。
どちらもちょっと古めの歴史ドラマでラブストーリーではありませんし
ファンタジーフュージョン史劇でもありませんが、
「王女の男」の時代背景を知りたい方にはおすすめです。

「王女の男」のその後の時代を描いた代表的なドラマに以下があります。
・「王と私」(世祖→睿宗→成宗→燕山君→中宗)
・「女人天下」(燕山君→中宗→仁宗→明宗)
詳しくは<韓国時代劇ドラマ時系列順一覧>をご覧ください。

「王女の男」あらすじ詳細版(各話版)や簡易版はこちらからどうぞ
★各話版1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話
★簡易版1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話
★ざっくりイッキ読み版1-24話 ★あらすじ以外の雑談記事をまとめて読む

「王女の男」の人物相関図(王族の系図)や登場人物エピソードなど
あらすじ以外の雑談記事の個別記事へはこちらからどうぞ。
<王女の男 相関図 その5 その他の人々>使用人や氷玉館カンケイなど
<王女の男 相関図 その4 朝廷主要人物>世祖時代を動かした重臣たち
<王女の男 相関図 その3 世祖一家>首陽大君ファミリー
<王女の男 相関図 その2 王族>首陽一家の親類にあたる人々
<王女の男 相関図 その1 王室・中心人物の系図>主要人物のまとめ図
<「王女の男」の原作ともいえる『錦渓筆談』とは?>カギを握る書物アリ
<「王女の男」の時代背景>ドラマになりやすい時代です♪
<「王女の男」ヒロインのイ・セリョンは実在したの?>幻のお姫サマなセリョン
<「王女の男」の公式ガイドブックを買いました!>写真たっぷりファン必見
<「王女の男」あらすじ24話のその後に>
<「王女の男」あらすじの合間に>
<「王女の男」あらすじ始めます>
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ超ざっくりイッキ読み版 全24話分>

※各話ごとの詳細版あらすじや4話ずつまとめた簡易版はサイドバーからどうぞ

文宗の弟である首陽大君が、対立している重臣キム・ジョンソに互いの子供の縁談を申し入れた。首陽大君の娘イ・セリョンは、縁談相手のキム・スンユが従姉妹・敬恵公主(文宗の娘)の新しい講師だと知り、敬恵公主と入れ替わって講義を受け、やがて惹かれ合う。自分の亡き後、幼い世子(後の端宗)をキム・ジョンソに補佐させたい文宗は、敬恵公主とスンユの婚約を発表。首陽大君はスンユを襲わせるが、そのときスンユがセリョンと一緒だったことは知る由もなかった。

敬恵公主がスンユに姿を見せ、セリョンは宮女だったと告げる。首陽大君は朝廷に影響力を持つシン・スクチュの息子シン・ミョンとセリョンの縁談を進める一方、スンユを弾劾して敬恵公主との縁談を壊し、セリョンとスンユの交際を知ると、スンユを助けるかわりに関係を絶つことを約束させた。だが二人は偶然再会し、セリョンは使用人ヨリの名を騙って密会を続ける。敬恵公主はチョン・ジョンと結婚した。

文宗が崩御し、左議政として復帰したキム・ジョンソは王族を政治から遠ざけようとする。首陽大君は側近ハン・ミョンフェやシン・スクチュらとともにクーデターを決意。漢城府の判官であるシン・ミョンは、スンユやチョン・ジョンとの友情を捨てて協力する。首陽大君がスンユの命をも狙っていると知ったセリョンは血文字の手紙でスンユに危機を知らせた。首陽大君がキム・ジョンソの屋敷を訪ねて襲ったそのとき、手紙を読んだスンユは僧法寺に向かっていた。その後、首陽大君はキム・ジョンソ派の重臣たちを次々と始末した。

父と兄を失ったスンユが首陽大君を討とうとして取り押えられ、獄中に現れたセリョンの告白でついに彼女の正体を知る。首陽大君一派は幼い端宗を補佐するという名分のもと朝廷を牛耳り、安平大君を謀略にはめて賜薬を下す。さらにスンユが乗る江華島行きの護送船を沈めるが、スンユは命からがら逃れ、遊郭「氷玉館」で暮らし始める。

シン・ミョンとの婚礼の日、スンユに連れ去られていたセリョンは、彼が生きていたと知って喜ぶが、スンユの恨みは消えない。覆面をしたスンユが首陽大君を呼び出して矢を向けると、セリョンが飛び出て矢を受けた。婚礼に乗じて首陽大君を倒す計画を立てていた錦城大君やチョン・ジョンが捕えられ、敬恵公主は首陽大君に土下座して命乞いをする。親族を守りたい端宗は上王として退き、首陽大君に譲位した。セリョンは公主になるのを嫌がり、誰とも結婚しないと世祖(首陽大君)たちに断言する。

スンユが首陽大君派を次々と闇討ちし、現場に「大虎」という文字を残した。さらにチョン・ジョンや集賢殿イ・ゲらと世祖討伐を計画するが、スンユ以外のメンバーが捕えられてしまう。反世祖派が処分される中、席藁待罪した敬恵公主に免じてチョン・ジョンだけは流刑となった。臣下たちが上王・端宗の廃位を求め始めると、セリョンは親子の縁を切ると世祖に宣言。氷玉館でスンユと暮らし始めた。ところがシン・ミョンに見つかり宮殿に連れ帰られ、怒った世祖はセリョンをシン・ミョンの奴婢にした。

スンユがシン・ミョンの屋敷からセリョンを救出。光州の敬恵公主宅に身を隠す。しかしシン・ミョンに追跡され、偶然にもチョン・ジョンらが計画していた謀反が明るみになる。これにより、ジョン、錦城大君、魯山君(端宗)がこの世を去り、残された敬恵公主は男児を生む。復讐をあきらめないスンユは、セリョンと夫婦の契りを交わした後、咸吉道で反乱を起こす。シン・ミョンが咸吉道に派遣され、奴婢として同行したセリョンは、彼らの作戦を教えようと反乱軍のアジトに乗り込み、スンユと再会。官軍と反乱軍の激戦でシン・ミョンが命を落とした。

セリョンと敬恵公主が暮らす僧法寺を、悪夢でうなされる世祖夫妻が訪問。セリョンが妊娠していると知る。世祖の命を狙って僧法寺に侵入したスンユが、捕えられた。厳しい取調べを受けてもスンユは世祖を王とは認めず、義禁府の牢で息絶え、セリョンも後を追った。しかし実は二人は王妃(貞熹王后)のはからいで逃がされており、娘をもうけて幸せに暮らしていた。後年、そのようすを偶然に目撃した世祖は涙を流すのだった。
スポンサード リンク

<「王女の男」あらすじ簡易版 21~24話(最終回)>

※24話までの一話ずつの詳細版あらすじはサイドバーからご覧いただけます

公主の身分を剥奪されたイ・セリョンは、奴婢としてシン・ミョンの屋敷で暮らしていたところを、キム・スンユに救出され、光州の敬恵公主宅にスンユとともに身を寄せた。二人を追って来たミョンとスンユたちが揉み合いになり、かろうじて逃げたものの、その騒ぎでチョン・ジョンが手紙を落とし、錦城大君やスンユと進めていた謀反の計画が露呈。囚われの身となったジョンは敬恵公主のお腹に宿っている子供の名をしたため、刑の執行日をスンユに知らせないままこの世を去る。続いて錦城大君と魯山君(端宗)に賜薬が下された。

スンユとパク・フンスらは協力者イ・シエのいる咸吉道へ行くことにするが、セリョンが世祖(首陽大君)の娘だと知った仲間はセリョンを拒む。一人で待つと決意したセリョンにスンユが結婚を申し込み、夫婦の契りを交わした。その後セリョンは弟の世子スン(桃源君)を見舞い、スンユのことを「夫」だとシン・ミョンに宣言する。セリョンの来訪で快復したかに思えた世子だったが、やがて逝去すると、怒った世祖はセリョンが公主だった記録を消させた。

咸吉道でイ・シエとスンユが反乱を起こした。スンユを逃がしてばかりのシン・ミョンに憤っている世祖が、最後の機会として咸吉道へ派遣。同行したセリョンは、自分を餌にスンユたちをおびき出そうとする計画を知ると、危険をかえりみずに反乱軍のアジトを訪ね、スンユと再会する。そして官軍と反乱軍が激しく戦う中、シン・ミョンが命を落とした。

官婢になった敬恵公主は男児を出産。王妃(貞熹王后)は敬恵公主にこれまでのことを謝り、便宜をはかると申し出る。セリョンと敬恵公主は僧法寺で暮らすようになる。そんな折、端宗の夢にうなされる世祖が王妃とともに僧法寺を訪問。思いがけず遭遇したセリョンが妊娠していると知ってさらに驚く。世祖が僧法寺に滞在していると知ったスンユは、潜入して世祖に刀を振り上げた。すると世祖はセリョンの懐妊を告げ、その隙にスンユが捕えられる。厳しい取調べを受けてもスンユは決して世祖を王と認めず、義禁府の牢で目を閉じ、夫の亡骸にセリョンがそっと身体を寄せた。

時が流れ、療養のため温陽へと向かう世祖が、死んだはずのスンユの姿を偶然に見かける。スンユは視力を失ってはいたが、セリョンとの間に娘をもうけ、幸せに暮らしていた。実は王妃は二人を義禁府から逃がした後、セリョンが命を絶ったと世祖には伝えていたのだ。世祖は娘一家のようすを眺めてうれし涙を流し、王妃に感謝するのだった。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント