*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「インス大妃」 あらすじ 52話>

第52話 廃妃を巡る対立

王妃の座を廃されたソンイは実家に幽閉され、母親との同居は許されますが、
兄弟親戚とは会えず、役所の見張りがつき、近所には通報義務も課せられました。

インス大妃(ジョン)は早くもユン淑儀を新しい王妃に冊立するつもりマンマン。
病床の大王大妃(貞熹王后)は「そんなに急がなくても・・・」と消極的な上、
イネ大妃も「反省させるために実家に戻したのでは?」とやんわり反対します。
成宗も早々に復位させたがっていますが、賜薬を下すのも厭わないジョンは、
ユン淑儀の父ユン・ホとその親戚の右議政ユン・ピルサンを呼んで面会しました。

国が大妃の手に収まってもいいのか!とユ・ジャグァンが怒っているのをはじめ、
学者たちも一般人も国母の追放に反対し、復位を求める座り込み祭りを大開催。
同副承旨チェ・ス以外の承旨は一斉に辞職し、大妃の専横に反対を示しました。
成宗は座り込みを解散させ、大司憲パク・スクチンやイム・サホンを追放します。

この時点でソンイに自決させたいのはジョンのみ。成宗は復位を望んでおり、
ジョン従兄弟のハン・チヒョンやハン・ミョンフェも口を揃えてこう言います。
「廃妃だけを死なせても王子が残れば意味はない。やるなら王子も廃さねば」。
でも、カワイイ自分の孫を慈しんでいるジョンに、そのつもりはありません。
王子が王になっても権力は手放せない、復讐なんてできないと思っているのです。
ってことで、大妃と側室を集めてプチ揀擇(カンテク)女子会を開きました。
そんなジョンの強引さに、根は慈悲深い大王大妃(貞熹王后)はウンザリ気味。
復位とまではいわないけど宮殿に住ませてあげてもいいのでは?と意見すると、
何かあったらあの女が垂簾聴政するなんて許せない!と言い返され口論します。
どうでもいいけど側室の服がいつも同じですよね。(ケーブルテレビだから?)

宮殿に戻ったら暗誦するわ・・・と『内訓』を読みながら質素に暮らすソンイ。
ある日、ジョンに命じられた監察府の尚宮軍団が暮らしぶりを偵察しに来ました。
ソンイは憑き物が落ちたように冷静に対応し、ヤン尚宮は困窮した生活に同情。
宮殿に戻ったヤン尚宮を、左議政になりたてのユン・ピルサンが呼び止めました。
スポンサード リンク

<「インス大妃」 あらすじ 51話>

第51話 王妃の末路

成宗が傷を負った頬の部分を隠しながらユン淑儀の部屋から去って行った後、
もし今晩のことを喋ったら家族も極刑よ!と王妃(ソンイ)は使用人たちを脅迫。
成宗はこの件を口止めして大殿にこもり、ハン・ミョンフェを呼んで相談すると、
「大妃に知れたら廃妃じゃすまない。賜薬を下されるでしょう」と言われます。
故意じゃなく偶然だし!王子のためにに王妃を助けたいし!と成宗はあたふた。
命を助けたいならなおさら殿下みずから追放すべきです・・・と諭されました。

事件を聞きつけたチョン貴人とオム昭容がインス大妃(ジョン)の部屋へGO!
するとソンイが来ていて、事件を上手に脚色して報告&謝罪していました。
そういうことなら仕方ないわねと一応納得してくれたので、ソンイは一安心。
二人の側室を中宮殿に呼び、王子の存在をタテに脅しまくって口止めしました。

その後、ジョンが大殿に行き、顔を隠そうとする成宗の傷をしかとチェック。
「扉でついた傷じゃなくて引っ掻き傷じゃないの!?死罪!!八つ裂き!!」。
ソンイが大王大妃(貞熹王后)に泣きつくも、今回ばかりは救えないと言われ、
「さんざん利用して捨てるのですか?孫の嫁も守れないなんて願い下げよ!」。
あそこまで性悪とは思わなかったと大王大妃は驚き、ジョンに一任しました。

領議政チョン・チャンソンとハン・ミョンフェは、一旦廃位→復位を主張。
でも王子に復讐されたくないので「家庭の問題は自分で解決されよ」と逃げます。
都承旨イム・サホンやユ・ジャグァン、チェ・スたち若い学者は反対しました。

それでもジョンは成宗に、追放しないと後で王子まで失うとしつこく言い続け、
ソンイが実家で悔い改めたら機会を与えてくれますか?と成宗が言った途端に、
外で待たせていた同副承旨チェ・スに「ほら王命よ!書き留めなさい!」と命令。
王妃を今夜中に宮殿から追放しなさいと監察尚宮にソッコーで指示しました。
ソンイは小刀を取り出して必死に抵抗し、臣下も座り込んで王命に反対する中、
成宗はソン内官に「実家で待っていれば必ずよい知らせが届く」とソンイに伝言。
ソンイが王子に会いたがっていると知ると、大妃殿のジョンに頼みに行きます。
けれども「ダメ!」と言われ、血も涙もない冷酷な母にちょいついていけません。

平服姿になったソンイが、粗末な輿に乗り、いよいよ宮殿から出て行きました。
笑いながら見学に来た側室たちの中で、育ちのよいユン淑儀だけがちゃんと礼。
ソンイはまた王子の存在を強調し、チョン貴人とオム昭容をビクつかせます。
このときの王命は、「皆の者よ、王が善政を行うには王室の平和が前提であり
王妃の言動によって国家の盛衰が左右される。王妃の役割はまさに重大である。
王妃ユン氏は側室から王妃に昇りつめたが不徳の振舞いで多くの問題を起こした。
このため成化(ソンファ)15年6月2日王妃ユン氏を廃し庶民とする」でした。
盛り上げようと雷が鳴りまくってますが、「女人天下」ほどトキメキませんね。
スポンサード リンク

<「インス大妃」 あらすじ 50話>

第50話 恋慕の果て

チョン貴人とオム昭容は「王妃が疑われるよう薬のせいにしましょ♪」と結託。
成宗に命じられた都承旨イム・サホンが内医院を捜索するも不審点はありません。
でもユン・ジャミョンが「医女ポクシルが益母草のお茶を飲ませていた」と報告。
成宗はショックを受けつつも口止めし、事実を確認しようと中宮殿に行くと、
あの件が私のせいだと言いたいのですか?大妃様が私を悪者にしたのでしょう?
と王妃(ソンイ)に言われたのでついに怒りを爆発させて怒鳴りつけました。
「いいか!お前を廃妃しないでいるのは王子のためだ!お前には愛想がつきた!
母上はそなたのように軽薄ではない!これ以上侮辱したらただじゃおかない!」。

母上が怖かったのです!と成宗にすがりついて泣いていたソンイは一人になると、
真実を知っても黙っているのだから追い出されはしないわ♪とほくそ笑みます。

温泉で三か月間休養していた大妃軍団が仲よくお戻りになりました・・・が、
大王大妃(貞熹王后)いわく「とんでもない。仲のよいフリをしていただけよ」。
嫁(=ジョン)を怒らせたらユン氏一族が困窮するからだとこぼしています。
一連の事件を成宗に相談されたインス大妃(ジョン)は息子の対応をほめます。
「証拠はないのだからそれでいいのです。子どもを二人も産めば女は変わります。
これからは静かに暮らしたいから、殿下と会うのは一ヵ月に一度でいいわ」。
しかしこれもオモテの顔。王妃が安心している今のうちに医女を探せと命じます。
みんなが行方を捜す医女ポクシルは、ソンイの兄の手で消されちゃいました。

そんな折、ソンイの懐妊が判明しますが、成宗と大殿で喧嘩した直後に流産。
月山夫人パク氏の強いすすめでジョンが傷心のソンイのもとへ王子を行かせます。
ソンイは泣いて喜ぶ一方、母親と過ごしていない王子はなんだか無反応ですね。
すぐにジョンが「母親の記憶を消さないと!早く連れ戻しなさい!」と命じ、
王子はすぐさま中宮殿から連れて行かれます。これが母子の最後の対面でした。

すっかり弱り切った大王大妃がジョンに「王妃を許してやって」とお願い。
ソンイを嫌いなパク尚宮は「耐えろ、問題を起こすな」と言い聞かせました。
嫉妬をするなというのは守れない!とソンイは断言し、ユン淑儀の部屋に突撃。
最近の成宗は若い(しかお育ちもよい)ユン淑儀の部屋によく通っており、
成宗がユン淑儀を抱き寄せたところで戸をバーン!とコントのように開けました。
「体面?わかりません。私に見えるのは王様だけ!会いたくてたまらない!」。
うんざりした成宗がソンイを追い出そうとし、揉み合ううちに成宗の顔に傷が!
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント