*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「インス大妃」 あらすじ 54話>

第54話 涙の王命

華やかな礼服をまとって感涙の廃妃ユン氏(ソンイ)でしたが、その礼服は罠。
ヤン尚宮とともに視察に訪れたチョン尚宮は、礼服姿のソンイを見て驚きます。
成宗から特に伝言もなく宮殿に戻れるわけでもなくただの視察だと知ったソンイは
王妃(貞顕王后)からの心遣い(装飾品)をもらうとキレてぶちまけちゃいます。

ってことで、「チュサーーーーーン!!!」と自決を迫るインス大妃(ジョン)。
(反省していたら王子の母親としてそれなりの処遇をするつもりだったそうです)
成宗は大反対していましたが、結局は母にこう言われて押し切られてしまいます。
「責任は私が取ります。廃妃を生かしたままだと国がどうなるとお思いですか?
王子は私が立派に育てます。死罪がイヤなら王子から世継ぎの資格を奪いなさい」

観念した成宗は都承旨に王命を下し、気の毒な刑房承旨イ・セジャも登場です。
(お仕事しただけなのに後に復讐される方。燕山君ドラマには必ず出てきます)
こうして8月16日、次王・燕山君の生母であるユン氏に賜薬がくだされました。
宮殿からの一行をソンイは毅然とした態度で迎え、「部屋で死なせて」とお願い。
イ・セジャはそれを許してやり、ソンイは母シン氏と一緒に部屋の中に入ります。
「殿下のお墓参りの行列が見える丘に埋めて」「大妃の冷酷さを王子に伝えて」
そして賜薬を飲み干すと、有名な遺品・血付き手ぬぐいを残して息絶えました。

月山大君夫人パク氏に養育されていた王子は王妃(貞顕王后)に引き渡されます。
「息子を産んでも世継ぎにしようとは考えるな」とジョンのお達しつきで・・・

ソンイの処分にあたり、「これで血を流すのは最後です」とジョンに説明され、
「最後になるとは思えない」と力なく答えていた病床の大王大妃(貞熹王后)は
ソンイが無念の死を遂げた8ヵ月後の成宗14年4月にこの世を去ったそうです。
スポンサード リンク

<「インス大妃」 あらすじ 53話>

第53話 苦悩と決断

宮殿に戻ったヤン尚宮は、オム昭容にも呼び止められ、チョン貴人の部屋へ。
装飾品をもらい、「大妃様の意向よ」と念を押され、虚偽報告を促されました。
ヤン尚宮は「廃妃(ソンイ)の家からは笑い声が聞こえ、肉を焼いていました」。
噂と違うわ!と王子を預かっている月山大君夫人パク氏がすかさず突っ込みます。
良心があるらしいナム尚宮はヤン尚宮の報告に異論がありますが何も言えません。

インス大妃(ジョン)は次の王妃を決めるために側室たちを召集して次々に面接。
正室を選ぶという大イベントなのに無視された大王大妃(貞熹王后)は不服です。
そんな折、二人目懐妊が判明したチョン貴人が「私が王妃ね♪」と歓喜するも、
ユン淑儀を新しい王妃(王子の母親役)に選ぶと決めているジョンは微妙な反応。
あくまでも王子を世継ぎからはずさないためにジョンが考え抜いた人選と知り、
なんて慈悲深いお方(涙)と月山大君夫人パク氏がカンゲキしまくっています。

ユン淑儀のまたいとこ左議政ユン・ピルサンが、世継ぎを変える活動を始めます。
ハン・ミョンフェと領議政チョン・チャンソンに、廃妃と王子の始末を相談。
でもジョンの意向を知るハン・ミョンフェは王子を消すことには賛同しません。

大王大妃や新王妃(貞顕王后)やハン・チヒョン(大妃従兄)や学者たちが、
ソンイと王子を一緒に暮らさせるようにとジョンや成宗にお願いし続けています。
成宗は「廃妃の助命を母上に頼むと逆効果だからあえて頼まない」そうですよ。
そんな中、ソンイの家の前には民が食べ物を届け、片っ端から捕えられました。
家の周りをうろついていたというソンイの兄も捕えられて罰を与えられています。

ハン・ミョンフェは「助けるにしても消すにしても二人一緒にすべき」と直言。
ジョンは殺生簿の話をして涙ぐみ、なんだかよくわかりませんが理解し合います。
次にヤン尚宮を呼び、もう一度ソンイの暮らしぶりを視察せよと命令しました。
前回はだまされたから今回はチョン尚宮も同行させるわ!と言われたヤン尚宮は、
ユン・ピルサンたちとグルになり事前にソンイに礼服を届けさせることにします。
王妃が下賜してくれたと聞いたソンイは、宮殿に戻れる!と大喜びするのでした。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント