*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 9話>

チャングムの落第が発表されたその直後に、試験を見回る大妃さまのおな~り~!チャングムの饅頭を食べて「元子にも食べさせたい」と絶賛しました。なぜこの者が落第?小麦粉をなくした?と大妃が尚宮たちに事情を尋ねていると、お付きのノ尚宮が「私のせいなのです。許してやってください」とかばいます。大妃はチャングムにスンチェやユウガオの薬効を聞くとさらに感心し「合格!」。

というかノ尚宮は饅頭汁を食べた昨夜の時点でとりなしてくれるべきですよねー。縫い上げた服を持ってきたハンイから謝罪もお礼もなかったのも気になります!

合格した女官たちを前にノ尚宮が「女官の誓い」として昔話を始めます。「明の使者に乱暴されて妊娠した後輩の女官を自害させたが乳飲み子に手を下せず、ひそかに自分の部屋で育てた。その子は私を本当の母親だと思っている」。次に提調尚宮がこの話に込められた教えを新人女官に説きました。「王への裏切りは命をもって償え。そしてこの話を他言しないのが女官の情だ」。やがて訓育を終えたチャングムたちは任命書をもらい、ノ尚宮が宮殿を去ります。

さて、同期の女官のうち首席のクムヨンだけが上級女官で、他は下級女官。中級以下は、王の食事を用意する退膳間(テソンカン)に出入りできません。可愛いヨンセンは実は掃除が苦手で寝言がすごいらしく、ヨンロが怒って大喧嘩。ヨンセンはチャングムと、ヨンロはクミョンと同室になります。ハン尚宮はチャングムに大切な“親友(=チャングム母)の包丁”を贈呈。共に最高尚宮をめざした親友のことを「好奇心旺盛で情の厚い人」と話しました。

女官になり一時帰省したチャングムを、ナジュ宅(一応母代わり)が心配しています。「結婚できないよ?あんな亭主でもいないよりマシ。お前は先を急ぎ過ぎている」。翌日には料理を持たせてくれますが、俸禄から毎月米を二合返せと言い渡します。

チャングムは内禁衛ミン・ジョンホの上司がノリゲを持っていると思っています。一方のミン・ジョンホは捕えた倭人の女から“錦鶏をもった女”のことを聞き、手がかりを辿ってカン・ドックの家へ。でもナジュ宅にごまかされ、しかもノリゲを見た途端にナジュ宅が「私のです」と言い出したので怒ってます。

ある日、中宗の狩りに付き添ってチャングムたちもお出かけ。サザエの毒を牛の軟骨だと思ったチョバンが料理に入れ、味見した人たちが気絶します。ハン尚宮も口にしており、クムヨンを責任者に命じた後で気を失いました。そこへ「王が冷麺をご所望」と伝達が到着。チャングムは山で美味しい水を調達し、クムヨンと協力してトンチミの汁で冷麺をつくり、中宗に供しました。評価はいかに!?
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 8話>

チャングムが多栽軒から水刺間に復帰したのは、内人への昇格試験まであと7日というときでした。提調尚宮に復帰を頼んだみんなは大喜び。クムヨン(クミョン)は料理の本を貸してくれます。

ウンベクは司饗院の知り合いパク・インウ主簿への手紙をチャングムに預けます。しかしパクは地方赴任しており、代わりに対応した内禁衛の従事官が手紙を読むと「その女官は妨害にめげず薬草を栽培した聡明な子。書物を貸してやってくれ」。その従事官ミン・ジョンホは以前チャングムが助けた男ですが、互いに気づかず・・・部屋で自分のノリゲを見かけた気がしたチャングムは首を傾げつつ去ります。

昇格試験の出題を、大妃(貞顕王后)は大妃殿のノ尚宮に任せます。まもなく引退して尼寺へ行くノ尚宮(勤務歴50年)へのはなむけでした。そのノ尚宮が出した問題は「頭否頭 衣否衣 人否人」、答えは「饅頭(マンドゥ)」。早く解答した人から実技試験の材料を選べるしくみで、真っ先にクムヨン(クミョン)が正解し、出汁に最適な“ともばら”を選択。授業に出てないチャングムは答えられず、残った材料から選びました。あんな幼い頃に故事の「鶏肋」を答えたのに、饅頭はわからないんですね~

針房の見習い女官ハンイが、昇格試験で実技製作するために、チャングムを採寸。その夜、チャングムの小麦粉(チンガル)が紛失します(下女ホンイは居眠り)。チョン尚宮に相談しても「材料管理も試験のうち!」と助けてはくれません。ハンイの仕業!と気づいたチャングムが厨房に駆け込み、そこへ見回り中の役人(ミン・ジョンホ含む)もやってきてハンイを追及するも、「お仕えした尚宮様の好物だから返せません!その方は私の実の母です!」。

は?尚宮は王の女!なに言ってるんだ?と役人が驚いていると、ノ尚宮が登場。大平館で明の役人に乱暴されたのです・・・と役人に話してその場を収めました。「母のためにつくりたい」と聞いたチャングムは、小麦粉をハンイに譲ります。

試験では、アイデア料理「これで冷めない♪饅頭in饅頭」をつくったクムヨンが首席。多栽軒で採ったスンチェとユウガオを小麦粉がわりにしたチャングムの饅頭を、長番内侍は絶賛するも、与えられた材料以外を使っているので落第しました。
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 7話>

チャングムの追放を知ったクムヨン(クミョン)はチェ尚宮に頼みますが、「経緯を言えば全て知られてしまう!遅れたのはチャングムだ!」。チョン尚宮とハン尚宮にも手の打ちようがなく、いよいよチャングムが出宮するそのとき、お許しが出ました!さすがドラマです!実はヨンセンにねだりまくられたチョン尚宮がハン尚宮とともに提調尚宮にお願いし、三年間俸禄ナシという条件を飲み、菜園への転属になったのです。

が、その菜園タジェホン(多栽軒/茶斎軒)がクセモノでした。左遷されたら最後、誰も戻れない、別名「女官の墓場」。薬草栽培という職務は名目だけで、昼間から酒を飲んで寝ている人もいるほどです。そんな怠け者のおっさんをチャングムがパジ(宮中の男の奴婢)だと思っていたら、なんと彼が多栽軒の責任者で元医官のチョン・ウンベク主簿(酒が原因で辞職)と知ってびっくり。「希望があるかのように歩き回るな。何もするな」と言われますが、チャングムは司甕院から支給された種で栽培を始めます(誰もが通る道とか)。

内人への昇格試験を控えた水刺間では、見習い宮女たちが勉強に励みます。ヨンセンやクムヨンがチャングムのためにノートをとってくれるエピソードも登場します。

前話でチャングムに助けられた男は、自分を助けてくれた女性を捜していました。彼は文官の身ながら内禁衛の従事官として訓練と特別任務に励んでいるそうです。

百本(ペクポン)と呼ばれる黄花黄耆(キバナオウギ)は栽培が難しく、超高価。栽培を成功させようと頑張るチャングムの姿を見た多栽軒メンバーが後につづきます。芽が出た!と喜んでいたら、畑を荒らされ、仲間の奴婢の仕業だと判明。ウンベクがその奴婢を別提に引き渡すも、「この件から手を引け」と役人に命じられます。

明から輸入される百本はチェ・パンスル商団が独占しており、オ・ギョモの資金。栽培に成功すると資金が減るので、妨害したいのです。そこでウンベクは苗を市場で売り、わざと義禁府に捕まり、栽培成功を明らかに。ウンベクがチャングムの手柄を強調してくれ、水刺間への復帰が決まりました!
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント