*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 37話>

シン・イクピル主簿が誤診したことや親類イ・ヒョンウク(イ・ヒョヌク)を罷免したことを怒っている大妃(貞顕王后)。しかしその裏には左賛成(=士林派やチョ・グァンジョ)への嫌悪があるようで、昭格署のことを持ち出しています。シン主簿の誤診もチョ・グァンジョがかばって大問題にならなかったそうですよ。

我々に他意はありません!あちらがそう出るなら走肖為王事件とアヒル事件の真相を明かします!と左賛成は中宗に訴えますが、大妃の容態が悪くなったので、中宗はあっさりとシン主簿を罷免。母上が治療を受けないなら昭格署の復活も功臣田のこともなんでも言うこと聞く!と言い出しました。

罷免されてもシン主簿は湯薬を持って大妃殿へ。聞く耳を持たない大妃にチャングムが「大妃様は王様と賭けをなさっています!治療をなさらないとお体が危険です。私の卑しい命をかけて私と賭けをしてください!」となぞなぞ対決をオファー。なぞなぞがわからなかったら治療を受けると約束をしてもらいます。

肝心のなぞなぞの内容は「古くからの食医で、一家の奴婢として辛い仕事をたが、同時に一家の師匠で、存命中は世界が安泰でも、亡くなるや世界が水に沈んだという伝説を持つ人はだーれだ!?」。みんなは答えを知ろうと躍起。ヨンロは宮女をこき使って調べさせます。中宗も王妃(文定王后)も答えがわかりません(ナンジョンに聞けば一発でわかると思うのですが)。

どうでもいいのですが、恵民署から移ってきた同期医女のチョドンとチョボク(叱られたチャングムたちが恵民署に送られる予定だったので代わりに内医院にやってきたという設定)も答えを知りたくてキャピってます。

さて今回はヨンセンが中宗にばったり遭遇。おてつきしたヨンセンのことを忘れていた中宗は「見覚えがあるな、どこの尚宮だ?」と聞きます。数年前に承恩をいただいたヨンセンですと尚膳が教えますが、普通の尚宮と明らかに服の色が違うのに承恩尚宮だと中宗にはわからないのですかね?

答えをひらめいたクムヨン(クミョン)はチェ尚宮に伝え、大妃の耳にも入りました。しかし大妃は治療を受けることに。なぜなら答えは「母(オモニ)」、つまり大妃のことだったからです。「答えがわからなくても治療を受けねばならず、答えがわかったら自分が王を苦しめているとわかるから治療を受けねばならない。最初から負ける問題だった。お前を罰するわけにもほめるわけにもいかない」。

こうして大妃が治療を受けて皆がほっとしたのも束の間、治療を中断していたのがたたり、身体が弱っていたので大騒ぎになります。
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 36話>

医女ヨリ(ヨルイ)は脈の見立てを自信満々で説明した後、「でもあなたたちの姿勢はうれしいわ。疑問があったら遠慮なく言ってちょうだい」とやさしく話して去りました。内医院の見解もヨリと一致していますが、流産した王妃(文定王后)の体調はよくならず、中宗も心配しているため、右議政で都提調のオ・ギョモが乗り込んできました。

シン・イクピル主簿(前話で典医監から内医院に異動)にシンビが見立てへの違和感を伝えた結果、内医院の会議で取り上げられることに。チャングムは皆が気づいていない歯茎の出血と口臭や散脈(とらえるのが難しい)を指摘し、まだお腹に胎児がいるのでは?と自説を披露。御医女も内医正も信じませんが、おまぬけキャラなチョ奉事が「双子!」と思い当たり、チャングムも頷きます。

双子のうち一人だけ流産したという見習い医女の診断を内医正は否定するも、可能性はあるとシン主簿は認め、ヨリとチャングムが王妃を診脈。ヨリは「牢脈です」、チャングムは「指いっぱいにあふれて脈が散ってしまいます」。再びヨルイが脈をとり「散脈ではありません」。内医正は決断できず、王妃担当のチョン・ウンベク主簿は、これまでの治療に効果がなかったのを理由に、チャングムの診断に基づいて仏手散を処方します。

私の診断ではないので鍼はチャングムが打つべきですとヨリは主張。チャングムに何事もありませんように!と醤庫の甕(=チョン尚宮)に祈るヨンセンがまたまたカワイイです~。でもチャングムの雑草精神を知るクムヨン(クミョン)は油断せず見守るようです。

チャングムが王妃に鍼を打ち、シンビと一緒にお世話。やがて王妃が下血し、もう一人の胎児を死産しました。「私が傲慢でした。恵民署で修練します」と皆の前では謙虚にふるまったヨリは、チャングムと二人きりになると豹変し、「よくも恥をかかせたわね」と睨みます。

国防強化のため功臣田を削減してはどうでしょう?と左賛成が提案。多くの功臣田を所持しているオ・ギョモは嫌がっていますが、儒生たちは自ら喜んで返上して追い詰めます。そこでチェ尚宮が大妃(貞顕王后)に何かを耳打ち。大妃は治療を拒否し始めました。親戚のイ・ヒョンウクが罷免されたことや粗末な医官(シン主簿)を担当医にされたことを怒っているようです。
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ 35話>

王妃(文定王后)が半産(流産)しそう!とのことで、チャングムが中宮殿でお手伝いします。そこへ入ってきたのが、今や提調尚宮にのぼりつめたチェ尚宮。クムヨンと同様に驚愕していますが、チャングムは無視して王妃の手当てを促しました。駆けつけてきた先輩医女ヨリ(ヨルイ)は、胎児と胎盤が出てしまったことを御簾の向こうのチョン・ウンベク主簿(王妃担当医官)に伝えます。

うまくいきましたねとチェ尚宮に話すヨンロ(現在はスバル尚宮)。何か小細工でもしたのでしょうか。この会話から、チェ尚宮たちが反王妃派ということがわかりますね。功臣派の勢いが弱まり、チョ・グァンジョ派だった士林派の登用が進む中、チャングムを追い出したくても事を荒立てられないとチェ尚宮は考えます。

チャングムはムスリのホン(ホンイ)とも再会。思わぬ事態にわなわなしているクムヨンとは対照的にチャングムは「お祝い申し上げます。最高尚宮になられたのですね。幸せですか?」と無表情で、チェ尚宮にも「お元気ですか?」と冷たく挨拶しました。威張り腐っているヨンロは、チャングムを見て腰を抜かさんばかりに驚いています。

さて、ミン尚宮(とチャンイ)は、いろんな部署をたらいまわしにされた後、やっと大殿の至密尚宮になったと思ったら、王のトイレやサニタリー担当でした。前の提調尚宮がチェ尚宮の策略で罷免されたことや、ヨンセンが一度承恩を受けたもののチェ尚宮に妨害されてさびしい立場だと教えてくれます。

そんなヨンセンは醤庫でお祈りするのが習慣。「おわたりを願っている」と皆はあざ笑いますが、実はチャングムの無事を祈っているのです(いい子です~~)。涙の再会を果たした二人は、ヨンセンの部屋へ。しかし宮女たちは「ヒビン様の来客で忙しいのに!」とウザそうな態度を隠しません。字幕では「禧嬪」になっていましたが正しくは「女人天下」に出てきた熙嬪ホン氏ですね。「私に魅力があったら王様もお越しになってあなたの無念を晴らせるのに」「妓生にでも教わって喜ばせたのに」と泣くヨンセンがかわいすぎます!

左賛成と司憲府執義ミン・ジョンホは、右議政オ・ギョモやパク・フギョムやチェ・パンスルとの会食を設定。食べ終えた後で、「今日の料理は硫黄アヒルです。でも何も起こらないことはご存じのはず。走肖為王事件のとき山で見つかった遺体のこともご存じですよね(???)」と強く出ました。さらにミン・ジョンホはチェ・パンスルに「ソ内人を追放しようとしたら宣戦布告と受け取る」と釘を刺します。辛いクムヨンがチャングムに脚をもませると、「みぞおちの上が痛みませんか?」と指摘されてしまいました。

チェ尚宮と通じている内医正チョン・ユンスは、チャングムを左遷するため、とんちんかんなチョ奉事(ボンサ)に指導を任せ、チャングムとシンビに失敗させた挙句、「恵民署へ行け!」と怒りました。王妃の病状はよくならず、チャングムとシンビは脈がおかしいと感じます。しかしそれは一番優秀な医女ヨリとは異なる見立て。会話を書庫で小耳に挟んだヨリは「文句あんの?」と凄みました。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント