*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 62話>

イサン第62話「夢叶う」

「そなたが側室にならなかったのは絵のためではなく母上に反対されたから。
そなたがいない辛さをなぜわかってくれぬ?王ではなく男として頼んでいる」。
一国の王たるイ・サン(正祖)がソン・ソンヨンに怒涛のラブラブ告白します。
迷うソンヨンでしたが、弟ソンウクに背中を押されて、木の下で待つ王のもとへ。
二人は夜桜を背景にしてぎゅっと抱き合うのでした。めでたしめでたし♪です。

宮殿に戻ったイ・サンはパク尚宮にソンヨンの身づくろいを命じると、
恵慶宮(イサン母)の許可も得ずにソンヨンを寝所に呼んでから自分は読書堂へ。
これは、既成事実をつくることで、母の恵慶宮ホン氏に認めさせる作戦でした。
けれどももちろん恵慶宮は激怒。その大きな理由は、ソンヨンの身分が低いから。
王子を産んでも先王(英祖)のように苦労して王室も不安定になると説きます。
そんな母にイ・サンは「ソンヨンがいないと生きていけない」と答えました。

そなたを許せない!あの女を認めない!と恵慶宮は孝懿(ヒョイ)王妃を叱責。
ホン・グギョンもソンヨンの後宮入りに反対しているので、養子話を強引に進め、
恩彦君(ウノングン)の息子を亡き妹・元嬪(ウォンビン)の養子にしました。
その養子に王室と自分の出身地にちなんで完豊君(ワンプングン)と名づけます。
イ・サンが専売商人の権利撤廃を計画していると知った大妃(貞純王后)は、
権利を守りたい専売商人は王を替えることすら企むだろうとグギョンに指摘し、
元嬪養子の完豊君を世子に冊封して王室を磐石にしろとアドバイスしました。

幼い頃から思い続けてきたソンヨンを失い、涙をこらえられないパク・テス。
ソンヨンの送別会には出席せず、思いを綴った手紙と紅を贈るのでした。

ソンヨンにお衣装を選んだり装飾品をあげたりと王妃は世話を焼いてやり、
すっかりやさしくなったキム尚宮は冷たくあたったことをソンヨンに謝ります。
そしてソンヨンはついにイ・サンと婚礼の儀式を挙げる日を迎えました。
あの頬に貼る赤いまん丸な紙の大きさ、可愛く見えるよう調整したんでしょうね~
ソンヨンの場合はけっこう可愛くほっぺに落ち着いていたように思います。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 12話>  | HOME | <「チャングムの誓い」でプチつぶやき>



>二人は夜桜を背景にしてぎゅっと抱き合うのでした。
>めでたしめでたし♪
恋愛モノは興味がないとしても、
何だかジーンとしてしまったシーンです(シャレか?)
でも、やっぱり興味ナシなので
ホント、うめ子さんの表現通り「めでたしめでたし」状態で見てたりも(笑)
しかし、やっぱりイ・ビョンフン監督のドラマは本当に
映像の撮り方が綺麗!
「めちゃくちゃ演出だってわかるじゃん!」
といえる映像だけど、やっぱ綺麗ですよね。あの桜吹雪!(「遠山の金さん」?)

>思い続けてきたソンヨンを失い、涙をこらえられないパク・テス。
ニクイぞ!テス!(死語?)
ホント、泣かせますね。この男!(>_<)
ソンヨンがものすごく好きなのに、
友達でありながら恋敵であるサンに嫉妬どころか忠誠さえ誓い、
涙を飲んでソンヨンを好きな男のもとに行くのを見送る…。
テスのそんな所、好きだなぁ。
と、感じるのでした。
“好きな女が幸せになれるならそれでいい”
う~ん…なかなかそう思えませんって!スゴイぞ!テス!(笑)
[ 2010/10/25 07:10 ] [ 編集 ]
テス、かわいそう…ですが、そんな姿が確かにニクいです(笑)ソンヨンともやっとまとまりましたね!テス役がチュモンの悪役テソ王子役と同じ俳優さんとはにわかには信じられません。顔は同じだけど醸し出す雰囲気が別人に見えました(*_*)
[ 2010/10/27 01:30 ] [ 編集 ]
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。
チャングムから始まり、私もいろいろな韓国時代劇を見てきました。ビョンフン監督の作品は子供たちも好きで、いっしょに見ています。監督価値観がどの作品にもはっきり表れていると思います。でも、イサンはだんだん見ることが減ってきています。話が少しつまらないなあと思うことも。
今回のイサンとソンヨンの結ばれる話はテスのために見たという感じです。あーいうタイプ私大好きです。
かっこいいです。イサンもあと少しで終わりですね。どんな風になるのかなと思っています。
[ 2010/10/27 08:31 ] [ 編集 ]
>黄梅さん
>テス役がチュモンの悪役テソ王子役と同じ俳優さんとは
>にわかには信じられません。
違います!違います!
「イ・サン」のパク・テスはイ・ジョンスさん、
「朱蒙」のテス王子はキム・スンスさん、
全然違う人です。

…すみません。横から首出してm(__)m
[ 2010/10/27 17:55 ] [ 編集 ]
かよさん

ご指摘ありがとうございます(^O^)情報元が間違ってたかな…すみません汗。違う方なら違う印象で当然ですね!

ソンヨンは史実通り今後は~になっちゃうのかな?(一応伏せ字で…)そうならかわいそう過ぎますー
[ 2010/10/28 06:06 ] [ 編集 ]
ゴジラさま、はじめまして!コメントありがとうございます♪

> ビョンフン監督の作品は子供たちも好きで、いっしょに見ています。

「子供と見る」という観点で考えたのは初めてなのですが
たしかにビョンフン作品はお子さまと見るのに適した作品ですね。
私が親なら、いくら愛するキム・ジェヒョン作品といえど見せたくありません(爆)


> イサンはだんだん見ることが減ってきています。話が少しつまらないなあと思うことも。

そうですね、ちょっと物足りなく思う部分があります。
私は吹き替えで見ているのでそれも不満を助長させる原因かもしれませんが。


> 今回のイサンとソンヨンの結ばれる話はテスのために見たという感じです。

テス好きな方が多いんだな~と新しい発見をした気がしています。
ソンヨンとイサンのラブシーンは現実味がなさすぎたので
(部屋を飛び出すソンヨンをおっかけるイサンとか・・・)
恋愛話としてはテスエピソードのほうが感情移入しやすそうな気もしますね。


「イサン」もだんだんと終わりに近づいてきましたね~
ソンヨンがやっと後宮に入ってくれたので
宮中すったもんだが好きな私の楽しみが増えればいいなーと思ってます。

またお気軽にお寄りくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします♪
[ 2010/10/28 09:14 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント