*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<ジベルばら色粃糠疹>

そこはかとなく幸せそうな名前でしょ。薔薇色ですよ。
これ、皮膚病の名前なんです。じべるばらいろひこうしんと読みます。
今日は長くなりますが私の体験について書こうと思います。
(こんな話、友達相手に熱弁すると引かれそうなので)

あれは10年以上前のこと。
昔から軽いアトピーの気がある私は、
冬になると身体にかゆい湿疹がポツポツとできる体質でしたが
その時の湿疹はいつもと具合が違いました。

第一に、湿疹なのにあまりかゆくない。(不思議)
いつもより大きなサイズの湿疹があり、とても色が鮮やか。
瞬く間に数が増える。
湿疹が二重円のようになっていて、内側部分に皮むけがある。

いつもと違うな~と感じつつ、何せかゆくないのでしばらく放置していた私。
けれども余りにも数が多いし、色がきれ~いな赤色なので、
気持ち悪くなって職場近くの皮膚科に駆け込みました。

その皮膚科は初めて訪れるところ。
診療室の壁に掛けられた先生の卒業証書によると、優秀な経歴をお持ちらしい。
話す口調もテキパキしていて有能そうです。
私は先生に、元来アトピーもちで湿疹には慣れているが
これはいつもの湿疹ではない旨を訴えました。

「最近とくにストレスを感じたり疲れたりはしてませんか?」
 (↑その頃は疲れやストレスとは無縁のお気楽生活)
「カビやダニのアレルギーはないですか?」等、
先生から色々と質問を受けた後、皮膚の表面を軽く削り取られ、
何が原因か検査をしてくれるということになりました。

後日再度病院へ。
検査の結果、何のアレルゲンも見つからなかったとのこと。
部屋が不潔でそのせいで湿疹ができています!
なんて言われたらどうしよう~とビクビクしながら訪れた私は安堵しました。

続いて「恐らくジベル薔薇色粃糠疹という皮膚病だろう」と診断され、
原因はまだわかっていないということも教えてくれました。
昔のことなので細かいことは忘れましたが、きちんと説明してくださったので、
私のその先生に対する印象は非常によいものとなっています。
処方してもらった塗り薬を使ううちにじきに治り、
私の頭の中からこの変な名前の皮膚病のことは忘れ去られました。

が、しかし。
その1年後~2年後くらいに、また同じ症状が出たのです。
もう以前と職場は変わっていたけれど、あのときの皮膚科を再訪した私。
先生がおっしゃるには
「うーん・・・。ジベルばら色粃糠疹は
再発しないとされてるんですけどねえ」
でも症状をみるかぎりジベルばら色粃糠疹との診断が妥当という状況のようで、
私も納得して帰りました。
この皮膚病は、発症中の見た目はちょっとすごいものがありますが、
かゆいわけでもないし跡も残らずに治るし顔にできないので、
変な理屈ですがジベルばら色粃糠疹ならば安心な訳です。

これが私のジベル体験談でした。

が、またまた、しかし!去年の秋、
10年の時を経て、
またジベルちゃんが現れたんです!(←ちゃん付け)


お、ジベルだ。と自己判断し、
手持ちの軟膏をときどき塗るだけでもう病院には行ってませんが、
これは間違いなくジベル。※ただし自己診断なので99%
ちなみににウィキペディア(Wikipedia)よると
「健康食品などの薬疹でも同じような症状を生じることがある」とありましたが
何も服用していないのでその可能性はとても低い。
やっぱりジベルだよね。

あの頃より年をとったせいか冷静に観察する余裕があった今回。
湿疹ができる場所に特徴があるようで、
リンパの付近(要は節々)とお腹付近に多く出来ています。

昔と違ってインターネットで何でも調べられる今。
早速ジベルちゃんのことを調べましたよ。
やはりあのとき先生がおっしゃったように、
再発はしないものとされているようです。

いいえ、ジベルは再発します。
3回経験した私が言うのですから、間違いありません。
よほど私はジベルに好かれているのか?

それにしても再発しないという病気に3回もかかるなんて、
なんだか自分の体質とジベルが愛しく思えてしまう私・・・。
こんな呑気なことを言えるのは、大きな実害のないジベルだからこそですが。

思えば私のアトピー歴(軽度ですが)も、もう20年。
ジベルがまた現れたのも、どこかが健康でない証かもしれません。
これを機に体質改善を考え始めました。まずは青汁かな。(単純)



年があけた今、ジベルちゃんたちはすっかりなりを潜め
普通にかゆい、いつもの湿疹が、ポツポツと現れています。

ちゃんちゃん
スポンサード リンク
<右京さんの離婚>  | HOME | 



こんにちは。私もつい今日ジベルと診断され、ネットで検索していたものです。
調べたところによるとアトピーを持っている方は再発しやすいと、書いてありましたよ。
痛くも痒くもないのでいいですが、見た目があれなんで、夏になってしまったのはちょっと残念です・・・
今年は水着きれないなーなんてのん気なことを思っています(笑)
[ 2010/07/20 15:23 ] [ 編集 ]
masamiさま、はじめまして!コメントありがとうございます。


> 調べたところによるとアトピーを持っている方は再発しやすいと、書いてありましたよ。

そうなのですね!じゃあ私は再発しやすいのかあ~
私が記事を書いた当時はそのような情報を見つけられず
教えていただいて少し安心しました。


> 痛くも痒くもないのでいいですが、見た目があれなんで、夏になってしまったのはちょっと残念です・・・

冬のかゆかゆ湿疹と比べると辛さはないのですが
見た目がアレなので夏だとちょっと困ってしまいますね。
どうせなるなら冬になりたいものです・・・


> 今年は水着きれないなーなんてのん気なことを思っています(笑)

いやいや、いつも水着を着てらっしゃったのか~と思うとうらやましいです。
私は湿疹がなくても水着きるとたぶん迷惑罪で逮捕されると思うので(爆)

私は数年前に超激務な状態から抜け出してから
アトピーもあまりひどくならなくなりました。
気がついたらアレルギーも軽くなっていました。
疲れとストレスは本当に影響大きいなと思いました。
masamiさんも早く治るとよいですね。
[ 2010/07/21 02:28 ] [ 編集 ]
横から失礼しますm(_ _)m

ジベル、鴨居まさねさんの漫画で初めて知りましたが(その名も「ジベルばら色」という漫画)、うめ子さまがかかってらしたとは!驚きました。

私もアトピーがあったのですが成人後発症し今はほとんどなく、気をつけながら生活しています。ストレスは大きいですね。確かに、症状が酷い時に妹に見せたら、血縁者でもどん引きされました…

この酷暑、気をつけたいものです(^O^)
[ 2010/07/25 11:08 ] [ 編集 ]
あなた様と同じ冬アトピー体質30年です。
私も不明な発疹が13年後に出ました。寒い同じ時期です。だんだんと増えるのが今からゆうつです。
[ 2011/01/03 15:48 ] [ 編集 ]
ちゃるさま、はじめまして!
コメントありがとうございました。
ちゃるさまもアトピーに悩まされているのですね。
私は一番ひどい頃から比べるとずいぶん軽症になりましたが、
今年の年始は帰省したら一気にかゆみが・・・:涙。
(実家がストレスなわけではなく気候変化や一軒家の寒さなどがあったようです。
あと、実家のお風呂はお湯の温度が異様に高い・・・)

お互い食べ物やストレスに気をつけて、きれいな肌ですごしたいですね。
[ 2011/01/04 01:47 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!なんと黄梅さまもけっこうなアトピーでしたか。
私も大人になってからはかなりマシなのですが、
油断しているとポツポツできて、かきむしってしまうと跡がのこるので、
その冬の後の春夏に肌を出すのがはばかられることがあります。

漫画のことも初めて知りました。調べてみます~
[ 2011/01/04 01:50 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント