*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<ソウル旅行 ブランド天国?編>

久々の韓国ソウルより戻りました。
寒くて寒くて凍えた日もあったけど楽しかったです。

ソウルではブランドコピー品がまだまだ健在なのに少しびっくり。
最近のニュースでは中国だけがすごいというイメージを持っていたので
行ってみて「そういえば韓国もだったなあ」と思い出したくらい。

タクシーの運転手さんに何度も誘われたんですよ。
「お客さん、ブランド興味ない?イテウォンに行けば
 スーパーコピーが手に入るアルヨ。(←中国人ではない)
 そのへんに売ってるのは中国製でダメあるネ。(←中国人ではない)
 だけどイテウォンのは韓国製アルヨ!(←中国人ではない)」
てな愛嬌のあるノリで。

コピー品にもそんなランクがあるんですね。
「興味ない」と答えたら驚かれたらしく
「アイゴ~っ、こんな人初めてアルヨ」と嘆かれ、
最後まで何度も「日本人はみんな買うアルヨ!」と言われたけど
そんなに皆さん買ってるんでしょうかね。

「韓国の人はもたないの?」と聞くと
「韓国の人もみんなもってるアルヨ!」とのこと。

注意して見ていたわけではありませんが
江南エリアを歩いているとき
あきらかにそれは本物じゃないよね!?
とわかるメガブランドのバッグを持ってた女性を見かけました。
だって、後ろ側に“ありえないほどのシワ”が寄ってるんだもの。。。

ちなみにワタクシ、たま~にですがメガブランドのものを買うときは
ちゃんと直営ブティックで買います。
買うとなればあまり価格差とか気にしないので
海外と日本の差や並行輸入店との差を調べたりはしません。
ブランドってそういう心意気で買うもんじゃねえっ!(江戸っ子か?)
と思っているので。

と、エラそうなことを言えるのはほとんど買わないからかもしれませんが。


話を韓国に戻しましょう。
街には夜になると露店が立ち並び、
結構な数のコピー品を見ることができました。

おもしろいので眺めていたら
他で見たコピー品とは明らかに違って
つくりが細かく凝ったデザインのアクセサリーがあったので
タクシーの運転手さんからの知識を拝借して
「これってメイドインコリア?」と聞いてみました。

するとお店の若い女性が自慢げに
「うちの実家の工場でつくってるの!」

こういう品に自慢も何もあったもんじゃないという気もしますが
へへーやっぱり!細工が細かくて素敵なのはメイドインコリアなのねっ
と感心してしまった私なのです。

買わなかったけれど、なんか楽しいネタでした。
スポンサード リンク
<ソウル旅行 シートマスク編>  | HOME | <さよならジョン尚宮~(涙)>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント