*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<そうは呼びたくないけれど“懐メロ”に浸ってます>

急に松田聖子の「マイアミ午前5時」が聞きたくなって
古いCDを引っ張り出して
ここ数日は聖子ちゃんワールドに浸ってました。

むかしテレビ番組でやる“懐メロ”といえば
グループサウンズやらムード歌謡やらだったけど、
今や聖子ちゃんの歌も若い子たちから見たら立派な懐メロなのでしょうね。

聖子ちゃんはいい歌をいーーっぱい出しているけれど
「瑠璃色の地球」みたいないわゆる名曲扱いされている曲は
いかにも「いい曲でございますでしょ」みたいなあざとさも感じて
実はそんなに大好きというわけではありません。
(嫌いじゃないんですけどね。
聖子ちゃんの歌は別に名曲扱いされんでもいいよ!みたいな
天邪鬼精神をもってしまうひねくれものの私です)

その点「マイアミ午前5時」は
聖子ちゃんらしい甘さと切なさがあって
海外が舞台で季節は夏・・・
“聖子の歌”としての完成度がかなり高いと思っています。

♪靴の底には砂がつまって痛いから
♪逆さに振れば二人だけの夏がこぼれるわ

♪あなたの腕の缶のビールを
♪いたずらにひと口飲んで
♪遠い船の灯りかぞえたわ

歌詞もとってもかわいい。
これぞ松本隆せんせ!って感じの素晴らしさ。
作曲は来生たかおせんせです。

もっと他にも好きな曲はたくさんあるのですが
この記事は「マイアミ午前5時」がいい曲だ!
という話題にてとりあえず終了します♪
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 100話(最終回)>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 99話>



色付きの文字通りすがりの者です。

私もマイアミ午前五時が大好きです。

ユートピアというアルバム収録でしたよね。

小学生の時に聖子ちゃんの渋谷公会堂のコンサートへ行き、

母にそのLPを買ってもらったのを覚えています。

青く、プールの中に聖子ちゃんがいるジャケットでした。

このアルバムのセイシェルの夕陽もいい曲でしたよね。色付きの文字
[ 2009/06/19 00:25 ] [ 編集 ]
ニャラさま、いらっしゃいませ!
マイアミ午前五時に反応してくださってとてもうれしいです♪


> 青く、プールの中に聖子ちゃんがいるジャケットでした。

そうでしたそうでした!なつかしい!


> このアルバムのセイシェルの夕陽もいい曲でしたよね。

いい曲でしたね~~!
実はセイシェルの夕陽のことも記事に書こうかと思ったのですが
長くなりそうだったのでやめたのです。
聖子ちゃんの歌は、知らない国のことを教えてくれて
いろんな国に私を連れてってくれました。
ああ、お返事を書いていたらまたマイアミ午前五時が聞きたくなりました。


ぜひまた遊びにきてくださいませ。
[ 2009/06/19 21:55 ] [ 編集 ]
うめ子さんもR35世代の聖子ちゃんを聴いて青春を過ごした方とお見受け
しましたので、もう少し聖子ちゃんソングで盛り上がりたいなーと思い、
再度訪問させて頂きました。

ユートピアはいいアルバムでしたよね。
ジャケットも素敵でした。
パイナップルも同じ濡れ髪でも、元気溌剌な聖子ちゃんでしたが
ユートピアはもうちょっとしっとりしたムードの
聖子ちゃんでしたよね。

当時小学生だった私はセイシェルの夕陽の曲でセイシェルという
国があることを知り、学校の地図で場所を確認したことを覚えています。
どんな国なんだろうー、いつか行ってみたいなーと漠然と思っていました。

マイアミ午前五時に話は戻りますが、あの曲の歌詞はすごく
ドラマティックじゃないですか。
女の子は少し背伸びをした、お金持ちのじゃじゃ馬娘みたいな女の子で、
彼氏は結構年上で、マイアミに住んでて、女の子が好きで彼氏の家に
押しかけたんだろうなーとか、でも女の子は街に帰っちゃうから
もう別れちゃうのかなぁーとか妄想してました。(笑)

昔NHKで聖子ちゃんのライブを放送してるのを観ましたが、
リクエストでこの曲やってーって言われてましたよ。
きっと聖子ちゃんファンには隠れた名曲なんですよね。

あと隠れた名曲といえば、カナリー、マドラスチェックの恋人、
蒼いフォトグラフなど私はが好きでした。
うめ子さんはどんな曲が好きでしたか?

チャンヒビンでこちらを訪れたんです。
私は74話辺りで止まっています。(汗)
[ 2009/06/20 19:21 ] [ 編集 ]
ニャラさま、再びいらっしゃいませ~

> うめ子さんもR35世代の聖子ちゃんを聴いて青春を過ごした方とお見受け
> しましたので、もう少し聖子ちゃんソングで盛り上がりたいなーと思い、
> 再度訪問させて頂きました。

歓迎でーーす。青春というより思春期に近いものがありますが、
聖子ちゃんの歌をきくととにかくなんともいえない気分になります♪


> ユートピアはいいアルバムでしたよね。
> ジャケットも素敵でした。
> パイナップルも同じ濡れ髪でも、元気溌剌な聖子ちゃんでしたが
> ユートピアはもうちょっとしっとりしたムードの
> 聖子ちゃんでしたよね。

こちらを見つめる、あどけないけどしっとりした瞳が印象的でしたね。


> 当時小学生だった私はセイシェルの夕陽の曲でセイシェルという
> 国があることを知り、学校の地図で場所を確認したことを覚えています。
> どんな国なんだろうー、いつか行ってみたいなーと漠然と思っていました。

セイシェル!!行きたい場所のひとつです。いつか行きたいと思ってます。
日本からの旅行はけっこう高くつくみたいで、おまけに行き方も面倒っぽくて、
いつ実現するかわかりませんが・・・。
JALがチャーター便の直行便だしてくれたらいいのにーと思ってるのですが
叶わないのかなあ・・・。聖子ちゃん世代の人は響くと思うんですけどね。


> 女の子は少し背伸びをした、お金持ちのじゃじゃ馬娘みたいな女の子で、
> 彼氏は結構年上で、マイアミに住んでて、女の子が好きで彼氏の家に
> 押しかけたんだろうなーとか、でも女の子は街に帰っちゃうから
> もう別れちゃうのかなぁーとか妄想してました。(笑)

私の個人的妄想を暴露しますと、
女の子のほうは聖子ちゃん自身、もしくは働く女性で、
短い夏休みをつかってひとり旅に来た。
そして恋に落ちた。
お相手は、志はもっているんだけど、社会的にはプーに近い感じ。
海の近くのバーで働く作家志望の男性か、
海洋生物を研究している貧乏学者。見た目はいい。
女の子のほうは引き止めてほしいとは思っているけど
やはり現実の自分の世界に戻っていく・・・

「生きる世界が違う そう短くつぶやく横顔の冷たさが憎らしい」
の部分を聞きながらこんな感じのストーリーを思い浮かべてました♪


> 昔NHKで聖子ちゃんのライブを放送してるのを観ましたが、
> リクエストでこの曲やってーって言われてましたよ。
> きっと聖子ちゃんファンには隠れた名曲なんですよね。

みたいですね~!この曲がシングルじゃないなんて
聖子の歌はレベル高い!とほめている文章も拝見したことがあります。


> あと隠れた名曲といえば、カナリー、マドラスチェックの恋人、
> 蒼いフォトグラフなど私はが好きでした。
> うめ子さんはどんな曲が好きでしたか?

きゃーきゃー♪蒼いフォトグラフはじめどれも懐かしいです。
カナリーの歌詞もいいですよね~♪
他には、ニャラさんも挙げられている「セイシェルの夕陽」大好きです。
「ブルージュの鐘」もいいなあ。海外を舞台にした曲、
ほかにも「雨のコニーアイランド」とか「マウイ」とか色々ありましたよね。
「エイティーン」とか「オンリーマイラブ」「ロマンス」あたりも初々しくて好き。
B級ちっくなのでは、「kimono ビート」「マンハッタンでブレックファスト」
「レッツボーイハント」とかも好きです。
定番ですが「未来の花嫁」と「制服」もはずせませんね♪


> チャンヒビンでこちらを訪れたんです。
> 私は74話辺りで止まっています。(汗)

そうだったんですね!!
チャンヒビンのその後の進み具合はいかがですか。
聖子ちゃんもチャンヒビンもどちらも楽しみましょうね♪
[ 2009/06/26 08:33 ] [ 編集 ]
そうだ、「時間旅行」もなぜかほろっとくる曲です。
一人でパリに行くようになってからは
成田で「時間旅行」が頭の中を一瞬流れ、まるでにわか聖子気分!
でも聖子ちゃんの歌のように元彼に会うなんて劇的な出来事は
まーーーーーったくありません!

だいたい旅行に行くときはその前の仕事が必然的にハードになるので
朝まで仕事しててボロボロ・よたよたで空港に行き
飛行機に乗った途端にぐーすか寝ますから
ロマンティックな余韻なんて皆無なんですよね・・・

それでもなぜか頭の中を流れる「時間旅行」すごいです。
なぜか「北ウイング」は流れないんですよ~
[ 2009/06/26 08:56 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント