*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 24話>

定宗2年(1400年)1月の第二次王子の乱がショボーい戦闘シーンで描かれます。
バンウォンの屋敷にモク・イネの馬だけが戻ってきた有名なエピソードも登場。
夫の後を追う!刀を持ってきて!と取り乱す夫人ミン氏を使用人が制止します。
が、結局はバンウォンが勝利し、兄バンガン(懷安君)は兎山(トサン)へ流刑。
2月1日、重臣の強い意向で、バンウォンがついに世子(世弟?)に冊封されました。
上王・太祖が嘆いていますが、激怒したり何かを投げつけたりはしていません。
世子嬪になってウキウキのミン氏が、このお礼は必ずすると寧善翁主に約束します。

イ・スッポンは異例のスピード昇進を果たし、中枢院副使と左軍節制使の兼任職に。
紀綱を正すには30年かかる!官僚の不正を見逃すな!とバンウォンが手下に命じます。

念願叶ってよかったわねーとミン氏に嫌味を言った王妃(定安王后)でしたが、
支えてくれる臣下がいないなら王座を世子に譲りましょう・・・と定宗に進言。
“この日を10年待ち続けた”バンウォンが、譲位のしらせにうれし泣きします。
(太祖が威化島回軍したときはバンウォン22歳、太宗に即位したときは33歳)
11月13日、定宗は上王・太祖の反対を押し切ってバンウォンに譲位しました。

こうして誕生した李氏朝鮮王朝第三代王・太宗は、意欲的に改革を進めます。
申聞鼓を設置し、知申事パク・ソンミョンを敬差官(≒暗行御史)として派遣。
使用人パウ(ワン氏)にはチョン・フン(田興)の名を与えて義禁府漢城府判尹に、
(このとき本籍を南陽にしてもらったので、南陽田氏の始祖となるのでしょうか)
イ・スッポンには出身地にちなんだ安城(アンソン)君という爵位を与えました。

王妃(元敬王后)となったミン氏は、老ノ尚宮にはにっこり笑ってお礼を言った後、
金品はたっぷりやるから宮殿の外で暮らせと寧善(ヨンソン)翁主に命令します。
やっぱり寧善翁主は太宗と関係があったようで、側室になりたかったみたいですね。
チョナー!ひどい仕打ちです!と大殿の前で泣き叫びながら宮殿を後にしました。
スポンサード リンク

<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 23話>

ソンを痛めつけたイ・スッポンは、屋敷に二度と来ないと約束させて解放しました。
イ・スッポンは乳母に「アガシ」と呼ばれるソンの正体が気にならないのですかね?
(ちなみに今回、ソンの亡き父ワン・ドクの爵位が熙宗(フィチョン)君と判明)

定宗が即位してから、景福宮にはカラスやカササギが巣をつくっていました。
夜になるとミミズクやキツネの泣き声が聞こえ、無数の流星が流れたそうです。
松都に財産がある重臣が「不吉の前兆」という噂を流し、遷都の動きが発生。
上王・太祖の四男バンガン(懷安君)が遷都を主張してバンウォンと揉めてます。
このバンガン役の俳優さん、「龍の涙」でも同じ役を演じていた方ですよー。

この大勢には逆らえないとハ・リュンやミン・ジェも遷都にしぶしぶ賛成。
ってことで、定宗元年(1399年)3月7日、王朝の都が松都(開京)に戻りました。
ナレーションによると、鳥のせいで都を捨てたのは世界史にも類を見ない事件とか。
この日に太祖が貞陵(神徳王后の墓)を見て涙を流したと記されているそうです。
高麗王朝の恨み(カラス)による遷都を民はあざわらい、ソンもちょいスッキリー。

嫡子がいなければご兄弟を世弟にしては?と重臣たちが定宗に進言しました。
王妃(定安王后)は側室の子ブルロを世子にしたいらしく、勉強に励めと命令。
今は尚宮に扮してバンウォンのスパイをしている寧善翁主(高麗ウ王の側室)が、
私の将来をちゃんとしてよね!とイ・スッポンを通じてバンウォンに催促してます。

ウォン・チョンソクのもとでバンウォンと共に学んだパク・ソンミョンが初登場。
朝鮮王朝への協力は拒んだ師匠でしたが、彼をバンウォンのもとへ行かせたのです。
バンウォン、ファン・ヒ、パク・ソンミョンが一緒に飲む場面が出てきました。

ここでいきなり、バンウォンとバンガンが戦う第二次王子の乱が勃発!
きっかけは、バンガンを密謀していたイ・レが不穏な動きに気づいたからでした。
イ・レが報告したのは、自分とバンウォンの師匠で高麗遺臣のウ・ヒョンボ。
争いを止めたいウ・ヒョンボは、息子とイ・レをバンウォンの屋敷へ行かせました。
師匠に従うと返答したバンウォンを、夫人ミン氏とイ・スッポンがせっつきます。
スポンサード リンク

<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 22話>

高麗王族末裔ソンの乳母が、右副承旨イ・スッポンに無理やり連れて来られました。
「セウンを生かしておいた旦那様はやさしい。つべこべ言わずわが家に仕えろ」
とイ・スッポン母と夫人チョン氏が意味不明な屁理屈を乳母にたれています。
イ・スッポンの息子ギルサンもムカつくクソガキのようで、とてもエラそうです。

定宗が即位前にめとった側妻ユ氏とその息子ブルロが竹州からやってきて入宮。
バンウォン(靖安君)の即位を阻みたい上王・太祖がブルロの世子冊封をせっつき、
庶子なので・・・と反論するチョ・ジュンやハ・リュンを怒鳴りつけています。
ユ氏がカウィ翁主となり、ブルロが元子と呼ばれる事態に、バンウォン夫妻がムッ。
バンウォンは兄の定宗に、夫人ミン氏は王妃(定安王后)に抗議しました。
「どこの馬の骨の子かわからない庶子をこの国の世子にするのですか!?」。

王妃はミン氏にムカつきつつ「上王様と殿下の意向には逆らえない」と回答。
ミン氏のほうも「誰のおかげで王妃になれたのよ?」とやっぱりムカついています。
ユ氏の親戚であるチョ・バクへの反感を募らせるイ・スッポンたち。
もう一度決起しましょう!と進言するも、バンウォンは乗り気ではなさそうです。

乳母の事件を知ったソッポ大師がバンウォン宅へ行くと、なんとイ・スッポンが!
すでに事情を聞いて知っていたバンウォンは、イ・スッポンを諌めるどころか、
人を殺めない限りどんな罪でも許すと約束した私の罪だ♪と笑い飛ばしました。
こりゃだめだ・・・とソッポ大師が落胆して山に戻ると、ソンが行方不明。
ソンは山を下り、ひそかに乳母に会おうとイ・スッポン宅を訪ねていたのです。
再会を果たした二人が門の前で抱き合っていると、運悪くイ・スッポンが帰宅。
ソンが捕らえられ、私を代わりに罰してください!と乳母が泣きすがるのでした。
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント