*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<馬医 相関図 その3 クァンヒョンと親しい人々>

★チュ・ギベ(處基北)/馬医、クァンヒョンと家族同然
幼いクァンヒョンが転がり込んだ牧場の馬医。自分の影響で馬医になったクァンヒョンを父親のような気持ちで見守る。涙もろい性格。都でクァンヒョンとチャボンと一緒に住むようになり、馬房(マバン=馬の診療所)を開業する。武橋湯飯(ムギョタンバン)の女将チュ・イノクと恋に落ちかけるも、結局は見合いを続けている。最終話で40歳と判明してびっくり!

★チャボン(子福)/馬医、クァンヒョンと家族同然
チュ・ギベの子分。けっこう怖がり。事件に巻き込まれて捕らえられそうになると突然クァンヒョンのせいにして逃げようとするクセがあった。だが28話では成長したのか、「代わりに牢に入る」発言をする。

★オ・ジャンバク(呉張半)/クァンヒョンの師、武橋湯飯の料理人
昔は宮殿に勤めていた役人。酔って暴れてヨナ島に配流されたときにクァンヒョンに文字を教える先生となった。クァンヒョンと一緒に島から逃亡し、その後は評判の料理店「武橋湯飯(ムギョタンバン)」の料理長として腕をふるう。大人になったクァンヒョンからは「熟手(スクス)オルン」と呼ばれていた。長年狙っていた女将チュ・イノクと見事に結婚。

★ソ・ドゥシク(徐頭植)/イ・ソンハの友人、義禁府都事
イ・ソンハの友達。妹ソ・ウンソが寡婦のためおおっぴらに診療できず困っていたときにクァンヒョンを知り、無理やり治療させようとする。クァンヒョンが馬医と知ると怒り、絶対治せと迫るなど、直情型な部分を見せていたが、根は単純でいいヤツ。ウンソを救われてからはクァンヒョンの援護者となる。そうは見えないが代々大提学を輩出した家柄の出身。

★ソ・ウンソ(徐恩瑞)
ソ・ドゥシクの妹。左議政チョン・ソンジョの長男と結婚するも、若くして未亡人となった。クァンヒョンに生きる勇気をもらい、異例の外科術も受けて元気を取り戻し、兄妹そろってクァンヒョンを支える。義父の悪だくみを盗み聞きできる立場。

★チュ・イノク(朱仁鈺)/武橋湯飯(ムギョタンバン)の女将
“王様もお忍びでやってくる”ほどおいしいと評判の食堂「武橋湯飯」の女将。バツイチ。ジニョンからは「オンニ」と呼ばれている。美人だが口が悪く、クァンヒョンの生死を気にするチュ・ギベの前で平気で「死んでいる」とズケズケと言う。金の亡者でもある。一人息子のパク・テマン(医官でクァンヒョンの友達)には甘くて親ばか。どう見てもまったく痩せていない息子に向かって「最近苦労続きで痩せた」と涙ぐんだりする。料理長オ・ジャンバクと再婚。

★サアム(舍岩)道人/クァンヒョンの師匠
一応実在した人物。知識が豊富で、清国にもツテがあり、一般とは違う治療法も見出しているすごいお人。かつては首医女チャン・インジュの師匠でもあった。幼いクァンヒョンを治療し、愛馬ヨンダルの治療に付き合ったこともある。そのときは不気味な洞窟にいるおどろおどろしい雰囲気だったのに、終盤の再登場からはアクのない普通のおじさんになっていてちょっとガッカリ。ギャンブラーだが、ソ・ガヨンいわく「カモ」。

★ソ・ガヨン/サアムの女弟子、医女
威勢がよく、大食い。おいしい饅頭(飲茶)にはこだわりがある。礼儀を知らず、ガサツなため、無礼な態度をとられてショックを受けた人多数。カク尚宮とチョビ医女を「おばさん」と呼んだ。一目ぼれしたイ・ソンハの前だけではぶりっこ。『韓国ドラマガイド馬医(後編)』によると、途中で追加でつくられたキャラクターとのこと。舞台が清にうつったら新しいオンナっ気が必要だなと考えたと思われる。
スポンサード リンク

<馬医 相関図 その2 主要な人々>


★カン・ドジュン(姜道準)/クァンヒョンの実父、両班出身の医官
科挙に首席で合格。その宴の席で昭顕世子に背中を押され、興味のあった医学の道を歩む。名門両班出身ながら、卑しいとみなされていた医官をめざしたことで、両班社会からは変わり者と評された。医官の試験でも首席で合格したが、権力者に尽くす内医院には興味がなく、民を治療する道を選んだ。世子が陰謀で抹殺されようとしているのに気づいて救おうとしていたところ、権力者の手に落ちた親友イ・ミョンファンに陥れられて一族もろとも処分される。このとき夫人は臨月を迎えていた。

★ペク・クァンヒョン(白光炫)/馬医、御医
実在した人物。馬医から御医になり、衿川県監なども務めた。「馬医」では両班カン・ドジュンの息子という設定。大逆人の息子として処分される運命だったが、カン・ドジュンが助けてやった船頭ペク・ソックが自分の娘(ヨンダル)とすり替え、彼の息子としてヨナ島で育てられる。実母は出産直後に逝去。都に出てきた際にヨンダル(後のカン・ジニョン)という女の子と知り合った後、養父のペク・ソックと死に別れ、逃げ込んだ牧場で育ち、牧場の馬医から司僕寺の馬医になった。恵民署首医コ・ジュマンに見出されて医官をめざし、一時期は清国へ逃亡するも、帰国してからは復讐と出世を果たして御医にまでのぼりつめる。もう少し詳しいプロフィールはこちらでどうぞ。

★ペク・ソック(白石九)/クァンヒョンの養父、ジニョンの実父
船頭。医官イ・ヒョンイクの人体実験から逃げ出した折、身重の妻の出産をカン・ドジュンに助けてもらう。妻は妊娠中毒で他界。恩人カン・ドジュンの息子を官軍から救おうと、自分の娘(ヨンダル)とすり替え、クァンヒョンを育てた。都に憧れて島を飛び出したクァンヒョンを追いかけるも、イ・ヒョンイク殺しの罪(真犯人はイ・ミョンファン)を着せられて絶命する。クァンヒョンのことを心の中では「トリョニン(若様)」と呼んでいた。

★カン・ジニョンまたはカン・チニョン(姜知寧)/医女、幼名ヨンダル
ペク・ソックのとっさの機転でカン・ドジュンの娘にされ、楊州の役所の奴婢となった。厳しい生活に耐えられず逃走し、都の悪ガキ界で番を張っていたときにクァンヒョンと出会う。やがてカン・ドジュンが名誉回復したため、カン家の跡継ぎとして奴婢から一転して両班アガシに大変身。その際にカン・ジニョンとなり、カン・ドジュンの親友だったイ・ミョンファンの後見のもと育てられた。奴婢時代のお転婆っぷりと威勢のよさをときどき覗かせる。医女チャン・インジュの鍼術を見かけたのをきっかけに医学の道を志し、清国にも留学した。幼い頃に生き別れたクァンヒョンの行方を捜し続けており、もらったわらじを大事にしている。ドラマ終盤で自分とクァンヒョンが入れ替わっていたと知ると、みずから公表してクァンヒョンを救う。長年の恋を実らせてクァンヒョンと結ばれ、息子を産んだ。

★イ・ミョンファン(李明煥)/ジニョンの養父、御医
サルコジ牧場の馬医だった父親が、神童と呼ばれたイ・ミョンファンの出世を願ったため、チャン医官の養子となる。医生時代にカン・ドジュンや医女チャン・インジュと友情を育むが、昭顕世子の事件に巻き込まれ、親友カン・ドジュンを陥れてしまう。口封じのために医官イ・ヒョンイクを始末し、その現場を幼いクァンヒョンに目撃される。馬医出身であるという過去をひた隠しにしながら内医院で順調に昇進する一方、カン・ドジュンの娘(と思われた)ジニョンの養父となり、彼女と息子を結婚させてカン家の乗っ取ろうと企んでいた。そこへ馬医出身であることを隠さないペク・クァンヒョンが現れ次々と功を立てたため、躍起になって追放を試みる。三医司を牛耳り、重臣たちと手を組んで悪事を重ねるが、最終的には全てが露呈してあの世へ。

★イ・ソンハ(李聖夏)/ミョンファンの息子
カン・ジニョンと姉弟のようにして育つ。イケメンでモテモテ。科挙に首席で合格し、医学習読官を経て司憲府などに勤めるる。幼少の頃はぜんそくをわずらっており病弱だったという設定。母(イ・ミョンファン夫人)が亡くなってからはジニョンが看病してくれていた。やがてジニョンに恋心を抱くも、ジニョンは家族としてしか見てくれず、つねに淡い失恋状態。だが父ミョンファンとは違って清く正しく純粋なおぼっちゃまなので、恋敵のクァンヒョンを陥れたりすることは一切せず、ジニョンを守ることだけに力を尽くし、最後は清国へ旅立った。

★チャン・インジュ(張仁珠)/恵民署の首医女
医女時代に忍び込んだ書庫でカン・ドジュンとイ・ミョンファンと知り合い、切磋琢磨しながら医学を学ぶ親友となる。カン・ドジュン(妻帯者なので)には尊敬の念を、イ・ミョンファンには恋心を抱いていた。カン・ドジュン夫人の出産に立ち会っており、ペク・ソックを除けば、赤子がすり替えられたことを知る唯一の人物。事件をきっかけにイ・ミョンファンとは付き合いを断ち、カン・ドジュンの息子の行方を探し続け、クァンヒョンとジニョンのよき理解者となる。鍼上手として知られ、医女時代から鍼鬼(チンギ)の異名を持ち、彼女の鍼治療を求める患者たちの行列ができた。
スポンサード リンク

<馬医 相関図 その1 王室の系図(2)>



★孝宗(ヒョジョン)/第17代国王
朝鮮が丙子胡乱で降伏したときはまだ鳳林(ポンニム)大君で、兄の昭顕世子らとともに清で抑留生活を送る。兄が異国の文物に魅せられたのとは異なり、反清感情を抱いていた。兄の死を受けて世子に冊封され、父の仁祖が崩御すると即位した。北伐をめざして軍事力の強化に尽力したが、10年という短い治世で崩御する。北伐の方法について孝宗が武力での制圧(=王権強化)を考えていたのに対し、西人派の領袖ソン・シヨルは「学問に基礎を置いた内修(国内を整える)を優先すべき」と考えており、微妙に思想が異なっていた。このため『朝鮮王朝史』には孝宗の死にまつわる疑惑が書かれている。

★仁宣(インソン)王后チャン氏/孝宗の正妃
孝宗が鳳林大君だったときに結婚。人質として清で過ごした後、夫とともに帰国し、世子嬪を経て王妃に冊封される。丙子胡乱の痛手を乗り越え、夫の北伐計画を支えるために、内命婦の風紀と紀綱を立て直して内助の功に努めた。非常に厳しい人だったらしく、嫁の明聖王后は息をひそめて暮らしていたという。この嫁姑についての記事はこちら。「馬医」では非常に保守的な王室の重鎮であり、左議政チョン・ソンジョの後ろ盾。馬医出身のペク・クァンヒョンを毛嫌いしていたがやがて実力を認めて治療を任せる。

★顕宗(ヒョンジョン)/第18代国王
孝宗と仁宣王后の長男。父の崩御に伴い即位。顕宗時代のメインの出来事といえば、「大王大妃(仁祖の継妃の荘烈王后)の服喪をどうするか?(=礼論)」をめぐる西人派と南人派の熾烈な争い。逆に言えば、礼論にうつつをぬかせるくらい他に大きな問題がなく平和だったともいえるらしい。在位15年。「馬医」では、首医コ・ヒョンジュンを治療できなかったペク・クァンヒョンが許せず追放するが、その後は信頼をおき、御医に命じた。

★淑徽(スクフィ)公主/孝宗と仁宣王后の四女、顕宗の妹
「馬医」の字幕ではスッキ王女。『韓国ドラマガイド馬医(前編)』によると、孝宗にとても愛されたという三女の淑明(スクヨン)公主のキャラクターも混ぜてつくられたキャラクターらしい。ドラマ内のエピソードはほとんどが創作で、身分の低いペク・クァンヒョンにほれてしまい、高飛車ながらもお茶目にアプローチする。カン・ジニョンと親友。飼い猫の名前はタリ。護衛のマ軍官よりも健脚。小豆粥がお嫌い。「右議政のぶさいくな息子」と結婚した後にすぐに寡婦になり、喪が明けたとたんに絹屋でショッピングしまくる。自由な暮らしを満喫しようと企んでいた矢先、一人になった公主を心配した大妃と顕宗から宮殿に呼び戻された。史実では、寡婦になったのは事実だが、時代や家族設定が異なっている。もう少し詳しい記事はこちら。

★明聖(ミョンソン)王后キム氏/顕宗の正妃
世子嬪→王妃→息子を出産→大妃という内命婦の理想のすごろくを歩んだ唯一のお人。他の歴史ドラマでは政治に介入したり、張禧嬪を追放したりという強気キャラのイメージが強いが、「馬医」では姑の仁宣王后が存命のため、姑に従う嫁として金魚のフンのように一緒に登場した。セリフの70%くらいが「おままま(義母上様)」。

★粛宗(スクチョン)/第19代国王
顕宗と明聖王后の長男。「馬医」には世子時代のみ登場し、ペク・クァンヒョンに顔の腫瘍を治してもらったエピソードが登場するが、おそらく顕宗の耳の下のできものを切ったときのことをモチーフにしていると思われる。オンナ遍歴については他のドラマでたっぷりと♪
スポンサード リンク

スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント