*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ104話のその後に>

「韓明澮ハンミョンフェ」最終話までのあらすじをアップし終えました。
感想は・・・・・・「王と妃」をすでに見ている私としてはビミョ~です。

まず、「王と妃」では省略されていた年月のことも
年代を追って結構こまかく事件を紹介してくれるので
そういう意味では多少は参考になったかな~とは思います。
「王と妃」と違った描き方だとこうなのか~と感じることもありました。
あと「ハン・ミョンフェはカッチョイイ」というコンセプトなので、
イ・ドクファさんのファンの方は超!満喫できると思います。

ただドラマ自体がなんというかもう・・・(汗)
仁粹大妃はいきなりユン妃と仲たがいしているし、
燕山君もいきなり邪悪になっているしで、
経緯の描写や「間」や余韻というものがほとんどゼロなんですよね。
見てるこっちは全然盛り上がっていないのに
制作側が勝手に「ここが見せどころ」と設定したシーンは
内容に合ってない音楽が唐突にジャカジャカと流れるしで
まーったくもってドラマに乗れませんでした。

それでもまだ「王朝の暁-趙光祖伝」みたいに
かわいく50話くらいで終わってくれればよかったものを
話数だけは104話と超大作です・・・。

個人的にこのドラマで一番お気の毒だったのがイ・ミヌさん。
「龍の涙」でのステキな世子役を見た直後だったからかもしれませんが、
こちらでは“ただのおかしい人”な燕山君役で本当にお気の毒・・・。
しかも見てるほうも疲れるくらいにずーっと叫んだりわめいたりしてました。
主役のイ・ドクファさんより喉と体力が必要だったのではと思うほどです。

なお「韓明澮ハンミョンフェ」の時代背景は
「王の妃」をはじめとするほかの数々のドラマと共通しています。
王室の系図をご覧になりたい方は「王と妃」の系図をご参考になさってください。
スポンサード リンク
<「ファン・ジニ」あらすじ 16話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ104話(最終回)>



このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/16 19:30 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます♪

実は燕山君時代に突入したときに
「またあのいろんなゴタゴタ、やるの?」と思っていたのですが
単にミョンフェがもう一度死んだってのをやりたかったのだと
最終回を見たときに理解しました。

インス大妃はただの口うるさいおばさんって感じで、
「王と妃」みたいなすごさはなかったですよね。
ミョンフェとの対立もなかったですし、
世祖も貞熹王后も仁粹大妃も基本的には「ミョンフェ大絶賛」でした。

今後ですが、今のところ朝鮮王朝500年シリーズを予定しています。
「善徳」が止まっているのでそちらもぼちぼち進めて
高麗時代以前のドラマも古い順から見ていきたいな~と思っています。
これからもよろしくお願いいたします♪
[ 2012/02/29 00:31 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント