*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<悪役を引き受けた?太宗>

「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ55話で、世宗の父・太宗が亡くなりました。
渋くて強そうな俳優さんで、太宗のキャラにぴったりだったように思います。
(個人的には世宗を眺めるより太宗を眺めるほうが好きでした)

動乱の中で王権を手に入れ、その後も政敵を粛清しまくりだった太宗。
ドラマではなにかにつけて「刀で政治を行う」「血を流した」だの言われていて
それを自分でも認めていましたね。

第一次王子の乱、第二次王子の乱を経て王権を握った太宗は
六曹直啓制を断行することで王権の強化をはかりました。
その他の政策としては、亀甲船の開発申聞鼓の設置幼い世宗が叩いたアレ)、
仏教の弾圧漢陽への遷都などがしられているようです。

そしてドラマを見ていて強烈な印象をもたらすのが、功臣や外戚の粛清です。
「朝鮮王朝実録」ではわりと淡々と粛清について書かれているのですが、
物語口調で王室を決して“落とさない”「朝鮮王朝史」では
“外戚の排除は高麗時代から維持されていた原則”ともあり、
“外戚は王権を脅かす危険因子以外の何者でもなく
子孫が心置きなく守成の君主として羽ばたけるように道を開いておくことが
創業の君主の面目と心得ていたのであろう”と書かれています。
ということで、「時代の悪役を引き受けた太宗」と表現されていて、
たしかに「大王世宗」を見る限りはうなずける気もします。

太宗の後を継いだ世宗の治世は安定し、さまざまな文化が開花したため、
世宗は聖君の代表とされています。でも世宗が聖君でいられた理由のひとつには、
その前に太宗が基盤を築き、危険因子をつぶしてくれたからでもあるようです。
スポンサード リンク
<李氏朝鮮第三代国王太宗の略歴>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 55話>



太宗、龍の涙でもそうですが、後からはちょっと言及できないほど
悪いことしてますよね。

でも、この記事を読むと、うなずけます。清朝でも似たような親子
がいて(3代雍正帝と4代乾隆帝)、悪役を引き受けるのってある
なあ、と思いました。

光海君も悪役引き受けたように思うのですが(笑)、李氏朝鮮時代
のうちに復権できなかったから、追号もありえないですね。残念ー。

そういえば、「貞顕王后」と「慈順大妃」の称号の違いがよくわから
ないので(前者は個人名、尊号は尊号といういか、大妃としての
称号だとはわかりますが)、調べたら「経国大典」に載っているのでは?
とのこと。成宗が作ったんでしたっけ、すぐ調べる元気はないですが、
そのうち見てみたいです♪
[ 2010/03/10 09:01 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは♪

> でも、この記事を読むと、うなずけます。清朝でも似たような親子

そうなのですね!やはり太宗が心配の種をすべて刈り取っていたから
世宗時代が安定したというのもあったのでしょうね。


> 光海君も悪役引き受けたように思うのですが(笑)

「王の女」に毒されているだけかもしれませんが、思います思います。
それに仁祖になって以降、代を経るごとにやることなすこと
王室の威厳がだんだん薄れていったように思えるのですよね。
あくまでドラマを見ての勝手気ままな感想ですけど。


> そういえば、「貞顕王后」と「慈順大妃」の称号の違いがよくわからない

私もよくわかっていませーーん(爆)!
最近は「王后」名で書いたほうが後々わかりやすいかなと思って
王后名で書くようにしていますが、
ほんとはどうなのでしょうね~
[ 2010/05/01 21:33 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント