*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<インス大妃」あらすじ60話のその後に>

「インス大妃」の全話あらすじを終了しました。ずいぶん長くかかってしまい、お待ちくださった方には申し訳ありませんでした。

インス大妃役の女優さんが同じドラマ「王と妃」とどちらを見ようか迷われている方もいるかと思います。参考まで超個人的な選択指南を以下にご紹介しておきます。

★長いのはイヤ、てっとり早く見たい→「インス大妃」
(とはいえ60話ありますけどね・・・)

★史実に基づいているほうが好き→「王と妃」
(「インス大妃」のソンイ幼少時代は完全創作です)

★かわいい子役が好き→「インス大妃」

★味のあるおっさん俳優が好き→「王と妃」

★「王と妃」は見て理解している→「インス大妃」は見なくてよいかも

★チェ・シラさんが好き→両方見るべし
(基本的にインス大妃のキャラは同じです)

私の好みでは断然「王と妃」がよかったです!!なんといっても長いだけに丁寧に描かれていて見ごたえがありました。そしてハン・ミョンフェも魅力的でした。(「インス大妃」では単純だった)

「インス大妃」は私としては演出があまり・・・でした。すみません。じゃじゃーんっ!!と音楽が鳴って泣いたり怒ったりするのですが、音楽と激しい演技の勢いで無理やり共感させようとしているように感じました。

それから、成宗側室のチョン貴人とオム昭容のキャステイング!もう少しキレイドコロを用意できなかったのかとちょっと残念です。

前半部分の子役ソンイやオバ尚宮たちのシーンは本筋と関係なく楽しく見ることはできました。後半はこれまで見たドラマと変わらず特筆すべきところはなく、端折っていない「王と妃」のほうがおもしろかったです。

「インス大妃」の燕山君役の俳優さん(チン・テヒョンさん)は現代ドラマで色んな役を演じ分けているのを拝見していますので、役者さんとしては魅力的な方なのだとは思います。が、燕山君の描かれ方としては「王と妃」のほうが一段も二段も上かなと・・・(同じ脚本家さんの作品なはずなのですが)

あくまでも私の好みではありますが、ご参考になさっていただければ幸いです。
スポンサード リンク
<「宮廷女官チャングムの誓い(大長今)」あらすじ、はじめます>  | HOME | <「インス大妃」 あらすじ 60話(最終回)>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント