*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<『朝鮮王朝実録』が待望の再発売!>

こちらの別ブログ記事でも書きましたが、
韓国時代劇ファンには必読書なのに高値すぎた『朝鮮王朝実録』。
ところがコメントで教えていただいてびっくり。
なんと『朝鮮王朝実録 改訂版』が出版されたそうなのです!
【送料無料】朝鮮王朝実録改訂版

【送料無料】朝鮮王朝実録改訂版
価格:3,360円(税込、送料別)

お値段は3360円。お安くはありませんがこれまでを思えば
マングマングと感謝したくなりそうな価格です。
キネマ旬報社に巾着入りご褒美のひとつでも贈りたくなってきますね。

これまでのと改訂版がどう違うのかはまだ確認していないのですが
韓国時代劇ファンの皆さまにとりいそぎお知らせいたします。
スポンサード リンク
<「太宗大王-朝鮮王朝の礎-」あらすじ 19話>  | HOME | <Gyaoで「妻の誘惑」「天使の誘惑」を視聴中>



やったぁ□_ρ(∇≦*)♪ε=ヘ(*≧∇)ノ~
やっときましたかっ!!
ずっと欲しい欲しいと思っていたのです(^O^)
嬉しい情報ありがとうございます(^人^)
[ 2012/03/02 20:13 ] [ 編集 ]
さっそく、amazonで確認してきました。
ページ数がずいぶん増えてますね。
内容が増えたのか、字が大きくなったのか…内容紹介を見ると、
内容も増えているのではないかと思われますが、
著者・訳者は変わってないので、基本的には同じ本のようですね。

新書などではちょっと物足りなくなってきて(ただの凝り性)
「朝鮮王朝史」上・下を買おうか、と考えてたので、このお値段は嬉しいです。
迷っていた衣装の本の方も買おうかな、と思ってます。

ところで、LaLaTVで午後に2話づつ「女人天下」を来週から始まります。
「龍の涙」を消化しきれないうちに、「王と妃」が80話を超えてるのに…
いっそ女人天下はDVDで保存しようかと思うくらいです。
「大王世宗」は5話くらい一気に見れたのに、「龍の涙」はなかなか一気には見られず、
なかなか進みません。うめ子さん、よくあのペースで見てたなあと思います。
[ 2012/03/03 00:25 ] [ 編集 ]
待ってました。もう一冊、諦めていた「恨のものがたり」も何故かあったので一緒に注文しました。

うめ子さま、有難うございます。感涙ものです。あ~ホント嬉しいですね(*^_^*)
[ 2012/03/03 18:01 ] [ 編集 ]
いやー、「ス~ニ、マングカオムニダ~」ですねぇ。前の版から比べてかなり加筆されているのではないでしょうか。漢字の読みも「ハングル読み」で書かれてますし。かなり、イ・ビョンフン作品やキム・ジェヒョン作品を意識した作りになっている気がします。
それぞれの人物史に関しては、「朝鮮王朝史」のほうがはるかに詳しいですが、「高麗末期~朝鮮末期」の流れを理解するには抜群の書だと思います!
[ 2012/03/06 00:13 ] [ 編集 ]
皆さま、さっそくコメントいただきありがとうございます!
実録を待ちわびていた方々のお喜びっぷりが伝わってまいります。
別に私が再出版したわけではないのですがこんなにお礼を言われて恐縮です。
(しかも情報を教えてくださったのはポチさまです。ポチさまに感謝です!)


★☆Mika☆さま

もう読まれましたか?
私も以前の実録と違うのか違わないのか、
そのうち中身を確認しようと思っています。
確かめたらまたお知らせさせていただきますね。


★天鼓さま

「朝鮮王朝史」を2巻買うおつもりでしたら
それに比べれば万々歳の節約になりましたね!!

> うめ子さん、よくあのペースで見てたなあと思います。

実は私はあらすじを書くのは「大王世宗」のほうが難しかったのです。
「龍の涙」よりも放映時間が少し長いのと
登場人物のけっこう複雑なやりとり(会話)が多かったような気がします。


★アヤさま

「恨ものがたり」も買われたのですね!おめでとうございます♪
買いたい本は多いのですけど、ほしいなと思う本は高くて、悩ましいです~


★ポチさま

資料館のほうで教えてくださったポチさまですよね?
その節はありがとうございました。
おかげで皆さんにも喜んでいただけ、マングマングでございます!

> 前の版から比べてかなり加筆されているのではないでしょうか。

それは聞き捨てなりませんっ!
最近大きな本屋に行っていないのですがなるべく早く確認してきます!
[ 2012/03/23 20:29 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント