*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「根の深い木」あらすじ24話のその後に>

「根の深い木」全24話のあらすじアップが完了いたしました。
他のドラマに比べて、あらすじ作業はかなり疲れました。
(「実はこうで、なぜならばこうでこうで~」ってのが続くと書きにくいんです。
あと回想シーンとか振り返って明かすシーンが多いのもやりにくいです。)

さてドラマの感想ですが、正直申しまして前半は「ビミョー」でした。
決しておもしろくなかったわけではないんです。
他のドラマよりは明らかに完成度が高いし、映像もきれい。
ただ評判ほどおもしろくなかったというか、のめりこめなかったというか・・・。

理由のひとつは、世宗の演技がとてもオーバーに思えたこと。
とつぜん苦悩にのたうちまわったり、大声でDVちっくになったりが多く、
その前提や理由に私がしっかり共感できていれば問題ないと思うのですが
私としてはそこまで入り込めず醒めた目で見てしまうことが多かったです。
ザ・映画俳優なハン・ソッキュさんが「これでもかっ!」とばかりに
無理に劇的に見せたり感動を与えようとしているように感じてしまいました。
(ファンの方すみません。私ったら本当にひねくれているもので・・・)

カン・チェユンの演技になぜかときどきついていけないことも時おり。
日本のドラマなら「中堅熱血デカ役」にぴったりだなあと思っていました。
あ、ユン・ピョンは私には「白くて細い大沢樹生」に見えました。

次の理由は、ナゾかけというかミステリーの部分が多すぎて、
ちょっとわざとらしく思えたところでしょうか。
「これで引っ張りたいのねー」感がビンビンに伝わってきたというか・・・

「おもしろいだろ?」「迫力あるだろ?」という押し付けがましさを
ひねくれた私が勝手に感じてしまって引いていたのが前半でした。
後半になり、いろんなナゾが明らかにされてからは素直に楽しめました。
特に最後の数話は大変おもしろく視聴できましたし、
ソイが懸命に制字解を書く場面やカン・チェユンと並んで眠るシーンには涙・涙!
世宗の一人語りのところではハン・ソッキュさんの存在感がしみじみきました。

あと、物語が進んでいくとよくわかるのですが、
脇役が単なる「山の賑わい」ではなく、どこかで重要な役割を持たされていて、
きちんと作りこまれているなとも感じました。
最終回の最後のハン・ミョンフェのオチには脱帽です!
でもソン・サンムンとパク・ペンニョンは途中からお飾りでしたね。

シム・ジョンスは「イサン」のホン・グギョンの方でしたが、
「イサン」のときよりオトコっぷりがあがったように見えました。
「イサン」のときの忠誠心が強いキャラよりも、
今回のようなちょい腹黒キャラのほうがハマっていたように思います。
右議政イ・シンジョクをケーベツするときの表情がタマりませんでした!
(右議政イ・シンジョクはお茶目なので好きなキャラ☆でした)

それにしても、フグン(後宮)やフェイム(懐妊)というおなじみの単語が
こんなに聞こえてこない韓国歴史ドラマは初めて見たような気がします!!
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 5話 あらすじ>  | HOME | <「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 24話(最終回) あらすじ>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント