*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 94話>

王妃(文定王后)は敬嬪の部屋から出てきた長兄ウォンロをビンタした後、
一介の後宮が官職を与える君主の真似事をするな!と敬嬪を叱りつけました。
反論する敬嬪を、福城君が世子の座を降りろと言った件を持ち出して黙らせます。
中宮殿に戻るとウォンロにお金を投げ与え「三年間都から離れろ!」と命令し、
いやなら三年間承候官以上の地位を望むな!入宮するな!臣下と会うな!と恫喝。
王妃と敬嬪はこの件で大妃から呼ばれますが、敬嬪の機転で上手くごまかしました。
期せずしも敬嬪と組んだことになって王妃がちょっぴりくやしそうです。

イム・ベクリョンの誤解を解きたいメヒャンですが、冷たく扱われて涙ぐみます。
可愛くて可憐で純情なメヒャンを辛い目にあわせないでほしいものですね。
賄賂を渡した要人たちが記した覚書をかつての部下ソンから入手したペク頭領は
「いざというときはペクを助ける」という約束を頼りに起死回生を狙うようです。

初めてのお酒で酔っ払った福城君が中宮殿に乗り込み、まずはオ尚宮をビンタ。
世子にしてくれない恨みを王妃に訴え、恨みと野心を捨てろと諭されます。
敬嬪が泣きながら福城君を連れ帰りますが、ほんとに暴力好きな母子ですよね♪

アン・ダン(ヨンモ堂大監)と息子チョギョム、イ・ジョンスク、アン・ヒョン、
アン・チョグン、シン・ソク、ユン・セヨン、イ・ハム、ファン・グクチャン、
イ・ハクニョンらを逆謀で処分すると中宗が決断(=辛巳誣獄・シンサムオク)。
側妻の子という身分を返上したくて偽証した証人ソン・サリン(アン親戚)は
生涯官職につきましたがまともな人として扱われることはなかったとか。
アン・ダンは明宗の時代にチョンミョンという諡号が与えられ名誉を回復します。

この場で骨になっても動きません!といつもながら芝居がかったナンジョン。
残念ながら座り込みパフォーマンスはユン・ジイムとウォンロに通じませんが、
ユン・ウォンヒョン承候官の強い決断によりついにユン家入りが許されました。
どうやらナンジョンは夫が毅然とした態度で同居を許すのを待っていたよう。
ユン家の祠堂を参拝するというお願いもどさくさにまぎれて認めさせました♪
そして獄事の後・・・宮殿でナンジョンとパルングン(巴陵君)が再会します。
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 95話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 93話>



ストーリー云々じゃないのですが…
この回、敬嬪まーまのお口の端っこが切れています。
ファンデーション塗りこんで隠していますけど、とっても痛そう!
アップに注目ですわよ!
[ 2013/06/27 17:20 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント