*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 119話>

それくらいでは死にません生きる気力が大切です・・・と平然と話す粋嬪ハン氏。
頭から血を流しても生き続けたキム・ジョンソの例を出してその場をドン引きさせ、
賜薬を二杯飲んでも足らずもう一杯飲んだという安平大君の逸話もさらに引用。
幼い大君が成長するまで少なくともあと10年は生きてくださいと畳みかけます。
大妃(貞熹王后)と二人になると「斉安大君が即位したら摂政しては?」と提案。
すると大妃は、王位継承の可能性として月山君や者山君の名前を出しました。
待ち望んでいたこの事態に、粋嬪は大歓喜~~~!!!!!
大妃は粋嬪の野心を見通した上で、世祖の位牌に将来を相談しています。

形勢有利なハン・ミョンフェに急に協力的になったチョン・チャンソン(蓬原君)。
ハン・ミョンフェがイ・ジュン(亀城君)のことをちょいちょいっと吹き込むと、
ナム・イと仲間です!取り調べるべきです!と大妃に訴えてくれました。
その亀城君にはユ・ジャグァンが粋嬪の悪口を言い、王位をほのめかしています。

昌徳宮では再び睿宗の具合が悪くなり、チョン・ギュン内官が外の者を呼ぶも、
粋嬪に追従している内官たちはすぐに駆けつけず御医を呼ぶのも遅れるありさま。
やがて睿宗は危篤に陥り、「明日までもたない」と御医が診断を下しました。
さっそく深夜の思政殿に集まり次の王をめぐって喧々諤々する功臣たちに、
者山君を王にするのが大妃様の意向だ・・・と勝手に告げるハン・ミョンフェ。
こういうときは王族が仕切るべきですが、当時、権威があるのは孝寧大君くらい。
大妃も王妃も外戚に力がなかったため、粋嬪の勢力の前には皆が従ったそうです。
そんな中、者山君が宮殿へ出発~。使用人たちが早くも「殿下~」とひれ伏します。

そして朝。一晩中昏睡状態だった睿宗が遺言も残せないまま息を引き取りました。
辰の刻にシン・スクチュが死亡を確認し、左承旨イ・グクチュンに兵の手配を指示。
さすがに政丞を長年務めただけあって王室の弔事には慣れていますね。
5歳の斉安大君を喪主にすべきでない!とハン・ミョンフェが大妃に訴えます。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 120話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 118話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント