*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 20話 あらすじ>

第20話 王の豹変

「広平大君は王様を信じていたから喜んで死ねるとおっしゃっていたのに!
王様が民とタムに絶望と憤りを感じたのは、民やタムを人として見たからです。
それは「愛」なんですよ。だって動物には絶望しないし憤らないっしょ?
タムのやりたいことを守らず、カリオンに何か言われたくらいで揺らぐんですか?
タムと宮殿を出て子供をつくり文字を教えて仲良く暮らしたいと思っていたのに、
お願いがあると言ったのが悔しいっス!」とカン・チェユンに責められた世宗は
「強い意志を持っているソイと民は違う・・・!余は責任を負わせようとした」。
「民は昔から責任をとってきました。自分は飢えても年貢を納めてきたんです!
責任が少し増えたっていい!チョナーは偽善者で臆病者で意気地なしです!」。

こうして覚醒した世宗は新しい文字に「訓民正音(フンミンジョンウム)」と命名。
暗渡陳倉(あんとちんそう=正面攻撃と奇襲を同時に行う作戦)を決意します。
私が捜査します!と会議で断言したチョ・マルセンを認め、兵も与えました。
先王・太宗に反抗していた世宗が太宗の腹心に大役を与えたことに皆は驚愕します。
チョ・マルセンは早速ソイや宮女仲間を尋問し、カン・チェユンが激しく抗議。
尋問を承諾したという世宗に直接文句を言いに行くと、「こやつを投獄せよ!」。
仏氏一代記を刷るのは許さない!と抗議したチェ・マルリもぶちこまれました。
(キム・ムン、シン・スクチュ、チョン・チャンソン、ハ・ウィジらも義禁府へ)

20人以上が罷免され、ソイと仲間は忠清の監営に官奴として送られることになり、
広平大君の死を境に“まるで先王のように”変貌した世宗に皆は動揺しまくり。
でもそれは作戦で、カン・チェユンもチョ・マルセンも「演技成功♪」とニタリ。
密本たちに監視されていないソイたちに密命を下し、宮殿から出したのです。
チョ・マルセンが教えた「拷問が痛くない秘策」というのを知りたいですね!
続いてカン・チェユンも世宗の密命を受けて黒装束姿で宮殿を出発しました。
そんな彼をチョ・マルセンが屋敷に誘い、イ・バンジ師匠の最期を看取らせます。

集賢殿シム・ジョンスは広平大君を始末したことには賛同できないもよう。
右議政イ・シンジョクも密本の未来を危ぶみ、シム・ジョンスを何やら誘ってます。
で、この二人のことを世宗&チョ・マルセンは「怪しい!」と思っています。
そして密本のユン・ピョンはソイにひそかに恋心を抱いているようですね♪
忠清の監営に宮女が到着していないと知り「彼女らが密命を受けているんだ!」。
その頃ソイは芸人や子供に歌を教え、文字を“疫病のように”広めていました。
スポンサード リンク
<「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 21話 あらすじ>  | HOME | <「根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-」 19話 あらすじ>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント