*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 27話>

チョン・ハンスと内侍府各部の長たちはキム・チョソンらを殴りつけますが、
下級内侍に加勢する人数は増える一方でした(小宦をかばうゲナムかっこいい♪)。
これは下克上ではなく不正を正す改革だ!と信義に燃えるチョソンたち。
女官にもチラシを配って改革キャンペーンへの協力を呼びかけました。
インス大妃は『内訓』をソファ(王妃ユン氏)に渡して内命婦の同調を牽制します。

捕らわれたト・グムピョ内官に会いに行き、命をかけて闘うと誓うチョ・チギョム。
自分と組めば命を助ける・・・と怪しくささやくソリョン(ノ内侍幼女)。
ところでト・グムピョ内官は、髪をおろすと要潤くんに似てますね!
ト内官不在なので監察部が支配する!と宣言するハンスに護衛部の皆は不満げです。

内子院をめちゃくちゃにされたことに憤るケドチが内侍府の前で抗議し、
ハンスの命令でボコボコにされます。みんなケドチに“切って”もらったのにね~!
ウォラが心配して世話してくれるので「死にかけた甲斐があった」とケドチは喜び、
食べるものもない内子院にウォラは大王大妃からもらった指輪を提供します。

チョソンに食料を差し入れた女官ホンビを、信用ならない!と嫉妬するムン・ソウン。
そのホンビ(オム淑儀付き)はユン淑儀の女官と、夜伽を奪った・奪わないで喧嘩し、
夜伽をゲットするための賄賂が横行していることがソファの知るところとなります。
100日間のおつかえ禁止と禁足令が下されてもまったく反省していないオム淑儀を、
町娘のように振る舞うな!とスクキョン(ユン淑儀)が厳しく律するのでした。
ところがソリョンの助言で、オム淑儀が席藁待罪(ソッコデジェ)をスタート。
穏便に収めようとするインス大妃、反抗するソファ、とりなすチョンヒ大王大妃。
内命婦の問題はソファにまかせ、オム淑儀の件は不問に付すことになりました。

元老会議の日に騒動が起きても見ないふりをしてくれとチギョムが成宗に依頼。
内侍府改革を歓迎している成宗は、その後は朝廷を改革するとチョソンに話します。
どうでもいいですが、チギョムと童顔杏里(夫人チョン氏)が仲直りムードです。
16で嫁いで22年連れ添ったその年月のことをしみじみと話していますよ。

チョソンから元老会議の解散を迫られても、ノ内侍は相手にしません。
そんな折、先走ったハンスの手下がチョソンを拘束し、生き埋めにしちゃいました!
目撃した女官ホンビ(チョソンに惚れた?)が内侍仲間に知らせて事なきを得ます。
そして天下分け目の元老会議では、内侍府長チョ・チギョムの罷職があっさり決定。
そこへ若き内侍たちの大群が押し寄せ、元老会議に反対を唱えはじめました。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 28話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 26話>



「王と私」って「女人天下」より展開が速くてどんどこ進む印象
があるんですが(流し見できない・・)、このへん特にめぐるま
しいですね!って、流し見するなってことか(笑)

>小宦をかばうゲナムがかっこいい
>女官にもチラシを配って

チョソンの友達て「花美男内侍F4」とか言われて、
「どこがだ!」と疑問を抱いていましたが、いい働きします
よね。ここは私も好きで、かつ「女官」と「チラシ」の語彙の
組み合わせにうけちゃいました!

>憤るケドチは、内侍府の前で抗議し、
>ハンスの命令で半殺しにされます
>信用ならない!と嫉妬するムン・ソウン

ここもケドチかっこよかったなーと思っています。
仕事柄、おそらく最下層(人間とみなされない)階級の方と
お見受けしますが、腐った両班なんかよりは骨があっていい
です♪ウォラとの仲もどきどきしてみてしまう。

ソウンのホンビへの敵対心など、根拠はないのに(感情だけ)
なのに、当たってるのが笑えました。女性(っぽい中性?)の
勘も負けず劣らず鋭いのかな^^

>スクキョン(ユン淑儀)が厳しく律する
>と童顔杏里(奥方

いい子がキライな私ですが、ユン氏はキライじゃないんです
よね。なんでだろう。いい子というより、「冷静」とか「理性的」
な感じがするからでしょうか。押しも弱いし・・・。

お若い女優さんなのに(このとき20歳前半?)落ち着いてい
てすごいなーと思っています。チギョム妻、童顔杏里だと私
も思いました!つぶらな瞳が・・。実年齢と乖離してますよね。

>ホンビは本気でチョソンに惹かれているのかな

そうなんですよね、のちのちわかりますが・・・
そしてそれが本筋にもちょっと絡みますよ♪ソウン派なもので、
ホンビキライだったけど、最後はホンビも好きになりました!に
してもドラマ冒頭で生き埋め+蜂攻めの刑がありましたが、この
ドラマ、リンチシーンが根性はいっていてびびらされます。
ウンチ食べさせたりも・・
[ 2009/06/28 12:13 ] [ 編集 ]
>穏便に収めようとするインス大妃、反抗するソファ、とりなすチョンヒ大王大妃。
大王大妃が、インス大妃とソファ王妃に
「目上の者の前でみっともない!」
と、注意するのってこの話でしたっけ?
それを聞いてついつい
「あ、そうだった。チョンヒ大妃が一番上だった…」
なんて失礼なことを…f^_^;
ごめんなさい。チョンヒ大王大妃さま~!(>_<)ヒ~

でもそこで、チョンヒさまの威厳を実感でした(^^)
[ 2009/06/28 12:48 ] [ 編集 ]
面白い俳優さんですが、そうなのですか?サンダン君は、焼き肉屋のオーナーですね。前にIKKOがこのドラマを宣伝する番組で紹介されてました~~。

いつの世も、妃の兄弟というのは世間知らず、舞い上がってで勘違いしてしまって、挙句、いいように利用されちゃいますね。「チャン・ヒビン」の時の王妃の兄は立派でしたが。まぁ、外戚になるのは最高の栄誉でしょうね。この世をば・・と歌いたくもなるというものです。でも、よろしくありませんね~。

あれだけ感情移入できなかったソファでしたが、それにも勝る強烈なソリョン(今のところ、一番カリカリさせられてます)やオムスギが出てきて、すっかり、中宮派で~~す。

インス大妃との確執を見てると、次代のヨンサン君の愚行の根源を見てるようです。あなた方、今はそうやってるけどね、世子の将来はね・・と言いたくなりますもの。

ソウン、大好きです!少年時代も、女の子と見まごうばかりの可愛さとあの声。チョソンに関わると、「女のカン」も冴えてくるような。笑。

余談ですが、当地のケーブルTVの衛星劇場では、「女人天下」やらないようです。オプションで契約しようかなと思ってたのですが・・。がっかり~~。

[ 2009/06/29 01:09 ] [ 編集 ]
こんにちは!

かよさま

チョンヒ大王大妃さまが「目上の前で・・」私も覚えています!
かっこいいなーと惚れ惚れしてみました♪

温和で物腰柔らかですが決めるときはビシ!っとしたところ
にシビレます・・

アヤさま

よくは知らないんですが、チェ参奉役の方はすごいインテリ俳優
さんで、「王と私」の数年前までアメリカにお住まいだったらしいで
すよ。離婚した連れ子のお子さんと一緒に。

本も出してるとか(タレント本でなくマジメな本らしい?)、確か
大学教授も・・してたのは別の人かな・・ちょっとあいまいです。
すみません。最近は「どなたですか?」でまたコミカルな幽霊
お父さん役で、コメディの上手な役者さんですね。

私もひそか(ではないか笑)にソウンファンで、登場するたび
喜んでます。あのいじらしさ、けなげさ、それでまっったくチョ
ソンに報われないのがナイス。親友というポジションも貴重で
すけどね・・・^^演じる俳優さんも好きですが日本では見る
チャンスが少ないのが残念です。ジャチだけは「乾パン先生
とこんぺいとう」でバリバリ見られますけど、いいや(笑)。

少年時代の子役さん、チュモンで巫女役やってたけど(本当
は女の子の子役)、そこではなんかヘアメイクのせいでかわい
くありませんでしたー。ソウンのときのが一番可愛いと。
[ 2009/06/29 11:13 ] [ 編集 ]
変換ミスでした。参奉ですね。

子役ってどうしてこうも可愛いのでしょうね。韓ドラの現代ものは数本しか見たことないのですが、「秋の童話」の主人公の少女時代を演じた清潔な美少女は、明成皇后の少女時代も演ったようですね。今は大人になってるでしょうが、活躍してるのでしょうか。

「王の女」見てますが、あまりにも前作のヒビンが強烈だったので、ケトンが怖い顔しても全然響いてこないのです。う~~ん、あまり上手じゃないのかな。

あの優しげで徳の高い王妃像の後で、メイクは確かに変えているけど、同じ女優さんの、真逆な女傑(?)ぶりを見せられても・・・。

だから、こうなるんですってば~~、BS朝日。

ヒビン・シンドローム??笑。



[ 2009/06/30 18:40 ] [ 編集 ]
>、「秋の童話」の主人公の少女時代を演じた清潔な美少女は、明成皇后の少女時代も演ったようですね。
>今は大人になってるでしょうが、活躍してるのでしょうか。
私はどちらも見たことありませんが、「明成皇后」の少女時代の人ならムン・グミョンさんですよね。
今、スカパーの衛星劇場で「風の絵師」を放送していますが、
パク・シニャンさんと主演で出てますよ。
前、韓国系のサイトの記事で
「チャングム」のチャングムとハン尚宮のような師弟関係があるというのを見て、
気になって一度見てみたいと思ってました。
なので、今見ていますが、男装している役なのでかなり印象が付きます。
ちなみにクニョンさんはこの「風の絵師」で演技大賞の大賞を至上最年少で取ったと思いましたよ。
[ 2009/06/30 19:52 ] [ 編集 ]
おはようございます!

彼女が「秋の童話」「明成皇后」の子役だったんですか。
ぜんぜん知りませんでした・・。

風の絵師は見ましたが、パク・シニャンさんのおひげ姿が
印象的で(笑)。でもグニョンさんも演技賞とっただけあって
本当に男性っぽく見えますね。

グニョンさん演じるシン・ユンボクの映画「美人図」もみまし
たが、こちらは「風の絵師」よりセクシーで全く違いました。
なぞの画家シン・ユンボク、グニョン効果でブームなのかな?

それから、「チャンヒビン」仁穆王后→「王の女」キム尚書は
確かに視聴者の混乱を招きそうですね(汗)。間にワンクッショ
ンおいても・・・

BS系は159話の「龍の涙」を28話放送したり(BS日テレですが)、
セレクトが面白かったり編集が大胆だったりしますね・・
[ 2009/07/01 09:32 ] [ 編集 ]
ちゃんとした女優になってたんですね。ヨカッタ、ヨカッタ。

「王の女」だんだんと面白くなってきました~~。慣れてきました。笑。光海君夫人がいいですね。容姿も可愛い♪

ケトンとの抱擁を見ちゃいましたが、庶民なら「何よ!泥棒猫!」って掴みかかるところですが(小説の読みすぎ?)、そこはぐっと抑えて、流石でした。臨海君夫人も賢明で好感持てますね。

王妃とヤンファダン、史実からして、年齢的にあれでOKなんでしょうか。疑問です。

王妃ももう「おばあちゃん」で、王妃というより、太皇太后(韓国ではどういうのか分かりません)でもいいんじゃないかというくらいの老けぶり・・。温厚な感じはとてもいいのですが。ヤンファダンも今一つ美しくなくって、「ホジュン」でのインビンの長じた姿とは思えない・・・・。

「王と私」の大妃達と比べると全然違いますね。ヤン・ミギョン&チョン・インファさんが特別なのでしょうか~。美貌と気品と威厳と揃ってますね。
[ 2009/07/01 15:33 ] [ 編集 ]
>黄梅さま、いらっしゃいませ~

> 「王と私」って「女人天下」より展開が速くてどんどこ進む印象
> があるんですが(流し見できない・・)、

「王と私」のほうが早いですよね~。
というか「女人天下」がダラダラしすぎ!という感もありますが、
そのわりには最終回だけ超猛スピードなんですよねえ・・・(ぶつぶつ)


> チョソンの友達て「花美男内侍F4」とか言われて、
> 「どこがだ!」と疑問を抱いていましたが、

私も「どこがだ!」に同意いたします!!


おっしゃるように、このドラマ、リンチシーンがけっこうすごいですよね。
初回の蜂シーンと、途中の手首シーン、あれはこわかったです。
で、チェ参奉の方、そんなにインテリさんだったのですか。知らなかった~
そうは見えないところがさすが役者さんです!


>アヤさま、こんにちは!

> オムスギが出てきて、すっかり、中宮派で~~す。

私はソリョンはそうでもないんですけど、オムがほんとに憎たらしいです。
ソファのことそんなに好きではなかったけど
オムが出てくるとソファがんばれーーー!と思っちゃいます。
「女人天下」ケーブル放送なしで残念ですね。
ぜひyahoo動画でお楽しみください。


> 「王と私」の大妃達と比べると全然違いますね。
> ヤン・ミギョン&チョン・インファさんが特別なのでしょうか~。

たしかに「王の女」はけっこう安っぽいというかチープな感じありますよね。
(そこもまた好きなのですが)
「王と私」の王妃陣と比べるとイメージだいぶ違いますね!


>かよさま、いらっしゃいませ♪

いまチャングムをまた見ていますが、ハン尚宮やっぱりいいですね~
ところでムン・グミョンさん、しりませんでした。
調べてみたらけっこう注目されている女の子のようで。
「明成皇后」はそのうち見たいと思っているので楽しみです。
[ 2009/08/03 11:57 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント