*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 7話>

イサン第7話「逆転の白」

その者を離せ・・・と制止し、後で官妓を行かせますと言うイ・サン(後の正祖)。
気を悪くした清の大使に、ソン・ソンヨンが絵の才能を証明するはめになります。
画題は「体は鹿、頭は狼、足は馬のヒズメ、尻尾は牛、角が1本、全身が5色の鱗」。
ソンヨンは(伝説の)キリンの絵を描き、大使は彼女の知識と腕に感嘆しました。

貢物の白布がないことをバラしてしまえ!とファワン(和緩)翁主。
都から離れようとした清の使節団を、チョン・フギョムが引き止めて評価されます。
この臣下は、なんとファワンの養子。幼少時から優秀だったあの彼(3話参照)です。
その後清国で学問を積んだ彼は、大使とも面識があったのでした。

盗られた白布の代わりの品が、民から取り立てられることになりました。
心配する恵嬪(イ・サン母)の手を、貞純(チョンスン)王后が握ります。
英祖(ヨンジョ)はイ・サンを町へ連れ出し、苦しむ民の姿を見せました。

自分が盗んだのが白布で、イ・サンを困らせていると知ったパク・テスは半狂乱に。
ソンヨンは、胡粉(ごふん=白の顔料)で黄布を白く染めることを思いつきます。
図画署(トファソ)署長パク・ヨンムンが、その案をイ・サンに進言。
黄色い布が見事に白布へと生まれ変わり、イ・サンは難を逃れました。
老論(ノロン)派は歯軋りし、敵を甘く見るなとファワンがフギョムに言います。

白布の件のお礼を言うために世孫イ・サン様が直々に図画署に現れました。
実はあれは私のアイデアではないのです・・・と事情を打ち明ける署長。
以前彼女が描いたという絵を見せてもらったイ・サンは、(やっと)ピン!ときました。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 59話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ簡易版 61~70話>

スポンサード リンク


>ファワン翁主
…もムカツきますが、

>チョン・フギョム
こいつもムカツきます!(笑)
ファワンよりこいつの方が私はむかつくかなぁ~?(^_^;A
なぜって、敵側にこういういつも余裕で笑ってる奴を見ると腹がたって×2(笑)
イ・サン側にもフギョムのような、いつでも余裕を持ってるようなホン・グギョンがつきますが、
クギョンもやっぱり先が読めなくて悔しい思いをすることがあって、
これまた見てる方も悔しい。

ちなみにフギョムはファワンの養子ですね。本当の息子ではありません。

この話の終わり方で、次の話はやっとお互いを知った状態で
サンとソンヨンが会えるんだ~♪なんて思ったのに…(-_-;)
あの二人はまだ会うことが出来ないんですよね~…。
くそ~。
「チャングム」のチャングムとハン尚宮でもそうだったけど、
このもどかしさが、また嫌になります(笑)
まだ先に延ばすか~!みたいな…。
[ 2009/09/21 06:41 ] [ 編集 ]
かよさま、いらっしゃいませ~♪


> >チョン・フギョム
> こいつもムカツきます!(笑)
> ファワンよりこいつの方が私はむかつくかなぁ~?(^_^;A

私もファワンよりフギョムのほうが苦手です~
ファワンはある意味、このドラマでは愛すべき悪役ですよね。


> ちなみにフギョムはファワンの養子ですね。本当の息子ではありません。

そうでしたそうでした!ご指摘ありがとうございます。
最初のメモでは養子と書いていたのに
アップするときになぜか息子と書いてしまいました。
訂正させていただきました~


> サンとソンヨンが会えるんだ~♪なんて思ったのに…(-_-;)
> あの二人はまだ会うことが出来ないんですよね~…。
> このもどかしさが、また嫌になります(笑)

先が長いドラマですので制作側としては当然の技かもしれませんが
見てるほうはもどかしいですね。
といっても二人の恋を純粋に応援しているわけでもない私ですが・・・
(かよさまもでしたよね♪)
[ 2009/10/24 01:37 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント