*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 80話>

領中枢院事チョ・マルセン率いる冬至(トンジ)使節団が明に到着しました。
皇帝の英宗に測雨器の設計書を渡すと「明の治水に干渉するな!」と怒られ、
明は朝鮮に暦を与えない(=兄弟国ではない)!と言い渡されて、ポカ~ン。
簡儀台のことがバレてヘ・スが朝鮮に向かったのだとプンゲが教えてくれます

そして、朝鮮に突然やってきたヘ・スは、景福宮の視察を要求してきました。
世宗はヘ・スを足止めさせ、文書を隠匿、簡儀台を解体、新兵器秘密都監を閉鎖。
検問を無視して入国しようとするヘ・スが礼曹判書キム・ジョンソと揉めていると
世子が現れて「盗賊が明の服を着てたから応じるべし。品位ある大国でしょ?」。
集賢殿では、イ・スンジやハ・ウィジなどの若き学士たちが査察への対抗を主張。
ウザすぎる彼らを副提学チョン・インジが兵曹判書イ・ガクに命じて隔離させ、
世子とチャン・ヨンシルはわめく彼らを「オレだって悔しい!」と叱りつけます。

世宗が何より守りたいのは、簡儀台よりも重大な国家秘密である「文字創製」。
資料を津寛寺(チングァンサ)へと移動させた際に、紙が一枚はらりと落ちます。
いまだ文字創製を疑っているチェ・マルリ&キム・ムン&チョン・チャンソンは、
昭憲(ソホン)王后たちが建春門(コンチュンムン)から出かけたのを知ると、
外出する妃嬪は三人なのに輿が五台あるなんておかしい!二台は資料だ!と推測。
そこで集賢殿ベテランのチェ・マルリとチョン・インジははたと何かに気づき、
思い過ごしだね♪建春門の近くにはいい場所がないし!とごまかしまくりました。
チェ・マルリによると「最後の機会を与えた、勅使のお手並み拝見」だとか。

ヘ・スは彰義門を通る王后の行列を止め、恐れ多くも中を調べようとしました。
人の乗っていない輿の中まで調べたのに何も出てこないのでヘ・スは謝るしかなく
礼儀知らずなヘ・スに王后がにこやかな表情で嫌味をぶちかましてやりこめます。
実は妃嬪たちの輿はヨンシル発案による二重底。機密書類はそこに隠したのです。

で、査察に案内されたヘ・スが目にしたのは、時代遅れの木製の簡儀台でした。
ヨンシルが技術を盗んで10数年経つのに!朝鮮の間者がいる!とヘ・スは怒り、
その当の間者のプンゲは明で密かに朝鮮の使節団と打ち合わせしていました。
ファン・チャンに会うのは無理と断るプンゲに、カン・フィが面会を求めます。
東廠の長ワン・ジンは、冬至使チョ・マルセンにチャン・ヨンシルの審問を要求。
さらに使節団の荷物が調べられて世宗からファン・チャン宛ての親書も発見され、
「朝鮮は文字創製を考えている」と生き延びたいファン・チャンが証言します。

ヨンシルのことを諦めてくださいと領議政ファン・ヒが世宗にお願いしている折、
東廠ワン・ジンもやって来て、文字創製計画を指摘し、ヨンシルの身柄を要求。
断ったらどうする?と世宗が聞くと「国交断絶か征伐ですな」と勝ち誇ります。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャン・ヒビン)」あらすじ、はじめます>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 79話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント