*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 4話>

兵がホン(後のキム・マンドク)の部屋に踏み込むも、上手に隠れていて無事。
師匠(キム尚宮)とトンアとホンは兵の目を盗んで養成所を抜け出した後、
オ番頭らに尾行され、兵の一人(師匠に世話になった人)に助けられます。
でも船に乗りそびれたので、師匠は刑曹判書チョン・ドウンを脅しました。
「御膳に毒を盛ったことを忘れていませんよね?私たちを逃してください」。

もちろん簡単に頼みを聞くようなチョン・ドウンではなく、手下に尾行を指示。
同時にチョン・ドウンは政敵チェ・ジェゴンに捜査中止を承諾させました。
「市場に残っている清国の絹を国庫に回収できるように取り計らいましょう」。
急に捜査中止を命じられたキム・ウンリョル主簿はもちろん納得できません。

師匠たちは、宮殿を退職した老尚宮が暮らす山寺に身を寄せていました。
そこへオ番頭たちが現れ、老尚宮は切られ(巻き添えくってお気の毒です)、
トンアと大怪我をした師匠を洞窟に残し、ホンが囮となって捕まります。
専売商人カン・ゲマンの屋敷に閉じ込められたホンは、火事を起こして脱出。
マクスン(後のオ・ムンソン)とホンスがホンの逃亡に付き合ってくれます。
(ホンが都を離れると聞いたマクスンが、安堵した表情で手を貸してくれました)

ところが洞窟に二人の姿はなく、まだ孝行していないのに!とホンが悔やみます。
そしてホンはホンスに刺繍入り匂い袋を贈り、マクスンにもお礼を言ってお別れ。
トンアと約束した“師匠の故郷=済州島”へ向かうため、まず海南へ行きました。
しかし東門問屋大行首コ・ソクチュに何度頼み込んでも船に乗せてもらえず、
ケドルの塩辛を見事に完売させたのと引き換えにケドルに船に乗せてもらいます。
スポンサード リンク
<「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 5話>  | HOME | <「キム・マンドク~美しき伝説の商人~」 あらすじ 3話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント