*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<イ・サンの戸籍上の父である孝章世子>

イサンあらすじ37話の最後で、
英祖が「孝章(ヒョジャ)世子」の名前を出して怒鳴ります。

たしかにイ・サン(正祖)は米びつ事件で逝去した思悼世子(サドセジャ)の息子。
ですが思悼世子を死に追いやった老論派(正確には僻派)が
今度は“罪人の子(=イ・サン)”の正統性を問題にし始めたため、
英祖はイ・サンを幼くして亡くなった長男・孝章世子の養子にしたのです。
つまりイ・サンは伯父の養子になったということになりますね。
これを甲申処分というそうです。

ドラマでもわかるようにイ・サンは命の危機にさらされており、
世孫時代は読書室にこもって政治的発言を控えていたそう。
けれども即位すると長年の鬱積を晴らすかのように
「自分は思悼世子の息子である!」と高らかに公言しました。

かといって養父の孝章世子をおろそかにしたわけではなく、
即位後に真宗と追尊したそうです。

孝草世子が入っている相関図はこちらの記事にあります。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ簡易版 1~4話>  | HOME | <「イ・サン(正祖)」あらすじ 37話>



私が「イ・サン」を初めて見たのは、
韓国の放送で「王と私」の合間にほんの少し見た時で、
全話、最初から最後までしっかり見たのは
日本で初放送だったスカパーの衛星劇場です。

正祖時代のことを何も知らない私にとってこの時は、
サンは孝草世子の養子になったはずと字幕で見て、
孝草世子って生きてる人だと思ってました(^_^;A
「イ・サン」の細かいことについて分かったのはホントに
今のBSの放送があってガイドブックやネットの解説があるから。
ちなみに「善徳女王」も同じ状態です。
本当、ガイドブックなどがあると助かります\(^o^)/
[ 2010/04/26 07:19 ] [ 編集 ]
罪人の子の汚名回避とは知りませんでした!おじさんの養子になったのは、嫡出相続とか長子相続の正当性獲得なのかと…イサン大変だ!
[ 2010/04/26 15:06 ] [ 編集 ]
★かよさま

いらっしゃいませ~

> 正祖時代のことを何も知らない私にとってこの時は、
> サンは孝草世子の養子になったはずと字幕で見て、
> 孝草世子って生きてる人だと思ってました(^_^;A

普通そう思っても仕方ないと思います。
死んだ人の養子って・・・すごい形式主義?ですよね。

イサンのガイドブックは助かりますね。
小話も多くて実録とかではわからない情報も載ってますし♪


★黄梅さま

養子に入ったってことがドラマの途中で普通にでてきたので
韓国の歴史の中では普通に知られていることなのでしょうかね。
長子相続はこの時代になるとそれほど厳しくないのかな~?とも思いますが
実際はこの頃どうだったのでしょうね。
[ 2010/05/29 01:29 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント