*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)な雑談 まとめ>

韓国ドラマ「妖婦 張禧嬪」の人物相関図や登場人物エピソードなど
あらすじ以外の記事はこちらからアクセスできます。

同じ時代と登場人物を扱ったドラマに「張禧嬪」があります。
「妖婦 張禧嬪」のオクチョンはオヨヨ演技が得意でしたが
「張禧嬪」では声を枯らしながらバンバンと机をたたきまくります。
違ったオクチョンをご覧になりたい方は視聴をおすすめします。

普通の時代劇とは少し趣が違いますが
「同伊(トンイ)」にも張禧嬪が登場します。
こちらも「妖婦 張禧嬪」とはかなりキャラが違います。

なお「張禧嬪」の少し前の時代を描いたドラマは以下になります。
・「王の女」(宣祖→光海君→仁祖即位)
・「宮廷女官キム尚宮」(宣祖→光海君→仁祖即位)
※仁祖の2番目の王妃が「張禧嬪」の大王大妃にあたります。

<「妖婦 張禧嬪」とキム・ヘス版「張禧嬪」の比較>
<チャン・ヒビン(張禧嬪) 相関図 その2>妖婦版の相関図ではありませんが・・・
<チャン・ヒビン(張禧嬪) 相関図 その1>同上
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじの合間に>
<「妖婦 張禧嬪(チャン・ヒビン)」あらすじ、はじめます>

ちなみに、別のドラマですが「張禧嬪(チャンヒビン)」の雑談はこちらです。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 44話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪」とキム・ヘス版「張禧嬪」の比較>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント