*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王道(ワンド)」あらすじ 26話>

正祖は26歳で結婚後15年たっても世継ぎがいないと語るホン・グギョン(洪國榮)。
イ・ミョンソプを想っていたのに側室にされると知ったナミはさめざめと泣きます。

司甕院(サオンウォン)チェ直長の家でおこなわれた厄払いの音が都に鳴り響く夜、
(霊媒や迷信の類を認めないグギョンは後日、都中の霊媒師を追放します)
宮殿では何者かが侵入して壁に瓦を投げつけるという異変が起きていました。
禁衛大将を兼任して警備を指揮することになったグギョンは、
軍からフギョムとグィジュの勢力を除いて都城と王宮担当の人事を変える提案をし、
軍制を変えて軍権を訓練都監の都提調に集中させることになります。
正祖は、さしあたっての改革と整備のためにグギョンを提調に任命しました。

宮殿に忍び込んだ男はチョン・ホンムンというらしく、
主を失ったキム・ギュジュやホン・インハンの手下らが彼のもとで結束しています。

妹さんを側室にしては?とキム・ヨン持平に擦り寄られたグギョンは、
これ幸いとそれに乗り、会議で提案させ、満場一致でナミの宮殿入りが決定。
恵慶宮ホン氏(正祖母)はいやがっていますね~。
イ・ミョンソプがグギョンに抗議に行くと、国のため!と熱弁をふるわれちゃいます。
そなたがいなければ私は官職とは無縁の身だったとミョンソプは自嘲気味に笑い、
グギョンが提示した朝散大夫の官職を断り、したたかに酔いつぶれるのでした。

朝廷に嫌気がさしたカン大提学が故郷に帰ることに。
初心を忘れるなとグギョンに助言を与えて去って行きます。

兄の死を知らされたウォルレは、クドゥルをホン家にやることを望み、
ムミョン大師はグギョンに会いに行くことにしました。
ナミから側室話を相談された大師は、強欲は禁物!とグギョンに強く反対します。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 53話>  | HOME | <「王道(ワンド)」あらすじ 25話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント