*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王道(ワンド)」あらすじ34話のその後に その2>

「王道(ワンド)」をNHKで放映の「イ・サン」と比べると
和緩(ファワン)翁主、チョン・フギョム、王妃(貞純王后)の描かれ方が
かなり違うな~という印象でした。

「自宅をあけて宮殿にばかり入り浸って!」とか
「お前の声うるさい!」とか(寝込む英祖にアバママ~と呼びかけたときに)とか
和緩(ファワン)翁主はわりと英祖にウザがられていますよね。
フギョムも最初の頃は女好きなダメ男で、ファワンに尻を叩かれていたよう。
王妃(貞純王后)は「イ・サン」ほど悪人じゃないし
英祖の崩御後はけっこう弱々しいです。

その他の人々の描かれ方も、
「王道」だとキム・グィジュはグギョンにハメられて追放されていて、
ホン・インナン(「イ・サン」ではホン・イナン)はあくどいキャラ。
恵慶宮(正祖母)は最初から最後までグギョンのことを嫌ってます。
どっちが史実に近いのだろう・・・?と思いながら観るのは楽しいですね。

いずれにせよ「イ・サン」はキレイゴトが多いので
「イ・サン」を観る方には
補完するウラストーリーとして「王道」はおすすめだと思います。
「王道」のみの単独視聴だとおもしろさに欠けるかもしれません。
スポンサード リンク
<「王道(ワンド)」で存在感のあったソ・ミョンソン>  | HOME | <「王道(ワンド)」あらすじ34話のその後に その1>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント