*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<祝!「王と妃」186話分あらすじコンプリート!>

ぱちぱちぱちぱち~!(自己拍手です。すみません)
先ほど「王と妃」の最終回である186話のあらすじをアップし終えました。
「女人天下」の150話を超える大長編だったので、一人感慨にふけっています。

更新頻度が一定でなく、仕事が忙しいときにはスコーンとさぼったりしたため、
あらすじを楽しみにアクセスしてくださった方には
ご期待にそえないことがあったかもしれません。
それでも最後までお読みくださった方、ありがとうございました。

「王と妃」は真面目な歴史ドラマで、地味といえば地味でしたが、
とーーーーーーってもおもしろかったです。
このまま終わらずに李氏朝鮮王朝最後までドラマにしてほしいくらい。
(キャスト不足は必至なので100年経ったら同じ俳優使うのアリってことで)

前半はカリスマ性はあるけど世間体を気にする世祖が王位につくまでを
ハン・ミョンフェをはじめとするいろんな側近とともに描いた男っぽい世界。
後半は成宗の側室たちと有名なユン妃も登場してきて
仁粹大妃が日に日に憎まればーさんに成長してちょっと大奥っぽく。
そして最後はなんだか哀れな燕山君の物語でした。

俳優さんたちが皆さんお上手で見ごたえありました。
仁粹大妃はじめイム尚宮らの老けメイクもけっこうすごかった。
史劇大好き!李氏朝鮮王朝の歴史が知りたい!という方には
間違いなくおすすめしたいドラマです。(長いですが)
なお、人物やエピソードに焦点を絞った記事はそのうちアップするつもりです。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ49話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 186話(最終回)>



途中からこのドラマにハマり、このブログを
見つけ、あらすじを楽しみにしながら、
夕方のドラマを見ていました。
途中で「王と私」と同じことに
気付き、内容が違いに驚いた
次第です。偶然、友人もこの
ドラマにハマっているので、時々
二人で盛り上がっています。
「龍の涙」も途中からハマり、
現在楽しく見ています。
これからも楽しみにしています。
暑い日が続きますので、どうぞ
お体に気をつけて。
[ 2011/08/16 00:23 ] [ 編集 ]
現在BS日テレで放映中のを視聴中です。
先の展開が気になって、こちらではお世話になっていました。
親しみやすく分かりやすい文章で更新を楽しみにしていました。
次回は何を観られるのか楽しみです。
[ 2011/08/16 08:31 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
とてもおもしろかったです。
うめこ様に質問なんですが、燕山君の王妃や側室たち(チャンノクス以外です)は燕山君が亡くなった後はどうなったのですか?
[ 2011/08/16 17:15 ] [ 編集 ]
コンプリートおめでとうございます(^w^)

BS日テレでも186までやるみたいなので楽しみです。
[ 2011/08/16 17:42 ] [ 編集 ]
★りんりんさま

初めまして!ですよね?
(カタカナのリンリン様はいらっしゃったのですが
もし同じ方でしたら申し訳ありません)
コメントありがとうございます!!

実は私も最近身近に・・・というかそんなに身近でもないのですが
ときどき会うことのあるおばさまが「王と妃」を見ていると知り
すごーい!リアルでドラマの話ができた!と感激したところなんです。
そのおばさまは「チャングム」や「王と私」などいろいろ見ているのですが
「王と私」とかぶるのを私が言うまで全然知らなかったそうです。
全く雰囲気も違うし、前もってそのつもりで見ないと
なかなか気づかないのかもしれません。

暑いですのでりんりんさまもご自愛くださいませ。


★匿名希望さま

いらっしゃいませ!コメントいただきありがとうございます。
あらすじご覧いただいてありがとうございました。
次に見るドラマはもう決めていまして・・・
「王と妃」の後釜は「龍の涙」です。こちらも本格長編なので楽しみです。
「ハン・ミョンフェ」の次はチョ・グァンジョのドラマを予定しています。
お好みに合うドラマがあればぜひまたお立ち寄りくださいね。


★ゴジラさま

こんにちは!コメントありがとうございます。
燕山君の王妃シン氏は郡夫人に降格され(たぶん)、
1537年まで生きているようです。(燕山君の死後約30年)
シン家の娘さんたちは気の毒でしたよね・・・
側室たちのことは資料の手元にも書かれていなくて・・・
治世が短いので家族関係のことは省かれているんです。


★黄梅さま

黄梅さまはたしか一度ご覧になっているんですよね?
復讐、じゃなくて復習がてら楽しまれてください♪
[ 2011/08/16 22:46 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/08/17 01:10 ] [ 編集 ]
Mさま、こんにちは!
いつものルール以外でご登場いただきうれしいです♪

たしかにハンミョンフェは終盤でも老け具合が顕著ではなかったですよね。
30代ではじめて宮直についたという遅咲き人生なので
最初のうちからおっさんキャラだったからでしょうね。

でも仁粹大妃の老け具合は凄まじいですよ!
ドスのきいた恨みのこもったおばば声演技もすごいです。
楽しみにご覧になってください♪

いつもご来訪いただきありがとうございます。
「龍の涙」あらすじを開始した暁にはよろしければお立ち寄りくださいね。
[ 2011/08/17 10:26 ] [ 編集 ]
龍の涙は面白かったですよ。李氏朝鮮の最初の話なのでこの後に王と妃になるのかな?
配役もいいし、チェ・ミョンギョルさんがいい味出してますよ
[ 2011/08/17 12:13 ] [ 編集 ]
まーやんさま、コメントありがとうございます!
もうご覧になられているんですねー。


> 龍の涙は面白かったですよ。李氏朝鮮の最初の話なのでこの後に王と妃になるのかな?

そうですね。龍の涙が世宗を詳しく描いていなければ
間に世宗時代が入るかも?


> 配役もいいし、チェ・ミョンギョルさんがいい味出してますよ

そうでしたそうでした!ミョンギルさんが「大王世宗」と同じく
ミン氏役で出演されているんですよね。
「大王世宗」で素敵な女優さんだなと思ったので楽しみです♪
[ 2011/08/17 21:09 ] [ 編集 ]
お久しぶりです♪(@^^)/ PCの調子の悪さに、アクセスのみでしたが、久々にカキコさせていただきます♪(^^ゞ

只今、LALATVで龍の涙が放送中なのですが、来年一月から同じくLALATVで王と妃も放送決定しました♪(*^_^*)

このまま、龍の涙→王と妃→女人天下と放送して欲しいな~なんて、都合のよいことを思っております♪ヽ(^o^)丿
[ 2011/10/19 13:45 ] [ 編集 ]
KEYさま、コメントありがとうございます~!
PCの調子が悪いとイライラしますよね。
もう万全になりましたでしょうか?


> 只今、LALATVで龍の涙が放送中なのですが、来年一月から同じくLALATVで王と妃も放送決定しました♪(*^_^*)

そうなのですね!
「王と妃」は長編だしおもしろいのでそこそこ視聴率がとれそう!
なので放映するほうはセッティングさえしておけば
企画の回数が減ってラクそうだなと勝手な想像をしたりしております(爆)


> このまま、龍の涙→王と妃→女人天下と放送して欲しいな~なんて、都合のよいことを思っております♪ヽ(^o^)丿

本当ですね~
時間があれば一度そういう見方をしてみたいです。
六本木の映画館でスターウォーズ一気見大会みたいなのを
以前やっていたそうなのですが(と友達に聞きました)、
そういう感じでどっぷり漬かってみたい~
[ 2012/01/06 11:46 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント