*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「ファン・ジニ」あらすじ 14話>

ファンジニ第14話「偽りの音色」

ミョンウォル(チニ)はウノの前での舞を思い出しながら一人で華麗に舞います。
満足げなペンム行首を、私が教えた舞ではない!謀ったのか?と責めるメヒャン行首。
踊りを教えた人は他にいる・・・とペンムがキム・ジョンハンのことを暗示します。
その後、群舞ではなく一人舞いになってしまった経緯を明かす会議が開かれました。
昨晩いくつか振りを変えることにした、それはメヒャン師匠も知っている、
でも注目を浴びたいミョンウォルは一人で勝手に踊った・・・と嘘を答えるプヨン。
罪をかぶりたくないメヒャンもしぶしぶそれを認め、悪者はミョンウォルとされます。
役人たちの意見は割れるも、メヒャンは退妓を免れ、ミョンウォルは厳罰処分に。
でも官婢になるのはミョンウォルにとっては厳罰とはいえないからと、
ペンム行首のもとで「鶴の舞」の舞譜を作れとキム・ジョンハンが命じました。

キム・ジョンハンにウノとの恋を話したのがペンム行首と知り、怒るミョンウォル。
“まごころ”に騙される親子だとペンム行首はミョンウォル母娘を嘲笑し、
キム・ジョンハンは任務のためにお前に近づいたのだと告げました。
そんなに権力がほしいの?とミョンウォルがキム・ジョンハンを責めますが、
ペンム・メヒャン・ミョンウォル・プヨンの4人は朝鮮最高の妓生で
誰も失いたくないから今回の処分にしたとキム・ジョンハンはペンム行首に話します。
でもペンム行首は、このへんでミョンウォルの人生から去ってくれと頼みました。
ってことで、すでに都へ戻っちゃったメヒャン行首ひきいる女楽軍団に続き、
心の中がミョンウォルでいっぱいのキム・ジョンハンも都へ戻ると決めたようです。

ピョクケスの宴に呼ばれ、彼の演奏を「退屈だ」とあくびをしてけなすミョンウォル。
ただでは済まさぬ!と怒りまくるピョクケスを、タンシムが必死になだめます。
その夜、酔ったミョンウォルは母ヒョングムに抱きついて甘えました。
「あのとき官婢になると言ったけどほんとうは踊りたかった、
ウノ様が官服を着たらキム・ジョンハン様みたいかなと思うの・・・」。

ミョンウォルの心を掴む術を教えてくれとタンシムに泣きつかれたヒョングムが、
昨晩弾いた「しらなみの曲」のような太い弦を使う曲は控えろとピョクケスに助言。
そのほかにもミョンウォルに惚れさせるための情報をこまごまと教えました。
ピョクケスにミョンウォルを渡すのか?とキム・ジョンハンから聞かれたヒョングムは、
ピョクケス様は権力を持っているから・・・とこれまでとは打って変わった態度です。
ある夜、外出するタンシムに、今日はデキやすい日じゃ?と声をかける妓生仲間。
それでも愛しいピョクケスに抱かれに行くタンシムなのでした・・・。

タンシムが持ってきた手紙の詩を呼んで、ミョンウォルがピョクケスを訪ねました。
「コムンゴは人に持たさず自分で持て」「馬にむちをあてるな」など
ヒョングムの情報をもとにその日のビョクケスはミョンウォル好みな演出ばっちり!
その策略にはまったのか、ミョンウォルがピョクケスを見つめています・・・。
スポンサード リンク
<「ファン・ジニ」あらすじ 15話>  | HOME | <「ファン・ジニ」あらすじ 13話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント