*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 17話>

成長した王妃(仁顕王后)を見た粛宗は、さっそく“いたす”ことに決めました。
大喜びの大妃(明聖王后)は、祝い事の報告と称して大王大妃(荘烈王后)殿へ。
外から戻った大王大妃が大妃の訪問を尚宮から聞いて、「からかいに来たのか?」
「声と顔色からしてそのようです」と答える尚宮とのやりとりがおもしろいです。
息子が嫁に欲情して初夜伽をするうれしさをしゃべりまくった後、
この気持ちは息子を持つ母親にしかわかりませんわ~♪と笑顔で嫌味をぶつけ、
大妃殿に戻ってからもパク尚宮と高笑いして喜んでます。品がないですねえ・・・

一枚ずつ服を脱がす粛宗に、“明かりを消してください”と頼む王妃。
歴史モノにしては珍しい描写で23歳の粛宗と17歳の王妃が慶事を迎えている頃、
オクチョンは眠れぬ夜を過ごしており、母に粛宗の初夜を聞き出しました。
(このときオクチョンは25歳、粛宗の訪れが途絶えて2年だそうです)

初夜の翌朝、聞いておりますぞ♪主上は満足されていたのか?と
あからさまな質問をして大妃が王妃を恥ずかしがらせています。
“妻の実家の柱にも感謝する”ほど粛宗が喜んでいたと知った大妃は
さっそく大王大妃に挨拶(=嫌味攻撃)に行き、にこやかにあてこすり三昧。
その後も懐妊の秘法を聞くなど、“冷やかし”続けて大喜びしてます。

さて、王妃の兄が科挙に合格したもようです。(後に登場するのでしょうね)
チョ・サソク参判(大王大妃従弟)は、オクチョンに一筋の光を話します。
西人派が老論と少論に分かれたこの隙に、南人派が勢力を取り戻すというのです。

ある夜、中宮殿へおわたりしようとしていた粛宗が倒れてしまいました。
(当時は不治の病に等しい)天然痘かも?と知ったオクチョンは、涙を流します。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 18話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 16話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント